1944年6月 ヴィレル・ボカージュの戦い

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2009/12/26(土)
*

ヴィレル・ボカージュの戦い(Battle of Villers-Bocage)は、1944年6 月13日、フランスのカーン市南方、ヴィレル・ボカージュで生起したイギリス軍とドイツ軍の戦い。イギリス軍第7機甲師団の先鋒とドイツ軍SS第101重戦車大隊および装甲教導師団が衝突し、ドイツ軍が勝利した。SS第101重戦車大隊第 2中隊長のミハエル・ヴィットマンの活躍は特に名高い。

戦闘経過

午前9時、ヴィットマンのティーガーは攻撃を開始した。ヴィレル・ボカージュの南側からボカージュ(ノルマンディー地方独特の生垣)を乗り越えて奇襲をかけ、攻撃開始と同時に3輌の戦車(シャーマン ファイアフライ 1輌、クロムウェル戦車2輌)を撃破した。ライフル銃兵と装甲車が反撃したが、静止させることはできなかった。その後、東方の高地213方面へボカージュを遮蔽物としながら向かいつつ、街道上の車列を攻撃、9台のハーフトラック、4輌のカーデン・ロイド・キャリア、2門の6ポンド対戦車砲を撃破した。さらに進んで3輌のスチュアート軽戦車、1台のハーフトラックを撃破、レモニア農場(Lemonnier farm)付近でクロムウェル戦車4輌の内3輌を撃破した。(高地213へは向かわずに攻撃したという説もある。この場合、高地213を攻撃した第2中隊とは合流せずに市街地へ突入したことになる。)

午前10時、高地213では第2中隊の他の戦車が第4ロンドン義勇騎兵連隊A中隊に攻撃を仕掛けていた。イギリス軍は第1/第7クイーンズ・ロイヤル連隊および第5王立戦車連隊にヴィレル・ボカージュへの突入を命令した。高地213の第4連隊A中隊をおおむね壊滅させたヴィットマンと第2中隊は、合流してヴィレル・ボカージュへ向かった。壊滅状態になったA中隊は、正午に合流したメビウスの第1中隊に包囲され降伏した。

市街地に入ったところで、ヴィットマンは2輌のシャーマン戦車(第5王立戦車連隊の指揮車)と1台のスカウトカー、1台のハーフトラックを撃破した。さらに市街中心部へ進んだところで、第4ロンドン義勇騎兵連隊B中隊のシャーマン・ファイアフライ(ロックウッド軍曹乗車)による攻撃を受けた。ティーガーIの装甲はこれに耐え、ヴィットマンは反転しつつ反撃した。そこへディアス大尉のクロムウェル戦車による攻撃を受けたので、ヴィットマンは市街から抜け出そうと後退した。しかし、建物の中に潜んでいたイギリス軍の6ポンド対戦車砲による攻撃を側面に受け、ティーガーが行動不能となり、ヴィットマンと乗員たちは脱出した。

ヴィットマンと乗員は7km離れた装甲教導師団の司令部まで歩いた。支援要請を受けて、第130戦車教導連隊第2大隊指揮官ヘルムート・リトゲン大尉はIV号戦車15輌でヴィレル・ボカージュへ向かった。途中、装甲教導師団司令官のフリッツ・バイエルラインと合流しヴィレル・ボカージュからティリーへの道路封鎖を命じられた。しかしヴィレル・ボカージュの西で、イギリス軍の全周防御陣地に遭遇した。

ヴィットマンはシュヴィムワーゲンで高地213にいる第1中隊のもとへ向かい、ロルフ・メビウスにヴィレル・ボカージュへ突入するよう依頼した。メビウスの第1中隊は装甲教導師団のレクス大尉の指揮するIV号戦車14輌と共に、市街へ突入しイギリス軍と交戦した。この時点でイギリス軍は迎撃態勢を整えており、激しい抵抗を受けた。第1/第7クイーンズ・ロイヤル連隊によって3輌のティーガー戦車が撃破されたが、1輌は後に修理された。

午後4時、ヴィレル・ボカージュにドイツ第2戦車師団の歩兵が到着。第7機甲師団先鋒の損害は多大なものであり、この新手の来援に、これ以上の抗戦は不可能と判断して撤退を開始した。翌日、イギリス空軍がヴィレル・ボカージュ付近を爆撃し、ドイツ軍も後退した。

結果

イギリス軍第7機甲師団の損失は以下のようなものである。

* 第8キングス・ロイヤル・アイリッシュ軽騎兵連隊(8th King's Royal Irish Hussars);スチュアート戦車数輌。
* 第4ロンドン義勇騎兵連隊(4th County of London Yeomanry);クロムウェル戦車8輌、シャーマン・ファイアフライ4輌、スチュアート戦車3輌、ハーフトラック1輌、スカウトカー3輌。
* 第5王立騎馬砲兵連隊(5th Royal Horse Artillery);クロムウェル戦車4輌、シャーマン戦車1輌。
* 第1近衛ライフル銃兵旅団(1st Rifle Brigade);ハーフトラック9輌、ブレンガン・キャリア2輌、カーデン・ロイド・キャリア4輌。

これに加えて、多数の将校、兵員が死傷ないし捕虜となった。多大な損害を出した第4ロンドン義勇騎兵連隊は連隊長クランリー中佐(子爵)が捕虜となった。

ドイツ軍の損害は、ティーガーI戦車6輌(後に3輌が修理、復帰された)、IV号戦車5輌という比較的軽微なものであった。

第7機甲師団の損害は大きく、特に機動力の要である装甲車両を多数喪失したのは致命的だった。これによって、ドイツ軍装甲教導師団の側面を迂回してカーン市を攻撃するという作戦は不可能になったのである。また、ドイツ軍の抵抗が予想以上に大きかったことから、以降バーナード・モントゴメリーは、慎重というより鈍重な作戦指導をするようになった(もともとモントゴメリーの用兵は迅速さを欠いていたが、これ以降進撃する意志があるのかどうかさえ疑わしくなった)。

ヴィットマンの戦果は上記のように目覚しいものではあるが、過大に宣伝された感は否めない。D-デイ以降、ドイツ軍が劣勢になる中で、首脳部は士気を高めるための英雄を必要としており、この戦闘とヴィットマンは格好の宣伝材料だった。このため、ヴィットマンは単独で戦車30輌以上を撃破したと発表された。しかしながら、ヴィットマンが撃破したのは27輌の「戦闘車両」であって、27輌全部が戦車ではない。彼の戦果の内訳は

* 戦車12輌(クロムウェル5輌、スチュアート3輌、シャーマン4輌)、ハーフトラック10輌、カーデン・ロイド・キャリア4輌、スカウトカー1 輌。

となる。

ただし、それでもヴィットマンの戦果が大きなものであることは変わりはなく、SS第1装甲軍団司令官ヨーゼフ・ディートリッヒにも高く評価された。6月22日、総統官邸に出頭したヴィットマンへ、ヴィレル・ボカージュでの功績により、柏葉剣付き騎士十字章がアドルフ・ヒトラー手ずから授与され、合わせてSS大尉に昇進した。

また、英国側の戦史でも、そもそも師団司令部に敵戦車の奇襲を許すという大失態を犯したこと自体に責任問題があることを糊塗するために、ヴィットマン個人の武勇伝を「敵ながら天晴れ」と賞賛する傾向がある。(と言うより、ドイツ軍の精強さ全般が、連合軍の無様な弱さ、そして当事者の無能と責任を隠蔽するため、過大に伝説化されている)

現在のヴィレル・ボカージュにはこの戦いを記念した「1944年6月13日通り(Boulevard du 13 juin 1944)」という名前の道路があり、グーグルマップで見ることができる。

さらに詳しく → ヴィレル・ボカージュの戦い  第二次世界大戦  ミハエル・ヴィットマン



重戦車大隊記録集〈1〉陸軍編重戦車大隊記録集〈1〉陸軍編
(1996/10)
ヴォルフガング シュナイダー富岡 吉勝

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 戦争 第二次世界大戦 ヴィレル・ボカージュの戦い ミハエル・ヴィットマン

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/509-94c3d08c
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ