The Shining Ones-輝けるもの-

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2009/12/27(日)
*









自衛隊(じえいたい)は、1954年7 月1日に設立された日本の軍事組織である。専守防衛を基本戦略とする軍事組織で、日本国憲法第9条により戦争放棄、戦力不保持、交戦権の否認がされているため、日本国内において公式見解としては軍隊とは認められていないが、国際社会からは、事実上の軍隊と認識されている。英訳では「Self Defense Force(自衛軍)」と表記されるが、日本国外での報道や書籍、航空無線、船舶無線では、陸海空自衛隊がそれぞれ「Japan Army(日本陸軍)」「Japan Navy(日本海軍)」「Japan Air Force(日本空軍)」と呼称される。

「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たる」(自衛隊法第3条第1項)ことを任務とする。防衛大臣以下防衛省本省の内部部局、施設等機関、特別の機関および陸・海・空の三自衛隊を含んだものであり、防衛省とほぼ同一の組織を指す(自衛隊法第2条第1項)。行政組織を指すときは「防衛省」、活動や人員など軍事面を指すときは「自衛隊」と区別される場合もある。一般には実力部隊としての陸・海・空の三自衛隊の全体またはいずれかを指すことが多い。

内閣総理大臣が最高指揮監督権を有し、防衛大臣が隊務を統括する。陸、海、空の三自衛隊を一体的に運用するための統括組織として統合幕僚監部が置かれ、防衛大臣は統合幕僚長を通じて三自衛隊に命令を発する。専守防衛に基づき、国防の基本方針および防衛計画の大綱の定めるところにより、他国からの直接および間接侵略に対して、国民の生命と財産を守ることを基本理念とする。

総兵力は、約24万人。年間予算総額は約4兆8千億円である。軍事費の額では世界でも上位に位置するが、防衛予算の約44%は人件費である。物件費(契約ベース)の装備品(武器弾薬の購入費=装備品等購入費+航空機購入費+艦船建造費)の購入費は7224億円で防衛予算の15%、研究開発費は1173億円[7]で防衛予算の2%である。装備品は国内向けにしか生産していないため、量産によるコスト削減ができず、調達価格が高騰している。アジア諸国の軍備拡大に比較して、国家財政の停滞と少子高齢化のため、予算と人員の規模は近年は微減傾向にある。陸海空の予算比は概ね4:3:3となっている。他の公務員と違い定年退職が45歳と設定される入隊例もあった。

* 陸上自衛隊は、約14万4千人の兵力を擁し、三自衛隊の中で最大だが、振り分けられる予算は約1兆7千億円と、海、空自衛隊に大差は無い。小銃をはじめ、戦闘車輌や一部の航空機は国産品を装備しているが、輸入やライセンス生産による装備品もある。遠隔操縦観測システム(FFOS)のような無人航空機の運用能力も持つが、指揮通信能力、統合作戦能力は整備途上にある。専守防衛の観点から、各方面隊が担当地域の防衛を前提に活動している。

* 海上自衛隊は、陸海空最小の約4万3千人、予算は約1兆1千億円で艦艇、潜水艦、航空機、各陸上基地を運用する。日本が海洋国家であり、通商貿易国家であることから、シーレーンの確保を重視し、太平洋戦争の戦訓から 対潜水艦戦能力と対機雷戦能力に重点を置いている。保有するイージス艦にはBMD能力が付与されており、弾道ミサイル防衛の中核を担う。ひゅうが型護衛艦やおおすみ型輸送艦を利用することで、輸送や医療の面で大規模災害にも対応できる。

* 航空自衛隊は、約4万4千人の兵力をもち、予算は約1兆1千億円で、F-15、F-2戦闘機をはじめ、早期警戒管制機、パトリオットミサイル、バッジシステムの導入により、世界的にも高水準の防空能力を維持する。戦略爆撃機等は保有しないため諸外国の空軍と比べると爆撃能力は低く、経空脅威に対する迎撃戦に重点を置いている。高度な救助能力を持つ航空救難団は、災害派遣でも活用されている。

さらに詳しく → 自衛隊



米軍が見た自衛隊の実力米軍が見た自衛隊の実力
(2009/05/15)
北村 淳

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 自衛隊

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/549-1613ae98
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ