銃社会アメリカの歴史

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/08(金)
*

全米ライフル協会(ぜんべいらいふるきょうかい、英語:National Rifle Association)はアメリカ合衆国の銃愛好家の市民団体で事実上の圧力団体(利益団体)である。名実共に全米最強のロビー活動団体である。略称はNRA

データ

* 設立:1871年
* 会長:サンドラ・フローマン
* 会員:約400万人
* スローガン:「人を殺すのは人であって銃ではない」

概要

銃規制反対

1871 年にウィリアム・C・チャーチとジョージ・W・ウィンゲートを中心に、南北戦争に勝った北部出身者、銃販売業者や銃愛好家などにより設立される。アメリカ合衆国憲法修正条項第2条に定められた「武器を所持して携帯する権利」を根拠に、銃規制に反対している。

但しこの条文は州兵の活動の為に定められたものであり(前段「よく規律された民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから」より)、NRAが主張する「国民の無制限な武装権」を認めたものではない、と批判する学説もある。なお、連邦最高裁判所は2008年7月、同条項を「個人の武装権を認めたもの」とする判決を示した。

有数のロビー団体

結成当時、コルト・ファイヤーアームズや軍・司法機関・連邦政府と結託して準公的機関と装って銃器を普及させた事に協会活動は始まる。

スミス&ウェッソンやレミントン・アームズなどの政府や軍と取引の多い銃、武器メーカーからの潤沢な援助を受けている他、政府への献金も行っており、共和党の保守層を中心に有力な政治家の会員も多く、間接的ではあるが政治的な発言力は強い。これらのことにより、歴代のアメリカ合衆国大統領の多くが会員や名誉会員になっている。また、その会員数の多さからも有力なロビー団体の一つともなっている。

1981 年3月に、ワシントンD.C.で起きたロナルド・レーガン大統領暗殺未遂事件の際に重傷を負ったジェームス・ブレイディ大統領報道官の名前を取って名づけられた銃規制法案「ブレイディ法」は5年間の時限立法だったことにより、期限の切れる1998年に、 5日間の待機期間を1日以内の即時許可に修正して、それをブレイディ法対象外だったライフルと散弾銃にも適用してブレイディ法を延長させた。2004年には1994 年に10年間の時限立法で制定した攻撃用銃器規制法の延長を阻止することに成功している。一方で、NRAが政治上の利点のために容易に銃規制に妥協するので米国銃所有者協会など銃規制に一切妥協しない陣営からは「NRAは全米最強の銃規制団体」と批判されている。

さらに詳しく → アメリカ合衆国  クー・クラックス・クラン(KKK)  アメリカ合衆国の人種差別  サミュエル・コルト
全米ライフル協会(NRA)
外部リンク → NRA公式



黒人差別とアメリカ公民権運動―名もなき人々の戦いの記録 (集英社新書)黒人差別とアメリカ公民権運動―名もなき人々の戦いの記録 (集英社新書)
(2007/05)
ジェームス・M. バーダマン

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 歴史 KKK 人種差別 アメリカ サミュエル・コルト NRA 全米ライフル協会

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/895-9c82c922
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。