岡部いさく氏と赤塚聡氏の座談会

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/01/01(金)
* 



岡部いさく(おかべ - 、1954年 - )は、日本の軍事評論家。本名同じ。別名・岡部ださく。 埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身。学習院大学文学部フランス文学科卒業。航空雑誌「月刊エアワールド」編集者、艦艇雑誌「月刊シーパワー」編集長を経て、フリーとなる。フジテレビの報道番組に出演することが多い。父親は漫画家の岡部冬彦。姉は漫画家のおかべりか、妹はイラストレーターの水玉螢之丞である。

「月刊モデルグラフィックス」誌上等にて「岡部ださく」のペンネームで『世界の駄っ作機』シリーズも執筆し、軍事ファンにしか解らないコアな視点でユーモアのある軍事批評も行う。またF1ファンでもあることから、雑誌「F1グランプリ特集」(ソニー・マガジンズ)では航空機とF1マシンに共通するテクノロジーを取り上げるコラム『スピンオフ』を連載している。漫画『エロイカより愛をこめて』に脚本アドバイザーとして参加。

アニメ『ストラトス・フォー』のOVA第2シリーズである『ストラトス・フォー アドヴァンス』に軍事評論家として実名で登場し、声も担当した。また、フジテレビ系列で放送された『海猿』のテレビドラマ『海猿 UMIZARU EVOLUTION』にも軍事評論家役で出演している。

ガンダムファンとしても知られ、アニマックスで放送された劇場版『機動戦士Ζガンダム』の特別番組に出演し、エマ・シーンのファンであると語った。そういった関係からか、『マスターピース ゼータ・ガンダム』ではサイド6のリーアコロニー出身の軍事評論家「イサク・オカベ」としてΖガンダムに関する考察文を書いている。また、『機動戦士ガンダム00』には、設定協力として制作に参加する。

またコアなロボットアクションゲーム『アーマード・コアシリーズ』の初代からのファンでもあるらしく、最新作『アーマード・コア フォーアンサー』のプロモーションでは当該世界に住む軍事評論家として、登場するACやAF等の兵器などの解説をした動画が配信された。具体的な病名、症状は明らかにされていないが、2000年代に入ってから歯牙の障害が著しく進行し、TV出演などで滑舌よく話すことが難しくなってきている。

さらに詳しく → 岡部いさく



戦争のリアル Disputationes PAX JAPONICA戦争のリアル Disputationes PAX JAPONICA
(2008/03/03)
押井 守岡部 いさく

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 座談会 岡部いさく 赤塚聡氏

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/688-b43a49e9
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ