AK-74(Kalashnikov automatic rifle model 1974、Автомат Калашникова образца 1974 года )

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2009/12/26(土)
*





AK-74(露:Автомат Калашникова образца 1974 года、ラテン文字転写:Avtomat Kalashnikov-74、「カラシニコフの1974年型自動小」の意)とは、1974年にソビエト連邦軍が従来のAK-47系列の後継として採用したアサルトライフルである。

概要

AK-74は1974年にソビエト軍が採用したで、従来のAK-47系列に替わるものである。一番大きな特徴は、口径が 5.45mm(使用弾薬5.45×39mm)になったことである。ベトナム戦争で、北ベトナム軍及び南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)などは大口径のAK-47系列を使用したのに対し、アメリカ軍などは小口径のM16系列を使用した。AK-47 の7.62×39mm弾は高い殺傷能力を持つものの、連発時の反動が強く、着弾点が安定しないという欠点を有していた。これに対しM16の 5.56×45mm弾は口径が小さく、弾頭が軽量であるため、射撃時の反動は比較的小さく、命中精度も安定し、射程距離も長くなっている。弾丸の初速が上がることでボディアーマーや人体などを貫通しやすくなる。フルオート機能を有する自動小は多量の弾薬を消費する為、小口径化により携行、輸送できる弾薬量の増加、あるいは軽量化の観点からも有利となる。

これらの小口径弾の利点が世界的に波及しており、アメリカの小口径化につづきソビエトも5.45×39mm弾を採用したが、貫通力があまりに高すぎると、人体などのソフト・ターゲットに弾が当たっても弾丸は運動エネルギーを殆ど失わず貫通してしまい殺傷力はかえって下がってしまう。そこで5.45×39mmの弾頭の内部に空洞を作り、ソフト・ターゲット命中時に弾頭の横転を引き起こす構造を採った。横転した弾頭はソフト・ターゲット内で回転運動を伴いながら進み、その運動エネルギーを十分に消費する事ができる。 人体に当たった場合、射入口は小さいが射出口が口径と比して大きく、筋肉血管を含む周辺組織に広い体積で損傷を受ける為、治療が難しく1978年から 1989年のアフガニスタン紛争に投入されたAK-74と5.45×39mm弾はアフガニスタン武装勢力から恐れられた。 この技術は西側にも影響を与え、現行の5.56×45mm弾(SS109、M855)では、同様の構造が採用されている。

AK-74は、AKMを基に作られた。AKMからの変更点は、小口径化の他、マズル部のマズルサプレッサーが大型化されたことである。マズルサプレッサーは反動を減少させるだけでなく、発射音を前方に拡散させる働きをもつ。また弾倉は AKMと同様にプラスチック製だが、AKMとAK-74の弾倉の互換性はない。初期の物は合板のストックだったが、後にプラスチック製ストックが採用された。旧来のAK-47、AKMに替わり順次配備されていったが、当然一つの組織に古いAK-47と新しいAK-74が混在してしまう時期も存在する。その上で問題になるのが弾薬の規格であるが、上記改良点にあるとおり、それぞれ 7.62×39mmと5.45×39mmを使用する。そのため、夜間や視界の悪い状況であっても適合弾薬がすぐ分るようにAK-74にはストックに溝が入っている。

ソ連製小火器の例にもれず同盟国にも供与やライセンス生産が認められたが、アフリカや中東、アジア地域にはAK-74の配備によって余剰化した AK-47やAKMを供与したことと、旧式のAK-47やAKMとは弾薬の互換性が無いため従来の弾薬の在庫の廃棄や弾薬製造ラインの大幅な改修が必要であった。このため、AK-74を使用しているのは旧ソ連構成国や旧ワルシャワ条約機構以外ではキューバやアンゴラ、シリア、モンゴル、ベトナムなど比較的少数に止まっており、AK-47やAKMに比べると普及度が低い。

後継としてAN-94が配備されているがロシア軍の一部に留まり、改良型を含め多数のAK-74が現役である。なお、カラシニコフ自身はこの小口径化については反対の立場であったと語っているが、軍の要求に応えAK-74を完成させている。また、西側のメディアで小口径AKの実物が初めて確認されたのは、当時コンバットマガジン誌のライターであった作家の東郷隆がアフガニスタンに取材に行き、ムジャヒディンにより捕獲された分隊支援火器タイプのRPK-74 を取材した1980 年のことであった。

AKS-74

AKS-74は床を折りたためるようにし、携行を容易にしたもの。それまでのAKS-47あるいはAKMSの床はナチス・ドイツのMP38/MP40と同様に下方へ折りたたむようになっているのに対し、AKS-74では射手から見て左に折りたたむようになっている。 銃床部のスリングスイベルが射手から見て右側に位置し、銃床を折りたたむ際は左側に位置するようになり携行時の利便性が向上している。2001年12月22日に発生した九州南西海域工作船事件で、北朝鮮の工作船の乗組員が海上保安庁の巡視船への射撃に用いた銃は北朝鮮製のAK-74である。

AK-74M

AK-74Mは、AK-74の最新型である。 MはМодернизированный(ロシア語) Modernizirovanniy(ローマ字表記)の頭文字で近代型を意味する。 従来のAK-74が固定式銃床を備えたAK-74と金属製折りたたみ式銃床を備えたAKS-74の二種類に分かれていたのに対して、このAK-74Mは従来のAK-74と形状は固定銃床の様でありながら、プラスチック製の折りたたみ式銃床を標準装備しているため、自動車化狙撃兵や空挺軍兵士、戦車兵などに支給するアサルトライフルを文字通り一種類に統一することが可能となった。

AK-74MはAKS-74やAKS-74Uの様に、銃床右側の本体付近にスリングスイベルが存在する。また、輸出用に西側標準の5.56×45mm弾や旧式の7.62×39mm 弾を使用可能なように設計されたAK-100シリーズは、このAK-74Mをベースにしている。AK-105のフルサイズモデル(例えばAK- 102に対するAK-101)がAK-74Mともいえる。

AKS-74U

AKS-74Uは、AKS-74の銃身を切り詰めたショートカービンで、バレルが極端に短いため、建物内部など、狭い場所での近距離戦闘に向き、特殊部隊などで用いられている。独特な形状のフラッシュハイダーが装着されており、可能な限りマズルフラッシュを減らそうとしているが、あまり効果はない。また、このフラッシュハイダーを取り外して、サプレッサーを装着することも可能。後にレシーバー上部に暗視スコープを装備できるAKS-74UNも生産された。オサマ・ビンラディンが、傍らにAKS-74Uを置いてインタビューに答える姿がしばしば報道されている。

日本でよく使われる愛称としてはクリンコフ(KRINKOV ロシア語で「短小銃」や「短いもの」の意味)が有名だが、欧米ではAKS-74Uに限らず、フルサイズのAKに比べてガスバイパスを短縮化したモデルは(素体の形状や口径に関わらず)クリンコフの名称を与えられている。アメリカではセミオート限定にしてストックを廃する事でピストルとして登録したもの、逆にガスバイパスを短縮化しながらフラッシュハイダーを省略、バレルを延長して法律上の問題をクリアした変り種などが存在する。

OTs-11 Tiss

OTs-11 Tissは、KBP社がAKS-74Uを9×39mm弾使用にし小改良したもの。リアサイトは後方に移動し、フラッシュハイダーの形状を変え、マガジンを独特デザインにした。

RPK-74

RPK-74は、AK-74の分隊支援火器仕様である。銃身を肉厚にする事で耐久力を得つつ、45連のロングマガジンを使用する。

詳細は「RPK軽機関銃」を参照

AK-100

ソビエト連邦崩壊後、ロシアのAK生産拠点は民営化され、Izhmash社(イズマッシュ、イジェマッシ)として再出発した。イズマッシュ社は銃器の他に、オートバイや自動車を生産する機械メーカーとして存続し、現在もAKシリーズの生産、改良を続けており、様々なバリエーションが発表されている。輸出を意識しており、口径も西側NATO弾に対応するものなどがある。そのため、民間警備会社やプライベートオペレーターなどはNATO弾の銃器を携行する際にはAK-101やAK-102、AK-108を選択することがある。

* AK-101 - 口径5.56×45mm。西側NATO弾に対応している輸出向けモデル。
* AK-102 - 口径5.56×45mm。AK-101のカービンモデル。AKS-74Uのような極端な短縮化ではなく、フロントサイトとガスバイパスの間にあるバレルを短縮化し、ストックもAK-101に準拠したものを装着する。ただし、フラッシュハイダーの形状はAKS-74Uに近い。
* AK-103 - 口径7.62×39mm。口径はAK-47と同じだが、あくまでAK-100のバリエーションとして、AK-74Mに準拠した設計。ベネズエラ軍が正式採用した。
* AK-104 - 口径7.62×39mm。AK-103のカービンモデル。AK-101に対するAK-102に相当。
* AK-105 - 口径5.45×39mm。形状はAK-102、AK-104同様のカービン。AK-102に対するAK-101のようなフルサイズモデルは存在しない。
* AK-107 - 口径5.45×39mm。連射速度が向上し、一分間に850~900発の射撃が可能。3点バーストの追加。リコイル軽減機構を備える。
* AK-108 - 口径5.56×45mm。性能はAK-107同様。

AK-9

イズマッシュ社が開発した9×39mm弾を使用するコマンドアサルトライフル。ベースはクリンコフ (AKS-74U)で9×39mm弾を使用することからスペツナズ(特殊部隊)用に設計されたと思われる。

PP-19

口径9×18mm。AKS-74を元に開発された短機関銃。「スパイラルマガジン(発想はキャリコM100のヘリカルマガジンに近い)」という特殊なマガジンにより64発もの装弾数を持つ。

仕様

種別 アサルトライフル
口径 5.45mm
銃身長 415mm
     210mm (AKS-74U)
使用弾薬 5.45×39mm
装弾数 30発/45発(箱型弾倉)
作動方式 ガス圧、ロテイティングボルト
全長 943mm
    735mm/490mm(AKS-74U)
重量 3300g
    2710g (AKS-74U)
発射速度 600~650発/分
       650~735発/分(AKS-74U)
銃口初速 900m/秒

さらに詳しく → AK-74  ミハイル・カラシニコフ
外部リンク → Izhmash社


マルイ AK74MN 本体+バッテリー+充電器+放電器+多弾数マガジン+BB弾 即日ゲームセットマルイ AK74MN 本体+バッテリー+充電器+放電器+多弾数マガジン+BB弾 即日ゲームセット
()
即日ゲームセット

商品詳細を見る
関連記事

タグ : アサルトライフル AK-74 AK74 Izhmash カラシニコフ イズマッシュ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/491-70185891
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ