音楽でみるソ連赤軍史(日本語字幕)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/01/02(土)
* 



赤軍(せきぐん;ロシア語Красная Армияクラースナヤ アールミヤ)は、1918年から1946 年にかけてロシアやソビエト連邦などに存在した軍隊であるが、1937年、海軍が赤軍から独立した。赤は、革命によりソビエト国家が誕生するまでに流されてきた労働者の血を意味している。

なお、赤軍とは厳密には1918年に組織された労働者・農民赤軍(ろうどうしゃ・のうみんせきぐん;Рабоче-крестьянская Красная Армияラボーチェ・クリスチヤーンスカヤ・クラースナヤ・アールミヤ、略称:労農赤軍;РККАエールカーカーアー)のことを指すが、広義には革命直後から存在した赤衛隊(Красная гвардияクラースナヤ・グヴァールジヤ)も含めて「赤軍」と呼び習わす。特にロシア内戦期には、赤軍という名称はボリシェヴィキの軍隊を指す代名詞としてしばしば用いられることがある。

概要

1917 年に発生したロシア革命後の1918年1 月28日(ユリウス暦1月15日)、人民委員会議は、それまでにあった赤衛隊を基に、「労働者・農民赤軍(労農赤軍)」の創設を布告した。2月23日には、ソビエト・ロシアに対する干渉戦争において、赤軍がドイツ軍に勝利しており、ソ連の陸海軍記念日となった。

ロシア内戦中の赤軍創設を指揮したのが、1918年から1925 年にかけて軍事人民委員(軍事大臣に相当)であったレフ・トロツキーである。初期の赤軍は、志願兵によって構成されたもので、階級やそれを表す記章がなく、将校は民主的な選挙によって選ばれていた。のちには、軍隊への参加が義務となり、またすべての部隊に政治将校が割り当てられた。帝政時代の遺物として廃止されていた職業軍人による将校制度も、1935年復活した。1937 年から1939年の大粛清では、ほとんどすべての高級将校が追放されるか、粛清されるかしている。そのために近代化が遅れ、有能な指揮官が殆どいなくなったため、第二次世界大戦初期には敗北が続いた。

ナチス・ドイツ軍のソビエト連邦侵攻時、赤軍は約150万人であった。続く第二次世界大戦中は、1500万から2000万人にまで膨れ上がっている。その内、700万から1000万人が死亡した。第二次世界大戦後は、約500万人に減少し、冷戦の終結時には、300万人になっていた。

第二次世界大戦後期における、ヨーロッパの「解放」において、赤軍は残忍で大規模な殺人・略奪・強姦を行った。世界難民問題研究会協会のドイツ課長であるライヒリンク博士によれば、ソ連赤軍がベルリンまで侵攻してくる間に、190万人の女性が強姦されたという。また、第二次世界大戦末期にソ連が日ソ中立条約を一方的に破って千島列島や南樺太、満州から朝鮮半島に侵攻した時も、ソ連赤軍は満州・南樺太・朝鮮半島などに住む多数の日本人女性を集団的に強姦した。

1946年、「赤軍」から「ソビエト連邦軍」という名称に変更された。第二次世界大戦後、ソビエト連邦軍は、ソビエト連邦の構成国や衛星国に駐留したが、ソビエト連邦の政治の道具として使われるようになった。スターリンによる大粛清時に加えて、ハンガリーやチェコスロバキアへの軍事介入におけるソビエト連邦軍の残忍さは、国際社会から非難を浴びた。ソビエト連邦の崩壊と東欧の革命に伴って、1991年から1993 年の間に、各国から徐々に撤退している。日本では、赤軍といえば60年代新左翼運動、学生叛乱期に尖鋭化したことで知られる共産主義者同盟赤軍派とその分派をさすことがある。

さらに詳しく → ソビエト連邦軍  ウラジーミル・レーニン  第一次世界大戦  第二次世界大戦



帝国主義論 (光文社古典新訳文庫)帝国主義論 (光文社古典新訳文庫)
(2006/10/12)
レーニン

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 歴史 音楽 ソビエト連邦軍 ウラジーミル・レーニン 第一次世界大戦 第二次世界大戦

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/727-e24ac3c7
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ