テポドン2号(Taepodong-2、대포동-이)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/01/02(土)
*



テポドン2号北朝鮮で設計生産された弾道ミサイルである。テポドン1号を発展させたものとされる。射程は約4,000 - 10,000km、グアムやアラスカなどアメリカ領土の一部も射程におさめると考えられている。第1段目には新規設計の大型ブースターを使い、第2段目には(テポドン1号で第1段目だった)ノドン・ミサイルを使用した二段式と見られている。核弾頭の搭載可能重量は、数説あるが、1t程度と推定される。CEPは不明。

開発の経緯

当初はスカッド系列のミサイルと考えられてきたが、北朝鮮はソ連崩壊時の混乱期に潜水艦発射弾道ミサイル R-27 (SS-N-6) の技術一式(注: R-27はMIRVミサイル)を技術者ごと手に入れていると考えられ、それを元に再設計したとも伝えられている。

北朝鮮は、テポドンのミサイル先端に詰めるサイズの小型核兵器を開発しているか否かは不明である。多くの専門家は現在の技術の進歩や北朝鮮の核開発の状況を推察するに、ミサイル用の原子爆弾弾頭を開発した可能性を指摘するが、中距離用のノドンには搭載できても、より長距離用のテポドンはもう少し時間がかかるとする専門家もおり、見解は分かれる。なお、生物、化学兵器の搭載も可能である。再突入の際の熱シールドも北朝鮮の技術力を総合的に判断すると、製作可とする意見も多いが、不明である。

なお、朝鮮日報(韓国紙)は韓国情報当局筋の話として、米国偵察衛星が北朝鮮国内で建設中の2箇所の地下ミサイル発射施設で、射程3,600 - 4,000kmと推定される新型の中距離弾道ミサイル約10基と、移動式発射台を捉えたと報道した。このミサイルは旧ソ連の潜水艦発射型弾道ミサイル(1 段式)の潜水艦発射弾道ミサイル R-27 (SS-N-6) を陸上型(1段式)に改良したものと推定され、2003年9 月の北朝鮮建国55周年行事の直前に「平壌ミリム飛行場に新型ミサイル10基と移動式発射台5台が集結した」と言われたものと同じと考えられている。しかし、これは「テポドン2号」とは全く別に開発されたものの可能性が高いので、「テポドン2号」なのかは意見が割れるところである。また、2006 年3月8日には米下院で、在韓米軍司令官が「テポドン3号」を開発中と証言した。

2006年6月、テポドン2号の開発は完了とされ、咸鏡北道花台郡舞水端里にある発射台への装填など発射準備も完了とされていた。これは、日米の偵察衛星(日本の場合は「情報収集衛星」)などによる偵察結果であり、2006年5月 - 6月にかけて発射間近であるとの報道もなされていた。この情報に基づき、日本政府は、日本海と太平洋へイージス艦を派遣するなど、米韓と協力しながら情報収集に努めていた。

よくある誤った認識

テポドンが日本にとって深刻な脅威との報道がよくなされるが、北朝鮮が日本のほとんどの場所を攻撃する場合、射程距離上ノドンミサイルで十分である。ノドンは移動式のため位置の特定も困難であり、配備数も多く、日本への直接脅威となっているのはあくまでノドンである。テポドンも日本にとっては将来的・潜在的な脅威ではあるが、新たに射程内に入る米国やその他の国にとってより脅威となっている。ただし同ミサイルがCEPを重視しない代わり性能上射程一杯での中距離ミサイル、「政治的な兵器」としての運用以外に燃料、ペイロード(搭載量)を減らす代わりによりCEPを向上させる短距離ミサイル、つまりはより「軍事的な兵器」として用兵するのであれば地理的に北朝鮮から近隣の国や地域にとっても重大な脅威となる(これは旧イラクのスカッド、アル・フセインの用兵法についても言えた事実である)。

さらに詳しく → 大陸間弾道ミサイル  テポドン2号  朝鮮民主主義人民共和国



北朝鮮のことがマンガで3時間でわかる本―へぇーそうなのか! (アスカビジネス)北朝鮮のことがマンガで3時間でわかる本―へぇーそうなのか! (アスカビジネス)
(2004/03)
津田 太愚つだ ゆみ

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ミサイル 大陸間弾道ミサイル テポドン2号 北朝鮮 ICBM

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/704-5738aa1e
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ