アメリカ軍海兵隊CM

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/03(日)
*











アメリカ海兵隊(アメリカかいへいたい、英語表記:United States Marine Corps。略称:USMC、通称:Marines )は沿岸警備隊を含めたアメリカ軍を構成する5軍では2番目に小さく、最高指揮官を統合参謀本部の構成員として送り込んでいる4軍の中では最も小さい組織である。2007年11 月の時点で186,300人の現役将兵と40,000人の予備役を擁している。 Marine Corpsは「マリーン・コーア」と読まれ、psは発音されない。「ア」にあたる部分が曖昧で、「マリーン・コー」となる場合もある。

アメリカ合衆国の法律の規定に基づき、海外での武力行使を前提とし、国の権益を維持・確保するための緊急展開部隊として行動する。また、必要に応じて水陸両用作戦(上陸戦)を始めとする軍事作戦を遂行することを目的とする。本土の防衛が任務に含まれない外征専門部隊であることから「殴り込み部隊」とも渾名される。

独自の航空部隊を保有することで航空作戦も実施でき、航空機をヘリコプターや艦載機とすることで海軍の航空母艦や強襲揚陸艦などを利用し、さらに活動範囲を広げることができる。地上戦用装備も充実しており、陸軍と同様の主力戦車も配備している。戦闘艦艇は保有しないが、独自の物資輸送船を保有する。陸海空軍と同じく、海兵隊も出撃自体には議会の承認を必要としないが、戦争権限法によれば、事後48時間以内に下院議長と上院臨時議長へ書面で報告するとともに、議会による宣戦布告か承認がなされない場合、議会への報告後60日以内の戦闘のみ認められ、さらに30日以内の撤兵が義務づけられている。(50 U.S.C. 1541–1548)

軍政面では海軍省下の部局であり、装備の調達などは海軍省が行う。軍令面では海軍から独立し、指揮系統においては海軍と並列になっている。海兵隊は海軍の艦船で共に勤務するなど、連携した活動を行っている。大統領専用ヘリコプターの運用も担当しており、これはマリーンワンのコールサインで呼ばれる。

組織

軍政・部隊管理面では海軍と同じく、海軍省(海軍長官)の監督下にある。海兵隊総司令官は米海兵隊の中で最高位の軍人であって、官職としての海兵隊総司令官は海兵隊の最高指揮官である。統合参謀本部の一員でもあり、海軍長官(文官)に直属している。これは海軍作戦部長(海軍軍人最高位)と同格の職位である。海兵隊総司令官は、軍政・部隊管理面での権限を有し、海兵隊をいつでも戦闘可能な状態に保つ責任があるが、軍令・作戦指揮権限は有していない。軍令・作戦指揮については、各統合軍司令官を通じて行なわれる。

海兵隊の上部機構として海兵隊司令部(HQMC)がバージニア州に設置されている。作戦部隊(Marine Corps Forces, MARFOR)は海兵隊総軍(United States Marine Corps Forces Command, MARFORCOM)および太平洋海兵隊(MARFORPAC, Marine Forces Pacific)、海兵隊予備役(MARFORRES, Marine Forces Reserve)で構成されており、海兵隊総軍は第2海兵遠征軍を、太平洋海兵隊は第1海兵遠征軍・第3海兵遠征軍を、海兵隊予備役は第4海兵師団を指揮する。これらは各統合軍へ兵力を派遣している。

海兵隊は航空部隊も含めた諸兵科統合部隊であり、米陸軍とは異なった編制を取っている。通常編制が戦闘を見越した海兵空陸任務部隊(MAGTF、マグタフ、Marine Air-Ground Task Force)編制となっている。MAGTFの最大規模のものは海兵遠征軍(MEF, Marine Expeditionary Force)であり、1個海兵師団および1個海兵航空団からなる。必要に応じ、より小規模な海兵遠征旅団(MEB, Marine Expeditionary Brigade)や海兵隊遠征隊(MEU, Marine Expeditionary Unit)が編成される。平時においてMAGTFは、MEFで3隊、MEBで3隊、MEUで7隊を編制し、有事にはこれらが組み合わされ、組み替えられて作戦が実行される。特殊部隊として海兵隊特殊作戦司令部(MARSOC, Marine Forces Special Operations Command)に2個大隊基幹の戦力を有するほか、常設されている7つの海兵遠征隊(MEU)すべてが特殊作戦能力を有している。

さらに詳しく → アメリカ海兵隊



最強軍団アメリカ海兵隊最強軍団アメリカ海兵隊
(2009/08/10)
デビット パークスロス ブライアン

商品詳細を見る
関連記事

タグ : アメリカ海兵隊

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/745-1df42ba2
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。