F/A-18E/F スーパーホーネット (Boeing F/A-18E/F Super Hornet)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2009/12/28(月)
*







F/A-18EおよびF/A-18F(本文ではF/A-18E/Fと総称する)はアメリカ海軍のF/A-18A-D ホーネットの発展型戦闘攻撃機。愛称はホーネットを超越しているという意味を込めてスーパーホーネット (Super Hornet) に変更された。

概要

第4.5世代ジェット戦闘機に分類される、戦闘攻撃機(マルチロール機)。A-12の開発中止を受けて、F/A-18をベースに開発された。航続距離や兵器搭載能力の向上を図り、機体の大型化やステルス性を考慮した改修がなされている。初飛行は1995年。2001 年にF/A-18E/Fが初度作戦能力を獲得し、アメリカ海軍のF-14艦隊防空戦闘機(艦上戦闘機)を更新する形で配備が進められた。イラク戦争等の実戦に参加した。アメリカ海軍のほか、オーストラリア空軍でも採用されている。

開発の経緯

アメリカ海軍は1963年から運用を続けていたA-6艦上攻撃機の退役における後継機選定のための ATA (Advanced Technology Attacker=先進戦術航空機) 計画において、マクドネル・ダグラス社とジェネラル・ダイナミクス社 (いずれも当時) の共同計画案を1987年末にA-12として本格的に開発を開始した。

一方、このA-6後継機が選定されたのと同じ1987年にマクドネル・ダグラス社では海外への輸出を主眼にF/A-18C/Dを発展させたホーネット2000開発を計画している。これは F/A-18の航続距離や兵器搭載能力の不足に対して胴体や翼面の大型化や高出力エンジンへの換装による対処を図るものであったが、結局この計画は各国からの関心を集めることはなかった。しかし1991 年初頭に国防総省は開発コストの高騰やスケジュールの遅延に機体重量の増大、冷戦終結による国防費削減等を理由からA-12開発計画を中止した。A-12とは別にA-6Eのアップグレード型のA-6Fも開発されていたがこちらも予算等の問題から同様に開発が中止された。

その結果、アメリカ海軍は別のA-6後継機調達を必要としていた。そこで海軍は1992年5 月にホーネット2000をベースにしたF/A-18発展型機採用の意向を表明し、結果としてこの機体がF/A-18E/Fとなった。なお、採用意向表明するのに先立ちアメリカ海軍はEMD (技術・製造・開発) 段階移行のためにマクドネル・ダグラス社に対する地上試験用3機並びに飛行試験用の単座型5機及び複座型2機の製造承認とジェネラル・エレクトリック社に対するF/A-18C/D搭載のF404の発展型F414エンジンの開発承認を与えている。

その後、飛行試験用の単座型1号機が1995年に完成し同年11月29日に初飛行した。同様に1996年4 月1日には複座型1号機が初飛行した。その後の各種試験を経て、1998年12 月18日に量産型のF/A-18E初号機が海軍に納入され2001年に F/A-18E/FがIOC (初度作戦能力) を獲得するに至っている。

機体

F/A-18E/FはF/A-18C/Dを改良・大型化したものであるが、多岐に渡る改修の結果、C/D型とE/F型の共通部品は僅か1割程度となっており、実際には別物と言っても過言ではない程の再設計がなされている。E型は単座型、F型は複座型にそれぞれ割り振られている。なお、原型である在来型F/A-18からの主要な改修点は以下の通りとされる。

機体の大型化

全長をF/A-18の17.07mから18.38mへと延長しレドームも大型化している。主翼・尾翼・ストレーキ等といった翼の面積も拡大し、例えば主翼面積はF/A-18の37.2m2から46.45m2となっている。翼面積だけでなく操舵翼の面積も大きく拡大している。エアブレーキは後部胴体背面から左右のフェンス上に移設。主翼下ハードポイントが1箇所ずつ増加(ただし主翼下パイロンは取り付け角が進行方向から外側に1°斜めになっている)している。

これらの改修によりアビオニクス改修用スペースの増加、機内燃料容量の増加 (C型の6061Lに対しE型は8063L) による航続距離の延長、運動性の向上等を実現している一方で、機体の大型化等による空気抵抗増加やインテイクの変更等の影響により速度性能は在来型と比べ低下しているともされる(特に加速が)。しかし機体の大型化の一方でD型までにあった垂直尾翼間のエアーブレーキを廃止するなど、機体の総部品数はA~D型より減少している。

インテークの二次元型への変更

F-14やF-15の二次元型インテークのような断面積可変式ではなく固定式のままであり、従来型同様に超音速性能を重視しないままでのステルス性考慮のための変更である。

エンジンの換装

F/A-18A~DのF404から、その発展型であるF414へ換装されている。このエンジンは完全自動化デジタル式電子制御システム (FADEC)により制御することで機体の飛行領域内でのスロットル制限なしでの操作を可能としている。ただしエンジンサイズを拡大せずに高性能化するために排気速度を高めたため、騒音がただでさえ大きいとされているF404よりさらに大きくなり、訴訟にまで至った。

アビオニクスの改修

情報戦能力を大幅に向上している。また、レーダーをAN/APG-65からサイズや重量を殆ど増加することなしに性能を向上させたAN/APG- 73に換装している上、より高性能なAN/APG-79も搭載可能としている。APG-79はアクティブ・フェーズド・アレイ・レーダーで同時処理が可能な目標数がAN/APG-73のおよそ倍となっており、限定的な電子妨害にも使用可能とされている。

その他、ATFLIR(AN/ASQ-228)の携行能力や運用可能な兵装の種類が増えている。イラクでのサザン・ウォッチ作戦においてVFA-115 "イーグルス"所属機がF/A-18Eとして初めて実戦に出撃し、イラク軍の地対空ミサイル陣地に統合直接攻撃弾薬 (JDAM) を投下している。

空中給油

退役するKA-6DやS-3Bの代替として空中給油機の役割もはたせるようになっている。プローブアンドドローグ方式が採用されており、aerial refueling system (ARS、空中給油システム)と呼ばれる増槽を装着することで内部タンクとあわせて最大29,000ポンド(13トン)の燃料を搭載することが出来る。

派生型

F/A-18E/F - A-6の後継機として開発されたF/A-18を改造した戦闘攻撃機。
    F/A-18E - F/A-18E/Fの単座型。
    F/A-18F - F/A-18E/Fの複座型。

F/A-18E/F Block 2 - 2005年の会計年度から調達が開始されたF/A-18E/Fのアップグレード型。搭乗員ステーションの改良、AN/APG-79アクティブ電子走査アレイ (AESA) レーダー、多機能情報分配システム (MIDS) 、発達型目標指示前方赤外線 (ATFILR)ポッドの装備能力、AIM-9Xの装備能力などを追加される。
    F/A-18E Block 2 - F/A-18E/F Block 2の単座型。
    F/A-18F Block 2 - F/A-18E/F Block 2の複座型。
EA-18G - EA-6Bの後継機としてF/A-18Fを改修した電子戦機。2007年9月24日に量産初号機(G-1)がアメリカ海軍へ引き渡された。

スペック (F/A-18E)

* 乗員
    o E:1名
    o F:2名
* 全長:18.38 m
* 全幅:13.62 m
* 全高:4.88 m
* 主翼面積: 46.45m2 (E/F)
* 最大離陸重量時翼面荷重: 644.52kg/m2
* 空虚重量:14,007 kg
* 最大離陸重量:29,938 kg
* 燃料容量:8,063L (機内)
* エンジン:GE製 F414-GE-400 ターボファンエンジン × 2
* 推力:5,669 kgf (クリーン) × 2 / 9,979 kgf (アフターバーナー) × 2
* 最大速度:M 1.8+
* 航続距離:約 3,705 km
* 実用上昇限度:13,865 m
* 兵装類機外最大搭載量 (E) :8,029 kg (離陸時) / 4,491 kg (着陸時)
* 固定武装: M61A1/A2 20mm バルカン ×1(装弾数400発)
* 搭載可能兵器:AIM-120 ×12
         JDAM 500lb誘導爆弾 ×28

さらに詳しく → F/A-18E スーパーホーネット



F/A-18ホーネット/スーパーホーネット (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)F/A-18ホーネット/スーパーホーネット (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)
(2009/06/30)
不明

商品詳細を見る
関連記事

タグ : マルチロール機 F/A-18E/F FA18 スーパーホーネット ボーイング

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/557-78c5784f
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ