イングラム M11、MAC-11(Ingram Model 10、Military Armament Corporation Model 11)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/01/08(金)
*





イングラムM11

1969 年に、イングラムの経営していたSIONICE社で設計されたM10の小型モデル。設計後すぐに、社名がMACに変更されたため、M10と同様にMAC-11とも呼ばれ、大量生産はMACで行われた。イングラムM10をスケールダウンし、9mmx17 弾(.380ACP弾)を使用できるように再設計された。当初は9mmx19弾を使用する予定だったが、制御しきれず弱装弾の.380ACP弾に選定された。サイズは大型拳並みとなり、ボルトの後退距離が短くなったことにより、連射速度がさらに高速化された。大きさは小さいが、外見、内部構造ともM10と同様の設計となっている。

軍用以外にもセミオートのみの市販モデル(拳型)が存在し、民間に販売されている。しかし、初期の市販モデルは、シアー改造部品を組み込むことで容易にフルオート射撃が可能になるなどしたため、TEC-DC9同様に犯罪に多く用いられた。これにより、一時は販売すらままならなくなり、それ以降は改造がしにくいよう、改良を施した製品が再発売された。

軍用モデルと同じく、サプレッサー用のネジが施されている。このネジを利用してエクステンションバレルを装着することが可能で、オプションとして用いられている。MAC社倒産後は、SWD社やCobray社が製造権を取得し、これら2社は独自の改良を加え、現在も販売を継続している。

* 全長:248mm(ストック収縮時)、460mm(ストック延長時)
* 重量:1590g
* 口径:9mmx17
* 装弾数:16発または32発
* 連射速度:1200発/m

さらに詳しく → イングラムM11



電動コンパクトマシンガン Mac10 (フルセット)電動コンパクトマシンガン Mac10 (フルセット)
(2007/11/09)
東京マルイ

商品詳細を見る
関連記事

タグ : サブマシンガン イングラムM11 MAC11 MAC-11

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/903-323bca50
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ