太田 龍氏 「同時多発テロの真相と現代世界の行方」

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/04(月)
*

太田 龍(太田 竜。おおた りゅう、1930年8 月16日 - 2009年5 月19日 )は、日本の革命思想家である。 本名、栗原 登一(くりはら とういち)。 樺太の豊原町出身。東京理科大学中退。元日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)委員長。1970年はじめはアイヌ、終わりごろは自然食(マクロビオティック)や特に自然食運動の始祖桜沢如一の革命理論を取り込んでいき、反家畜制度、反米、フリーメーソンやイルミナティのような秘密結社を含む反ユダヤ主義、反国際金融支配となる。その後、人類は爬虫類人によって支配されているという説を取り込んでいる。2009年5月19日腹膜炎のため死去。

経歴

共産主義者として

医師栗原達三郎とトミ(旧姓小林)の四男として誕生。父方は千葉県印旛郡物井村(現在の四街道市物井)に代々続いた漢方医の家系。

1942 年、豊原第一尋常小学校入学。このころ、次兄東洋がマルクス主義者として逮捕され、北海道帝国大学予科を退学になる。

1944 年3月、父母の郷里である千葉県に引き揚げる。旧制千葉中学校(千葉県立千葉高等学校)2年生の頃までには、次兄の蔵書に読み耽った影響で熱心な共産主義者となっていた。戦争末期には級友たちに日本の敗戦を予告したために売国奴と見なされ、運動部の部室でリンチを受けたこともある。

1945 年10月に日本青年共産同盟(のちの日本民主青年同盟)に加盟、1947年、日本共産党党員となったが1953年に離党、黒田寛一らとともに1957年に革命的共産主義者同盟(革共同)を結成する。1958年に第四インターナショナル第五回大会に出席し、帰国するなり革共同の全面的な社会党への「加入戦術」の採用を提起する。しかしこの提起は拒否され、太田は自身の影響下にあった東京学芸大学と日比谷高校のグループを引き連れて分裂した(いわゆる「革共同第一次分裂」)。

革共同から分裂した太田は、1958年8月に「トロツキスト同志会」(トロ同)を結成。トロ同は全組織を挙げて、日本社会党の地区組織に「加入戦術」を行う。トロ同は、1958年12月に「国際主義共産党」(ICP)に発展解消した。社会党への「加入戦術」による穏健な活動を続けていたICPだが、1960年6 月の安保闘争の大高揚に直面した太田は6月22日に突如、独断で「大衆は武装蜂起せよ」と呼びかけるビラをたった一人で御茶ノ水駅頭にて配布する。この独断専行によって、太田はICPから「非組織的な挑発者」として除名される。

太田は、なおも「加入戦術」を続行したICPグループに1963年に再び「指導者」として迎え入れられ、1964年に「関西派」と称された西京司、酒井与七らの革命的共産主義者同盟と統一する。1965年に太田が組織決定を経ずして指導した「立川米軍基地内にデモ隊を突入させ、米兵にデモ隊を射殺させることで大衆の憤激を喚起し反米軍基地闘争を全国化させる」ことを目的とした「5.18闘争」が不発に終わり(「十人が射殺される」ことを想定して太田の影響下にあった三多摩社会主義青年同盟のデモ隊が立川基地内に突入したが、結局日本の機動隊に排除されたのみだった)、責任を追及された太田は少数の支持グループを率いて脱党。新たに「第四インターナショナル(ボルシェビキ・レーニン主義派)」(BL派)とその大衆組織である「武装蜂起準備委員会-プロレタリア軍団」を結成するが、この時期から次第にマルクス主義そのものとの決別を開始し1971年に脱党。同党から死刑宣告される。同年頃より竹中労・平岡正明らと3バカゲバリスタ(チェ・ゲバラ信奉者)と呼ばれる仲になり「世界革命浪人」と自称する。

1974年に三菱重工爆破事件などの連続企業爆破事件を起こした東アジア反日武装戦線に思想的影響を与えた。公安警察は太田を東アジア反日武装戦線のメンバーとして捜査していたが、太田の潔白が証明された。公安警察は太田の思想的人脈のどこかにメンバーがいると推理し、芋づる式に東アジア反日武装戦線のグループ全体が把握されていった。

アイヌ解放論者として

1971年、記録映画『アイヌの結婚式』(姫田忠義監督)に感動。このことが契機で、1972年にはアイヌ革命論者となり、北海道庁爆破、白老町長および北海道知事に「死刑執行」を宣告(ただし実行犯とは別)。

環境保護論者として

また太田は、国際環境保護団体グリーンピースの日本事務所「グリーンピース・ジャパン(GPJ)」の設立(1989年)より前に、一時期「グリーンピース(の日本支部)」を名乗っており、週刊誌などにもその肩書きで登場したことがあったが、設立前であったため、許可を得て名乗っていたわけではなく、また主張する内容も環境保護運動など、グリーンピースの主張とは全く関係なかった(この頃に太田竜と大喧嘩をしアンチ・グリーンピースになった者に雁屋哲などがいる)。

太田は日本みどりの党(略称「みど党」)と言う名の環境政党を結成させたが、党内で路線対立が生じた為、新たに日本みどりの連合(にほんみどりのれんごう、略称「みど連」)を結成させて党は二つの政治団体に分裂した(後に「みどりといのちのネットワーク」として再統合)。

1986 年の第14回参議院選挙で、日本みどりの連合公認で比例区から出馬するが落選。1987年の東京都知事選挙にも日本みどりの連合から立候補したが落選した。1990年の第39回総選挙には地球維新党を率いて東京1区から立候補するも落選。1992年参院選でも候補を擁立(自らは立候補せず)するも落選。1993年の第40回総選挙では、雑民党公認で本名の栗原登一で東京5区から立候補するも落選。以降は選挙に立候補しなくなった。ちなみに、雑民党代表の東郷健は、1990年の総選挙では地球維新党公認で立候補している(落選)。

土着革命論、「人類独裁の打倒によるゴキブリの解放・ネズミの解放・ミミズの解放を!」(『日本エコロジスト宣言』)を訴える「エコロジー主義」などを主張した。

陰謀論者として

陰謀論者に転向した後は太田 龍の表記を用い、『週刊日本新聞』編輯主幹をつとめた。なお、「転向後」は白老町長襲撃実行犯に対して、自分は関係ないことを表明している。「天寿学会」「文明批判学会」「歴史修正研究所」「宇宙戦略研究所」主宰、「地球維新連盟」会長、日本動物実験廃止協会役員。

晩年はユダヤ陰謀説というよりも、フリーメーソンなどの組織を陰謀の主体と考える傾向が強まっていた。その思想の三本柱は陰謀論;国粋主義、伝統主義;自然食、家畜制度の全廃であり、靖国神社に参拝していた。基本的に独学の人であり、一日16時間近く勉強していた。一日に一冊、英語の洋書を読むほどの英語力を持っていた。 ジョン・コールマン、ユースタス・マリンズ、デイビッド・アイクなどの著書を数多く翻訳している。

「ユダヤ・ネットワークが世界を裏で支配している」と主張する反ユダヤ主義およびユダヤ陰謀論の日本における代表的論客の一人であった。太田当人は「私のことを主張が転々としている、と言う者がいるが、私は一貫して『反米』なのだ」と語っていた。

一方、著書『UFO原理と宇宙文明』では、「恒星や惑星を動かしている莫大なエネルギーはどこから出て来るのか。地球のどこを調べても、べつに、ロケット燃料がついているわけでもなく、ジェットエンジンや、プロペラがついているわけでもない。(中略)UFOをつくり、運行している異星人は、この天体運行のエネルギーを発見し、それを応用している、と考えられないか」と述べており、と学会の『トンデモ本の世界』では「太田は慣性の法則を理解していないのではないか」と指摘されている。

テレビをイルミナティによる洗脳の道具と見なし、「白痴製造機」と呼んでいた。陰謀論の他の著者を批判する傾向があった。 ベンジャミン・フルフォードのことは高く評価しており共著を出すほどだったが、フルフォードがデイビッド・アイクを批判したことがきっかけで仲違いした。 イルミナティの走狗(イルミナティに利用されている人物)として中丸薫・ベンジャミン・フルフォード・安部芳裕・副島隆彦・鬼塚英昭の5人を挙げていた。 副島はそれに対して強く反論していた。 フルフォードは太田の死後に批判し返すようなことはなく、むしろ太田の生前の功績を評価し「太田の意思を引き継いでいこう」と発言した。

自然食

父親が医師であったことや、目を悪くしたときに東洋医学で治療したことなどから、東洋医学や自然食にも関心を持っていた。また家畜制度全廃を主張していた。

さらに詳しく → 太田 龍  アメリカ同時多発テロ事件



天皇破壊史天皇破壊史
(2002/05)
太田 龍

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 評論 太田龍 アメリカ同時多発テロ事件

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/763-f04c945d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。