トーラス・レイジングブル(Taurus Raging Bull)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/01/06(水)
*



トーラスレイジングブル(Taurus Raging Bull)は、ブラジルのトーラス社が開発した大型リボルバー。

概要

を開発したトーラス社(「タウルス」とも)は元々S&W社のリボルバーやベレッタ社のオートマチックピストルをライセンス生産する下請企業であった。そんなトーラス社であるが近年ではポリマーやチタニウムなどの新素材を用いてオリジナルデザインのを開発することで成功を収め、一躍有名になった。その代表作がこの「レイジングブル」である。同には.41マグナム弾モデル、.44マグナム弾モデル、.454カスール弾モデル、そして.500S&Wマグナム弾モデルがあり、.41マグナム弾モデルと.44マグナム弾モデルの装弾数は6発、.454カスール弾モデルと.500S&Wマグナムの装弾数は5発である。

強力なマグナム弾の発射に耐えられるようにシリンダーは2点保持されており、放熱冷却用のベンチレイテッドリブが設けられている。そしてその反動を軽減するためフルレングスアンダーラグを持たせ、バレル先端部に8箇所の穴を開けたエクスパンションチャンバーを採用している。また、ハンマーの後部に付属のキーを使ってロックすることでキーの所持者以外は解除することができないようになっており、機能面や安全面に関してもしっかりとしている。

性能

身長 127mm
ライフリング 6条右回り
装弾数 5発
作動方式 ダブルアクション
全長 267mm
重量 1430g

さらに詳しく → トーラス・レイジングブル
外部リンク → Taurus Raging Series Revolvers



米陸軍軍装入門―第二次大戦から現代まで (ミリタリー選書)米陸軍軍装入門―第二次大戦から現代まで (ミリタリー選書)
(2005/07)
小貝 哲夫

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ハンドガン トーラス レイジングブル Taurus

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/839-90497239
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ