サーブ 35 ドラケン(Saab 35 Draken)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/04(月)
*





サーブ 35はスウェーデンのサーブ社がスウェーデン空軍のサーブ 29 トゥンナンの後継として開発した戦闘機。1955年原型機初飛行。愛称はドラケン (Draken; スウェーデン語で竜)。

ドラケンは世界で初めてダブルデルタ形式の翼平面形を実用化した航空機で、後のコンコルドやスペースシャトルなどに影響を与えたとも言える。また後に標準化したエンジン搭載法や、チェイン、ドーサルフィン(補助垂直尾翼)の始祖として、航空技術史上非常に高く評価されている。ブレンデッドウィングボディ形式の始祖のひとつとみなされる場合もある。当初は昼間要撃機として開発されたが、改良により全天候要撃機へ、また一部は多目的戦闘機(マルチロール機)へと変貌した。

開発経緯

高空を高亜音速で飛来するジェット爆撃機の脅威は1940年代末以降各国で深刻化したが、それに対抗可能な超音速要撃戦闘機の開発はなかなか進展せず、スウェーデン空軍も例外ではなかった。

1949 年9月にFMV(Försvarets materielverk, 防衛装備局(庁))が策定した基本仕様を受け、早速ドラケンの開発は着手された。要求仕様は他に、有事の際一時的に滑走路として使用される公道からでも2000m以内で離着陸可能なSTOL性や、10分以内での再給油/再武装といった、国情に即したものも含まれていた。

高速機に困難なSTOL性実現のため、主翼は独自開発した革新的なダブルデルタ翼とした。約80度の後退角がついた内翼部は高速性とSTOL性を両立させ、後退角60度の外翼部は低速時の飛行性能を良好なものにした。超音速風洞も完備しない限られた環境で、前例のないダブルデルタ翼の効果を検証するために、1952年から1/2スケールの試作機サーブ 210(リルドラケン)が先行して飛行試験を行い、独自コンセプトの正しさが裏付けられた。

超大国とは比較にならぬ小人数・低予算下でも開発は堅実に進められ、試作機は1955年にロールアウトしたが、マッハ1級の超音速機を経験することなく、同国初の超音速機がいきなりマッハ2級の最新鋭機として完成することになり、世界中から注目を集めた。これについてはイギリスも同様であるが、同国の場合はマッハ1級の超音速機を目指して開発したものの、ことごとく失敗したためであり、意図して一足飛びにマッハ2級機(イングリッシュ・エレクトリック ライトニング)を開発した訳ではない。またカナダの場合も同様に一足飛びにマッハ2級機(アブロ・カナダ CF-105)を開発しようとしたが、国家規模に見合わないほどの予算をつぎこむ羽目になり計画が頓挫した。射出座席やFCSなど周辺機器も自力開発され、また輸出にも成功し、同国の航空産業に多大な知見と波及効果をもたらした。

当初国産ターボジェットエンジンを採用する予定だったが、早期に計画頓挫したため、実績あるロールス・ロイス製エイヴォン200・300系を基に、ライセンス生産社のスヴェンスカ フリグモーター (Svenska Flygmotor、後のボルボ・エアロ)がより大型の自社製アフターバーナーに換装した RM6B/C に転換した。同じ目的で開発され同じエンジンを搭載するイングリッシュ・エレクトリック ライトニングと同様、エンジンには自立始動可能な液体スターターが組み込まれ、外部機器の支援を受けずに緊急発進を可能にしていた。通常、着陸滑走距離を短縮するためのドラッグシュートは、デルタ翼機に不可避のスピン脱出目的で空中でも使用することができた。

艦載機ではないものの、シェルター格納の必要から外翼部が容易に取り外せる構造で、短縮時の全幅は5m以下に納まり、村落の牛舎や営農倉庫のような場所にも隠蔽可能な小型軽量振りであったが、その反面機内燃料搭載スペースは限られ、航続距離は短いものに留まった。また飛行安定性に難がありスーパーストール(縦スピン)癖が強く、フライ・バイ・ワイヤの補助がなかった時代も相俟って、パイロットには高い技量が求められ、事故喪失率も低いものではなかった。

運用組織

* スウェーデン空軍
* フィンランド空軍
* デンマーク空軍
* オーストリア空軍 - 1985年、スウェーデン空軍の中古機24機を採用。1987年から導入開始。オーストリア空軍は後継機としてユーロファイター タイフーンを採用したため、スウェーデン政府はグリペン不採用の報復として、同国が運用していた同機のメンテナンス費用を正規価格に変更した。そのため、オーストリア政府は、スイスからF-5Eをリースし、2005年12 月にドラケンを全機退役させた。
* アメリカ空軍 - 飛行試験用に元デンマーク空軍機を少数運用した。2000年代以降も、米国立テストパイロット学校(National Test Pilot School )において、複座型をクリティカルコントロールの実習教材として現用中。

派生型

* サーブ 210 - 試作機(リルドラケン;小型技術実証機)。当初、この試験機がドラケンと呼ばれていたが、J 35Aがドラケンと名付けられたため、リルドラケン(小さなドラケンの意)に改名された。
* J 35A - 初期の生産型、事実上の増加試作機。90機製造
* J 35B - 実質的な最初の実用型、射撃管制装置の改修が行われ、AIM-9 (Rb24) 及び対空/対地攻撃用に無誘導のロケット弾、100 kgもしくは250 kg爆弾の運用能力が与えられた。73機(一部資料では83機)製造
* Sk 35C - A型の胴体前半を複座型に交換する形で製造された複座の機種転換訓練型、固定武装と射撃管制装置は搭載されていないが、対地攻撃能力を持つ。26機製造
* J 35D - エンジンをRM6Bから改良型のRM6Cに変更し、機体内に搭載可能な燃料を増量。
* S 35E - D型から射撃管制装置と固定武装を排除し、開いたスペースに偵察用のカメラを搭載した偵察型。
* J 35F - レーダー誘導ミサイル直撃作戦に備えて新型レーダーや誘導弾補助機器など改造。
    o J 35F-2 - 赤外線偵察装置71Nや改造型レーダーPS-011を追加したJ 35Fの最新型。
* J 35J - 1987~91年の間、F2を改造したJ 35の最新型。エレクトロニックの改変と伴い燃料増量や誘導弾増設。1998年廃置。
* サーブ 35H - スイス空軍向けに提案された形式で、A型にFCSを搭載した改造機だが、同時期に売り込みが行われたミラージュIIIをスイス空軍が採用したため採用されず。
* サーブ 35XD - デンマーク向け輸出型。戦闘機型 F-35 20機、複座練習機型 TF-35 11機、偵察型 RF-35
* サーブ 35XS - フィンランド向け輸出型。戦闘機型で、フィンランドのヴァルメト社によりライセンス生産された。
* サーブ 35Ö - オーストリア向け輸出型。J35Dを改造した戦闘機型。
* 西ドイツ空軍(当時)向け輸出型(型式不明): 核兵器の運用能力を与えられた戦術攻撃機で、ミラージュIIIやライトニング等とともに提案されたが、西ドイツ空軍はF-104Gを採用した

総計615機のドラケンが製造された。

仕様

主要諸元

* 乗員: パイロット 1 名
* 全長: 15.35 m
* 全幅: 9.4 m
* 全高: 12 ft 9 in (3.89 m)
* 翼面積: 49.2 m²
* 空虚重量: 8,250 kg
* 運用重量: 11,400 kg
* 最大離陸重量: 17,650 kg
* エンジン: スヴェンスカ・フリグモーター製 RM6C ターボジェット(ロールス・ロイス製 エイヴォン 300のライセンス生産)
* 推力: 56.89 kN(ドライ)、78.5 kN(アフターバーナー使用時)

性能

* 最高速度: 2,119 km/h
* フェリー航続距離: 1,763 km
* 最大運用高度: 19,995 m (65,600 ft)
* 上昇率: 10,500 m/min (34,450 ft/min)
* 離陸滑走距離: 650 m

さらに詳しく → サーブ 35 ドラケン  マルチロール機



サーブ35ドラケンサーブ35ドラケン
(1999/07)
不明

商品詳細を見る
関連記事

タグ : マルチロール機 SAAB ドラケン サーブ35 Draken

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/777-22627061
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。