スラヴァ級ミサイル巡洋艦 モスクワ(Ракетные крейсера типа Слава Москва)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/01/05(火)
*



スラヴァ級ミサイル巡洋艦(スラヴァきゅうミサイルじゅんようかん;ロシア語:Ракетные крейсера типа Славаラキェートヌィイェ・クリイスィラー・チーパ・スラーヴァ) は、ソ連・ロシア連邦・ウクライナのミサイル巡洋艦(Ракетный крейсер)である。「航空母艦の撃滅者」の異名を持つ。艦級名は1番艦の艦名に由来する。1番艦はのちに改称されているが、艦級名は当初の名称のままである。西側諸国でもこの艦級名で呼ぶことが多いが、1番艦の名称が判明するまでは北大西洋条約機構(NATO)では「クラシナ級」のNATOコードネームで呼んでいた。プロジェクト名は1164号計画「アトラーント」(Проект 1164 «Атлант»プライェークト 1164アトラーント)。保有した海軍は、ソ連海軍、ロシア海軍、ウクライナ海軍である。

なお、ロシア語ではミサイルとロケットの区別が一単語ではなされないため「ロケット巡洋艦」と翻訳されることもあるが、ミサイル巡洋艦と同じことである。但し、ソ連・ロシア・ウクライナでいう「ミサイル巡洋艦」とは、西側でいう防空艦としてのミサイル巡洋艦ではなく、長射程艦対艦ミサイルを主兵装とする大型攻撃艦のことを指す。

概要

本級は、「重原子力ミサイル巡洋艦キーロフ級の小型版」と見られる事が多いが、計画自体は、むしろキーロフ級よりも先になる。計が始まったのは1960年代後半で、当初は1134B型大型対潜艦(カーラ型)を拡大して対艦バージョンにした艦に過ぎず、対潜ミサイル「メチェーリ」(SS-N-14)を長距離対艦ミサイル「バザーリト」(4К80 Базальт:玄武岩;NATOコードネーム:SS-N-12 Sandbox)に換装した以外は、 1134Bとほぼ同じ装備だった。

しかし4K80バザーリトミサイル(またはP-500バザーリト・コンプレックス;комплекс  П-500 Базальт)に問題が発生したことと、1970年代には対潜任務艦の建造が最優先されたため、計画に大きな遅れが出た。そこで設計を一部変更し、艦隊防空ミサイルが、元の「シュトルム」(SA-N-3)から「フォールト」(SA-N-6) に換装される事になった。元々は、1134Bと同様に「シュトルム」の連装発射機は艦前部と後部に分散配置されていたのだが、VLS(垂直発射機)方式の「フォールト」は、艦後部に集中配置される事になり、空いた前部スペースには、AK-630 30mmガトリング砲とRBU-6000対潜ロケット発射機が載せられた。

このクラスは、すべてウクライナ共和国の61コムナール記念工場(ムィコラーイウ(ニコラーエフ)北、第445海軍工廠)で建造された。ロシア海軍にとっては、手ごろな大きさの使いやすい艦であるようで、2008年現在、建造された全艦が運用中で、大艦隊の旗艦として重宝されている。

本級は、甲板上に多数の対艦ミサイルを並べた独特の外見となっているが、攻撃を受けた際に容易に誘爆するのではないかという指摘を西側軍事評論家から受けていた。この点に関し、1991年、本級の「マルシャル・ウスチーノフ」がアメリカを訪問した際、アメリカ海軍の士官が、上記の点についてソ連側の士官に質問したが、返ってきた返答は、以下のようなものだった。

「ああ、心配要りませんよ。あんた方のミサイルがこのフネに飛んでくる前に、このミサイルが、あんた方に向かって飛んで行っていますから、ここ(ミサイル・ランチャー)は空っぽになっていますよ」

上述のようにウクライナの造船所で建造された本級は、ソ連邦解体後、大規模な修理やオーバーホールが出来なくなり、早期退役に追い込まれる、という見方が有ったが(『世界の艦船』誌など)、北方艦隊所属のマールシャル・ウスチーノフは1990年代中期にサンクトペテルブルク造船所でオーバーホールを実施しており、太平洋艦隊所属のヴァリャークは、2006 年春からウラジオストク工廠でオーバーホールを開始し、2008年1 月16日、工事を修了して復帰した。

同型艦

121 モスクワ

モスクヴァー(Москва)。旧名スラーヴァ(スラヴァ)。1976年起工。1979年進水。1982年竣工。ソ連黒海艦隊旗艦を務め、東西冷戦終結宣言が行われた1989年の米ソ首脳マルタ会談においては、ソ連海軍より会談場所として提供されたが、結局、会談には使われなかった(ちなみに、アメリカ海軍が用意したのはミサイル巡洋艦「ベルナップ」だったが、こちらも使われなかった)。

ソ連崩壊時にはオーバーホール中であったが、その後のロシア・ウクライナ両国による「黒海艦隊分割・帰属問題」のあおりを受け、工事はストップ。1995年6月22日には、除籍された先代の対潜巡洋艦の名を襲名し、スラーヴァから改名された。

1997年に両国の交渉が妥結し、晴れて正式にロシア海軍黒海艦隊所属となったが、予算不足でオーバーホール工事の方は一向に捗らず、この状況を見かねたモスクワ市は、工事費用の一部2,000万ドルを寄付した事もあり、2000年にようやく現役復帰し、再び黒海艦隊旗艦に返り咲いた(この工事の際、艦橋前部のAK-630 30 mmガトリング砲2基が撤去されている)。

2003年のイラク戦争後には、大型対潜艦スミェトリーヴイ、警備艦プィトリーヴイと共にペルシャ湾海域に進出している。なお管理上は、第30艦艇師団の第11対潜艦旅団に編入されている(奇しくも、この旅団は、先代モスクワも属していた部隊である)。

055 マールシャル・ウスチーノフ

1978年起工。1982年進水。1986年竣工。北方艦隊に編入されたが、1990年代半ばにサンクトペテルブルク市に回航され、オーバーホールを行った。だが予算難のためか、オーバーホール終了後しばらくバルト海に駐留しており、1998年に北方艦隊に復帰した。現在も同艦隊に所属し運用されている。

1970年代後半にソ連国防大臣を務めた「ウスチーノフ元帥」に由来する。

011 ヴァリャーク

旧名はチェルヴォーナ・ウクライーナ(Червона Украина:赤いウクライナ)で、1996年に、建造が中止された先代の未成重航空巡洋艦(空母)の名を取って改名された。1979年起工。1983年進水。1989年竣工。太平洋艦隊に配備された。

太平洋艦隊旗艦として現在も運用されており、管理上、沿海州諸兵科連合小艦隊に編入されている。一時期、行動不能状態にあるのではないかと見られていたが、比較的活発に行動している。

000 ウクライナ

「ウクライナ(Україна)」。予定名はアドミラール・フロータ・ローボフ(ローボフ海軍元帥)。1998年2月17日にウクライナへの受領がレオニード・クチマ大統領によって決断されたのに伴い、改名された。1984年起工。1990年進水。

2001年にウクライナ海軍で就役する予定であったが、予算不足のため、完成度95パーセントの最終艤装状態のまま放置されており、同海軍での就役は危ぶまれている。

2010年5月、ロシアが当艦の完成に協力するとヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領は述べた。

アドミラール・ゴルシュコーフ

アドミラール・コルシュコーフ(Адмирал Горшков)という名称は、「ゴルシュコーフ海軍大将」の意味。冷戦終結に伴い、起工に至らず計画のみに終わった。

オクチャーブリスカヤ・レヴォリューツィヤ

オクチャーブリスカヤ・レヴォリューツィヤ(Октябрьская революция)という名称は、「十月革命」の意味。冷戦終結に伴い、起工に至らず計画のみに終わった。

性能諸元

* 基準排水量:10,000 t
* 満載排水量:11,280 t
* 全長:187 m
* 全幅:20.8 m
* 深さ:7.5 m
* 機関:COGAGガスタービンエンジン 110,000馬力、2軸推進
    o M70巡航用タービン×2基:20,000馬力
     o M8KFブースト用タービン×4基:90,000馬力
* 速度:34 Kn
* 航続距離:15 Knで9,000海里
* 兵装※()内はNATOコードネーム
    o P-500バザーリト(SS-N-12 サンドボックス)巡航ミサイル連装発射機 8基
     o S-300F FOPT(SA-N-6 グランブル)艦対空ミサイル8連装VLS 8基
     o オサーM(SA-N-4 ゲッコー) 短距離艦対空ミサイル連装発射機 2基
    o AK-130MR-184 130mm 70口径連装砲 1基
     o AK-630 30mm機関砲 6基
    o 553mm 5連装魚雷発射管 2基
     o RBU-6000 対潜ロケット発射機 2基
    o Ka-25またはKa-27対潜ヘリコプター 1機
* 電子装置
     o MR-800(トップ・ベア)対空・対水上捜索レーダー 1基
    o MR-750(トップ・スティア)3次元対空レーダー 1基
     o パーム・フロント航海レーダー 1基
    o トップ・ドーム S-300F用誘導レーダー 1基
    o ポップ・グループ Osa-M用誘導レーダー 2基
    o MR-184(カイト・スクリーチ) AK-130MR-184用射撃指揮レーダー 1基
    o バス・ティルト AK-630用射撃指揮レーダー 3基
    o フロント・ドア P-500用レーダー 1基
     o ブル・ノーズ ソナー
    o メア・テイル 可変深度ソナー
* 定員:476名

さらに詳しく → スラヴァ級ミサイル巡洋艦  ミサイル巡洋艦



世界の艦船増刊 近代巡洋艦史 2010年 01月号 [雑誌]世界の艦船増刊 近代巡洋艦史 2010年 01月号 [雑誌]
(2009/12/16)
不明

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ミサイル巡洋艦 スラヴァ級ミサイル巡洋艦 Москва

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/796-6c4fe4f1
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ