ヘッケラー&コッホ G11(Heckler & Koch G11)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/01/07(木)
*





H&K G11 Gewehr 11(11号小)は、ドイツの器メーカー、H&K社によって開発された無薬莢(ケースレス)弾を用いた自動小である。

開発背景

1970年代にG3に代わる次世代の自動小を求めた西ドイツの要求を満たすため、H&K社がの設計を、ダイナマイト・ノーベル社が弾薬の開発を受け持ち開発が進められた。ケースレス弾は様々な口径のものが試作されたが、最終的に1981-1986年にかけて開発された4.73mm×33 DM11が採用された。

しかし、G11は汎用性のなさ、冷戦終結に伴う予算削減により少数が配備されたにとどまり、ドイツ再統一後のドイツ連邦軍ではG3の後継としてG36が採用された。また、G11はアメリカ合衆国のACR(アドバンスドコンバットライフル)プロジェクトの候補となっていたが、こちらでも採用には至らなかった。

特徴

ケースレス弾を使用するため排莢の必要がなく射撃サイクルは単純である。従来の自動銃とは異なり、45度の角度で回転を反復する薬室(右図参照)が使われており、装填は上方のマガジンから行われ、手で薬室を回転させて初弾を装填する。薬室部が回転して、銃身と同軸となった位置で停止すると射撃が可能になる。不発が出た場合には、上方から装填される次弾が不発弾を下方に押し出す。この特殊な薬室は、針打ち銃で有名なドライゼ社が民間市場向けに製造していた紙製薬莢を利用するレバー式射的銃(ページ下部参照)の薬室構造を参考としたものである。バースト射撃での発射速度は2000発/分と極めて高く、反動を受けた射手の姿勢が変化するより短い時間内にバースト射撃を行えば人体大の集弾が得られ、高い制圧火力を発揮できるというコンセプトに基づいている。

問題点として、金属薬莢のような放熱性の高い隔壁を持たないため、機関部に蓄積される熱によって薬室内で弾薬が自然発火して暴発(コックオフ)しやすい。また、弾頭は成型加工された火薬内に保持され、弾薬の重量中で大きな比率を占める金属薬莢を持たないため軽量であるが、生産量が評価版レベルで終わったため非常にコストが高い。50発入りマガジン1本分で約5万円だった。現在は弾薬コレクターの間で高値で取引されるアイテムとなっている。

仕様

種別 アサルトライフル
口径 4.73mm
銃身長 540mm
使用弾薬 4.73mm×33ケースレス弾
装弾数 45発/50発(箱型弾倉)
全長 750mm
重量 4300g
発射速度 460発/分(フルオート)
       2000発/分(バースト)
銃口初速 930m/秒

さらに詳しく → H&K G11  薬莢
外部リンク → H&K USA公式



〈図説〉世界の銃パーフェクトバイブル (3) (歴史群像シリーズ―Modern warfare)〈図説〉世界の銃パーフェクトバイブル (3) (歴史群像シリーズ―Modern warfare)
(2006/05)
不明

商品詳細を見る
関連記事

タグ : アサルトライフル H&K G11 Heckler&Koch ヘッケラー&コッホ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/856-249d4c85
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ