北朝鮮の核とキューバ危機 中国とロシアの欺瞞

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/02(土)
*

ワルシャワ条約機構(ワルシャワじょうやくきこう、Warsaw Treaty Organization/Warsaw Pact)は冷戦期の1955年、ワルシャワ条約に基づきソビエト社会主義共和国連邦を盟主とした東ヨーロッパ諸国が結成した軍事同盟。「東欧相互防衛援助条約機構」が正式名。西ドイツの再軍備および北大西洋条約機構への編入という事態に対抗して作られた。略称はWTOまたはW/Pであるが、現在では同じWTOを略称とする世界貿易機関と混同してしまうため、あまり使われないものとなっている。ちなみに読み方は世界貿易機関と違いワットと読む。

1989 年の冷戦終結に伴って東欧革命が始まり、1991年3月に軍事機構を廃止、7月1日に正式解散、12月末にはソ連が崩壊した。この同盟の第一の目的はNATO(北大西洋条約機構)への対抗であった。 この当時、アメリカ合衆国と旧ソ連の間では核開発競争が盛んであった。 核ミサイルをアメリカ合衆国はトルコに、旧ソ連はキューバに設置し、その照準を互いの国土に向けていた。 こうした緊張によってキューバ危機(Cuban missile crisis)なども勃発した。 当時の旧ソ連はアメリカを脅威と見なしておりアメリカが西欧諸国に軍事的な支援を行うことに強く反発した。よって同じ力を保つためにワルシャワ条約機構を作り上げた。

加盟国

ソビエト連邦
アルバニア(1968年脱退)
ブルガリア
ルーマニア
東ドイツ(ドイツ民主共和国)
ハンガリー
ポーランド
チェコスロバキア

* アルバニアは中ソ対立の際に中国寄りの姿勢をとり、1968年に脱退した。
* 東ドイツは1956年加盟、1990年に北大西洋条約機構(NATO)に加盟、同年にドイツ連邦共和国(西ドイツ)に併合された。
* 旧ソ連以外の旧加盟国は、2009年までに全てNATOに加盟した。また同様に、2007年までに全て欧州連合(EU)に加盟した。

さらに詳しく → 北大西洋条約機構  ワルシャワ条約機構  キューバ危機  上海協力機構  中朝友好協力相互援助条約



ポケット図解 ロシア連邦がよーくわかる本ポケット図解 ロシア連邦がよーくわかる本
(2007/06)
榎本 裕洋

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 評論 北大西洋条約機構 ワルシャワ条約機構 キューバ危機 上海協力機構 中朝友好協力相互援助条約

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/726-bee724df
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。