核実験 中国初の原爆ロプノールでの実験

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/25(金)
*

ロプノール(羅布泊:Lop Nur、ロプ湖)は、中華人民共和国新疆維吾爾自治区(東トルキスタン地域)の南東部にかつて存在した塩湖である。この湖にはタリム川(塔里木河)が流れ込むが、湖から流れ出る川はなく、その湖水は強い陽射しで蒸発するか地中に消えてしまう。タリム川の流れが変わることからその位置が変化し、また水深が浅く絶えずその姿を変えることから「彷徨える湖」と呼ばれてきた。

ロプノールはタリム盆地のタクラマカン砂漠の東のはずれに20世紀半ばまで存在していたが、現在は干上がり湖面は存在していない。約 200万年以上前に形成されたと考えられている。消滅した時期について、夏訓誠(シア・シュンチョン)ら[1]によると1959 年には存在が確認されていたが、1972年にはすでに消滅していた。夏訓誠は2008年11月にも現地調査と衛星写真による調査を行い、中国新疆ウイグル自治区にある中国科学院の新疆生態地理研究所は消滅した時期を1962年と報告している。この地域の乾燥化が進んだことやタリム川上流にダムが建設されたことなどが消滅の一因と考えられている。

この地は、中国で古来から西域と呼ばれていた地域で、シルクロードの途中に位置し、漢の時代にはロプノール西岸に都市国家楼蘭が栄えた。しかし、3世紀頃からロプノール一帯の乾燥化がはじまったとみられ、4世紀頃に楼蘭は急速に衰退した。ロプノールに流れ込む河の流れが変わったため湖が干上がったという説もあったが、現在では河川の流量によって湖の位置が変化したということが明らかにされている。シルクロードも、タクラマカン砂漠の南側を通る西域南道の往来が困難になり、唐代までには敦煌から北に上がって天山山脈の南側を通る西域北道へとルートの中心が移った。13世紀のベネチア商人で中国を旅行したマルコ・ポーロは、この湖の近くを通過した。20世紀初頭、探検家ニコラス・ミハイロヴィッチ・プルエバルスキーとスウェン・ヘディンは、この辺りを訪問している。1900年にヘディンは楼蘭を発見した。

東トルキスタン地域が中華人民共和国の支配地域となった現代では、情勢が一変することとなった。1964 年以来、ロプノール周辺地域は核実験場として使われ、1996年までに核実験が45回に渡り実施された。大気圏内核実験はロプノールの北西約100km、地下核実験はロプノールの北西約220kmの地域で行なわれた(ロプノールの湖床が実験場となったことはない)。

さらに詳しく → 核実験  ロプノール



マンガでわかる中国100の悪行 (晋遊舎ムック)マンガでわかる中国100の悪行 (晋遊舎ムック)
(2006/11)
東亜細亜問題研究会餅町 ツル

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 核実験 ロプノール 核兵器

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/461-90f50c11
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。