K2 ブラックパンサー(K2 Black Panther、차기전차 K2 흑표)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2009/12/25(金)
*



K2(ケーツー、韓国語:차기 전차 K2 '흑표')は、K1の後継として開発された大韓民国陸軍の次期第3・5世代主力戦車である。愛称は「黒豹」(くろひょう、흑표(豹、フックピョ、Heukpyo)、ブラックパンサー(Black Panther))。

概要

もともと、K1は仮想敵である北朝鮮が配備しているT-55、T-62およびT-72を相手にするには必要十分な性能であったが、120mm滑腔砲換装型のK1A1において、重量配分や砲弾数などの運用上の問題点が明らかとなった。

関係各機関の検討の結果、新型戦車の開発をし、120mm砲搭載戦車として一から設計することになった。これが、K1の後継車種の検討する計画(KT-X計画)として、1995年から11年の期間と2億3,000万ドルの開発費を投じ、開発された。韓国陸軍では、2011年を目処に量産初号機の配備を計画し、生産は現代ロテム社において行われる予定である。調達輌数は当初は600輌を予定していたが、後に300輌に縮小された。価格は1輌あたり約850万ドル(約83億ウォン)。コンポーネントの国内生産率は試作車では77%、量産型では90%以上を目標としている。しかし、韓国産のパワーパックに欠陥が多発しているのが現状である。

開発経緯

当初は140mm砲搭載戦車として計画され、ラインメタル社製140mm砲の検討を行なったが、同じラインメタル製120mm滑腔砲L55の方が試験結果は良好であり、また陸軍の将来脅威の見積もり上、140mm砲は不必要と判断された。この新戦車開発は現代ロテム社を中心に国防科学研究所(ADD)、WIA社などその他の国内軍需企業と協力して進められた。エンジン、アクティブ防御システムはドイツ、ロシアの企業からの技術提供を受け開発された。

火砲

K2に搭載される火器は、韓国の ADD(国防科学研究所)で開発して韓国 WIA社が生産した55口径120mm滑腔砲1門を、 7.62mm同軸機銃1門、砲塔上には車長が操作するK-6 12.7mm機銃1門である。主砲への砲弾装填は自動化されており、砲塔後部の仕切られた区画に諸外国の自動装填装置を参考に開発されたベルト式の自動装填装置がある。そのため装填手は搭乗しない。主砲弾は自動装填装置内の弾倉に16発、残り24発が車内の計40発を、砲塔上の12.7mm重機関銃の弾薬は計3,200 発、また主砲同軸7.62mm機関銃の弾薬は計12,000発搭載しているという。砲塔は、電気モーターで稼働する。また、ドイツディール社との共同で主砲発射型の誘導砲弾を開発中であり、戦車の上部面及び隠掩蔽された目標に対しトップアタックにより撃破することが可能となる。

装甲

K2の車体前面及び砲塔前面には、モジュール化した複合装甲が使われている。また一部には爆発反応装甲を採用している。

動力

K2は、4サイクル12気筒水冷式ディーゼルの1,500馬力エンジン(K1シリーズの1,200馬力から向上している)を搭載する。試作車の XK2はドイツMTU社のMTU883(UAE向け輸出仕様ルクレール採用品と同一のライセンス生産との情報もあり)を搭載していたが、量産型のK2は斗山インフラコア社とADDが共同開発したコモンレール方式の 1,500馬力エンジンを搭載する。0-32km/h加速は7秒以内、平面路上において最高70km/h、不整地においては最高48km/hを発揮することができる。

新型の小型エンジンによって、同程度の馬力を発する他形式のエンジンに比べ省スペースとなり、余剰スペースにサムスンテックウィンの設計による 100馬力の小型ガスタービン補助エンジンを搭載することができた。この補助動力装置はメインエンジン停止時に発電を行い、燃料を節約し、車体が発する熱と音響の減少効果が期待される。

試作車にはレンク社製自動トランスミッションが搭載されたが、量産型にはS&T大宇社と国防科学研究所が共同開発した電子制御式トランスミッションが搭載される。国防科学研究所の関係者によれば、前進6段、後進3段の自動変速を可能にすることによって変速時の衝撃を減少させ、かつ完全デジタル制御、自己診断機能により運用性が向上しているという。

K1シリーズでは、深度最高2.2mの川を潜水渡河することができるだけであったが、K2はシュノーケルを使用することにより深度4.1mの河川を潜水渡河することができる様になった。浮上すると速やかに戦闘態勢に移行できる。高さ1.3mの60%の急斜面と垂直障害を乗り越えることもできる。

懸架装置

S&T大宇社製油気圧サスペンションを採用している。車体を前後左右に傾斜させる姿勢制御機能と半自動地形判断機能を有している。この姿勢制御機能により、主砲の俯角だけに頼ることなく車体を傾けることにより射界を確保できる。さらに、他の同世代戦車の主砲では見られないほどの高俯角と油圧懸架機能を結合することにより対ヘリコプター戦にも対応できる。

車載電子機器

車長用にKCPS(韓国型車長パノラマサイト)の発展型が搭載されている。このパノラマサイトは3倍/10倍での切り替えが可能で、レーザー測距器と夜間用の高解像度赤外線センサーを装備しており、ハンター・キラー能力も有している。砲手用にKGPS(韓国型砲手照準サイト)にロックオンした目標を自動で追尾するシステムなどの機能が追加されたものが搭載されている。

操縦手用にハイビジョン電子光学視察システムが搭載されている。またデジタル訓練システムも採用されており、戦車兵の効率的な訓練と費用の削減を実現している。近接している部隊間の迅速な調整と圧迫した状況下におけるによる自己及び部隊情報の把握のために、K2は車両間情報システム(IVIS)を装備している。

これはGPSとINS(慣性航法装置)を連動させた高度な位置情報システム、敵味方識別装置を備えており、データリンクシステム(Kデータリンクシステム)も搭載している。これらのシステムにより、K2のデータリンクシステムで動かされた統制対象車両において乗組員の負担を軽減することが可能となった(例えば、K2の乗員を露出することなく、より前方地域を偵察することができる)。

搭載する射撃管制装置(FCS)は目標を自動的に発見・追跡することが可能である。冗長な目標集束を防ぐために、他の統制車両間で送信されるデータリンクシステムを用いて比較検討することができ、優先目標の照準を容易にする。非常の際には車長は砲手からの入力を必要とすることなく、主砲を発射することができる。

車両防護

K2に搭載されている戦闘車両防護システムは、砲塔部にある発射装置から様々な弾種の弾体を発射し車両を防御するというものである(アクティブ防御システム)。このシステムは国防科学研究所を中心に三星タレス社などが開発したもので、ロシアのKBM社(旧SKB)の技術援助を受けた。

砲塔上面前部の左右に少しずつ角度を変えて埋め込まれている発射装置には、VIRSS擲弾を装填できる。使用できる弾種は発煙弾(空中で破裂し赤外線遮断効果のある土色の煙幕を張る)、近接防御弾(空中で爆発し車両の周囲に迫った歩兵を撃退する擲弾)、赤外線フレア(赤外線誘導ミサイルを欺瞞する為の囮弾)がある。自動消火装置、NBC防護装置を備えている。

性能諸元

全長 10 m
車体長 7.50 m
全幅 3.60 m
全高 2.50 m
重量 55.0 t
懸架方式 油気圧
速度 70 km/h(整地)
     48 km/h(不整地)
行動距離 430 km
主砲 55口径120mm滑腔砲
副武装 7.62mm機関銃(主砲同軸)
     12.7mm重機関銃K6(砲塔上面)
装甲 複合装甲(砲塔前面 及び 車体前面)
エンジン 斗山インフラコア社製
     4サイクル12気筒
     水冷式ディーゼル
     および補助 ガスタービン
     1500 hp
乗員 3名

さらに詳しく → K2



韓国現代史 (岩波新書)韓国現代史 (岩波新書)
(2005/12)
文 京洙

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 主力戦車 K2 韓国 黒豹 ブラックパンサー

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/482-f81a2027
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ