スウェーデン軍 実弾での射撃訓練

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/29(火)
*

スウェーデン軍 (Försvarsmakten) とは、スウェーデンにおける国軍である。陸軍・海軍・空軍の三軍で構成され、その他に補助組織としてスウェーデン郷土防衛隊が組織されている。スウェーデン国防省に所属する。

概要

スウェーデンは非同盟中立の立場をとりつつ自国を守るため強力な軍隊を組織している武装中立の国家として知られる。兵器の国産にも熱心で独自の潜水艦・戦闘機・戦闘車両などを開発し配備している。NATOには加盟していない。その為、軍事費、兵器生産などは自国で負担する。近年は、軍事予算は削減しているが、規模は維持している。その背景には、ロシア連邦など東欧を中心とした政治的な不安定さがある。

スウェーデンの総人口は、900万人ほどなので、三軍の規模はそれ程巨大ではないが、男子に対して兵役の義務を課しており、郷土防衛隊は3万以上を保有している。また実戦部隊は11万人おり、予備役は30万人にも及ぶ(2001年)。GDPに占める軍事支出は2%である。良心的兵役拒否が合法化されており、代替役務が制度化されている。

歴史

スウェーデンは、近世までは軍事国家であった。17 世紀から18世紀初頭にかけて軍事技術をリードする立場であった。特にドイツの三十年戦争で名を馳せたスウェーデン国王グスタフ・アドルフは軍事革命の立役者の一人である。その後スウェーデンが、18世紀に大北方戦争でロシア帝国などに敗れて以降は、海外進出をあきらめ国土防衛に専念するようになる。ナポレオン戦争では参戦したが、それ以後は、武装中立(中立主義)を掲げ今日に至る。第一次世界大戦、第二次世界大戦とも中立している。

戦後の冷戦においても中立を維持し、北欧におけるノルディックバランスを構築している。ただ、冷戦に関しては、冷戦が「熱戦」になった場合にはNATO に合流して対ソ戦に対し参戦する、と決めていたことが冷戦後になって明らかにされている。軍事訓練などにおいて、仮想上の敵はソビエトなどワルシャワ条約機構の加盟国だったが、国際関係上スウェーデンにとって特別な敵国は存在しなかった。この様にスウェーデンの軍事は、重武装を常としており、周辺国への警戒を怠ってはいない。

組織

* スウェーデン陸軍
* スウェーデン空軍
* スウェーデン海軍
     o スウェーデン水陸両用軍団
* スウェーデン郷土防衛隊
* スウェーデン沿岸警備隊
* スウェーデン国防電波局


大きな地図で見る

さらに詳しく → スウェーデン軍



スウェーデンを知るための60章 エリア・スタディーズスウェーデンを知るための60章 エリア・スタディーズ
(2009/05/29)
村井 誠人

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 訓練 スウェーデン軍

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/594-0d59ad10
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。