ラファール (Rafale)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/31(木)
*







ラファールフランス語: Rafale)は、フランスダッソー社が開発した戦闘機。 フランス空軍・海軍でマルチロール機として運用されている。当初、フランスはイギリス、ドイツとの共同開発で欧州戦闘機開発を行っていたが、政治的理由(後述)で脱退。その後、単独で開発に着手し、完成させたのが同機である。クロースカップルドデルタ (close coupled canard/delta) と呼ばれる無尾翼デルタ式にカナードを組み合わせた翼を持つ。機体名称は、フランス語で「疾風、突風」の意味。

開発の経緯

1980年代初め西ヨーロッパ諸国で戦闘機を共同開発をする計画があがり、当初フランスもその計画に参加していた。この戦闘機はフランス以外の国では陸上発進戦闘機として使用するため機体サイズに制約はなかったが、当時は欧州各国で唯一フランスだけがCTOL型航空母艦を保有しており、その艦上機としての運用も考えていたフランスは機体サイズに関するフランス案の採用を求めていた。空軍はミラージュF1とミラージュ2000、海軍はシュペルエタンダールとLTV F-8Eの後継機をそれぞれ必要としており、前者を戦術作戦機 (Avion de Combat Tactique: ACT)、後者を海軍作戦機 (Avion de Combat Marine: ACM) と呼び、空軍海軍両軍はACTとACMを共同で試作用作戦機 (Avion de Combat Experimenatal: ACX) として開発することにした。これが後のラファールの原型である。

また、フランスは国産のエンジンに執着しており、SNECMA社のM88エンジン(推力17000ポンド)の採用を強く主張した。しかし、フランス以外の国ではより高性能な国際共同開発のユーロジェット EJ200を搭載するということで話がまとまってきており、機体規模なりの出力しかないM88エンジンが採用される可能性はほぼ皆無となっていた。当時SNECMA社は経営が思わしくなく、自社のエンジンをこの戦闘機に乗せられるかどうかに会社の存亡がかかっているといっても過言ではなく、フランスは自国の産業を守る意味でもM88採用可否は死活問題であった。フランスは最後まで空母運用能力にこだわり、関係各国で粘り強く話し合いが続けられていたが、結局フランスは最後まで妥協を拒み1985年7 月に共同開発計画から脱退、8月には自国での戦闘機開発を進める事を決定した。これによりイギリスのBAe社とドイツのMBB社は共同でECA(欧州作戦機)の開発をすることにし、この計画で開発されたのが後のユーロファイター タイフーンである。

こうしてフランスは自国で新戦闘機開発を行うこととなり新戦闘機の就役時期は1990年代後半を想定して開発作業を行っていった。単独での兵器開発は、共同開発に比べ開発費がかさむというデメリットはあるが、逆に国家間での調整がいらないために作業自体はスムーズに進める事ができ、タイフーンの開発がごたついているのを尻目に順調に開発は進んでいった。

ラファールのデモンストレーター機は量産型とは若干異なり、サイズは量産型より一回り大きく、エンジンも当初はSNECMAのM88の予定であったが開発が間に合わず、M88よりも大型なアメリカGE社製のF404を搭載していた(これにより、収容スペースを確保するため大型化した)。ACX は自重9t程で、対空戦闘には空対空ミサイルを6発、空対地戦闘には3,500kgの兵装を搭載でき、作戦行動半径650kmの性能を持つ機体としてフランスは指定、1983 年初頭にACXデモンストレーターに「ラファール」と命名。当初はデモンストレーターは2機の予定であったが、結局1機のみとなり1984年3 月に起工した。ラファールA(ナンバーは"01")がロールアウトするのは1985年12月14日であった。

地上試験後、ラファールAは1986年7 月4日に初飛行し、8月8日に進空するECAの実験機EAP(Experimental Aircraft Program)への対抗意識が先立ったか、この飛行でマッハ1・3の超音速飛行を実施、数日後にマッハ1・8を記録する(アメリカの場合、初飛行では降着装置を作動させたまま、制限付きで飛行することが多い)。また、この記録はF404エンジンのおかげとも言える。

ラファールAは1986年9月、イギリスで行われたファーンボロ航空ショーで一般公開された(EAPも参加)。この段階で言うならば、BAeが独断専行で開発を進めたEAPよりもラファールの方が完成度が高く、M88ではなくF404を搭載していれば、タイフーンを上回る機体であった可能性がある。しかし、フランスには旧式空母「クレマンソー」、「フォッシュ」や現役の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」も小型空母であるため、ACMには小型空母でも運用が容易な機体が求められるなどの空海軍統合運用の問題が有ったため、M88エンジンを搭載した小型機にこだわっていた。ラファールAは1987年4 月30日に空母クレマンソーへのアプローチ試験を実施した。

1988年7 月4日から8日にかけ、姉妹艦のフォッシュも使用し、85回のアプローチ試験を行う。また、1989年にはクレマンソー、フォッシュ両艦で92回行われた。これと並行し、300回以上も陸上飛行場でも空母着艦を想定した試験が行われた。これら試験の結果、シュペルエタンダールよりも9km/h遅い222km/hでアプローチ可能なことを証明した。1989年4月、デジタル操縦システムの試験を開始、7 月12日に完了。完了した段階で飛行回数460回(飛行時間:430時間50分)を超えた。この間、ラファールは最大AOA(迎え角)が32°、最小速度148km/h、低高度最大速度1390km/hを記録。このままでも実戦投入可能な段階となった。1990年2 月にラファールAは右エンジンをF404からM88-2に変更。試験飛行を再開する。さらに3月には左エンジンも変更し、推力不足に陥るが、ラファールA は試験飛行を繰り返し、1992年10月30日に飛行回数708回(飛行時間:約1000時間)に達する。その後、867回目のフライトを最後に、1994年1 月24日退役。オルレアン近郊のシャトード空軍基地に保管されている。

しかし、冷戦の終結による国防予算削減の影響により、計画は次第に遅れが出始めた。また、配備数も当初空軍がミラージュ 2000の後継として250機(C型: 225機、B型: 25機)、海軍がF-8E (FN)とシュペルエタンダールの後継としてM型86機導入する予定であったが、空軍は234機(C型: 95機、B型: 139機)、海軍はM型60機に削減された。なお、空軍の配備数内訳で複座型の割合が増えているが、これは複合任務を行うには複座が適しているとのことからである。また、現在海軍では同様の理由から導入する60機のうちの25機を複座型のラファール Nとする計画もある。

現在、ラファールは海軍型であるラファール Mを重点的に生産している。これは空軍が使用しているミラージュ 2000に比べ、海軍が空母で使用していたF-8E (FN) の老朽化が激しく早急に更新を進める必要があるためである。2001年以降、「シャルル・ド・ゴール」に搭載されている。

機体

ラファールは、カナードを装備した無尾翼デルタ翼機である。後退角は45度で非常に穏やかな形状をしており、翼端をカットした台形型のクリップデルタである。低翼機は地上からのクリアランスが小さくなるため、ミサイルをはじめとした大型兵装が搭載しづらいなどの欠点があり、それを補うために中翼配置を採用、主翼の付け根の前方の延長線上にカナードを装備した。いわゆるクロースカップルド・デルタ配置になっている。前部胴体は内側にへこんだ逆三角形型をしており、空気取り入れ口はそのへこんだ部分に楕円形のような形で左右2か所設けられている。

正面の形状からして、レーダー反射断面積が小さそうな形状をしており、タイフーンよりは劣るものの、若干ステルス性能もある。エンジンは双発型で、非常にコンパクトにまとめられている。武装は、翼端にミサイルランチャーがある。静的安定性弱化がなされており、フライ・バイ・ワイヤにより操縦が行われている。縦方向の制御には、カナードと内側のエレボンの双方を用いる。インテイクは、カナード直前の下部にあり、固定式である。インテイク前の機体形状は独特の曲線で構成されている。

派生型

ラファールA
技術デモンストレーター機。詳細はラファール (航空機)#開発の経緯を参照。

ラファールB
空軍向けの複座型。

ラファールC
空軍向けの単座型。

ラファールD
量産型の俗称(ステルス性能向上型)。

ラファールM
海軍向けの単座型。空母艦載機。

ラファールN
海軍向けの複座型。空母艦載機。予算削減のためキャンセル。

スペック

ラファール A

* 乗員: 1名
* 全長: 15.8m
* 翼幅: 11.2m
* 全高: 5.18m
* 翼面積: 47m2
* 自重:
* 運用時重量:
* 最大離陸重量: 不明
* 動力: GE社 F404 ターボファンエンジン×2
* 推力:
* 巡航速度:
* 巡航マッハ数:
* 最大速度:
* 最大マッハ数:
* 最大行動範囲:
* 上昇限度:
* 翼面荷重:
* 上昇率:
* 推力 / 重量:
* 固定武装: なし
* アビオニクス:

量産型

* 乗員: 1-2名
* 全長: 15.30m (50ft 2in)
* 翼幅: 10.90m (35ft 9in)
* 全高: 5.34m (17ft 6in)
* 翼面積: 46m2 (495ft2)
* 自重: 9,060kg (19,975lb)
* 運用時重量: 14,710kg (32,430lb)
* 最大離陸重量: 21,500kg (47,400lb)
* 動力: SNECMA製 M88-2 ターボファンエンジン×2
* 推力: 48.7kN(11,250lbf×2、ドライ)/72.9kN(16,870lbf×2、アフターバーナー)
* 巡航速度:
* 巡航マッハ数:
* 最大速度: 2,125km/h (1,147kt)
* 最大マッハ数: Mach 2.0
* 戦闘行動半径: 1,850km (1,000nm)
* 上昇限度: 16,750m (55,000ft)
* 上昇率:
* 翼面荷重: 65.5lb/ft2 (320kg/m2)
* 推力 / 重量: 1.1/1.64
* 固定武装: 30 M 79130mm機関砲 1門
* アビオニクス:


さらに詳しく → ラファール  マルチロール機



現代軍用機入門―軍用機知識の基礎から応用まで (ミリタリー選書)現代軍用機入門―軍用機知識の基礎から応用まで (ミリタリー選書)
(2005/02)
青木 謙知

商品詳細を見る
関連記事

タグ : マルチロール機 ラファール Rafale ダッソー フランス

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/667-ba999404
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。