WW2 ドイツの兵器生産現場

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2009/12/24(木)
*

ドイツは、ヨーロッパにおいてイタリアに次いで近代的な国民国家の形成が遅れた国であり、統一国家の誕生は19 世紀後半、イタリア(1861年)に遅れること10年の1871年のことであった。その後、ドイツは二度の世界大戦の敗戦とそれに伴う政治体制の変転を経験したばかりか、第二次世界大戦後の冷戦下に東西分断の憂き目を見ることとなった。政治体制の変動に伴い、軍隊に如何なる目的を託し、軍隊に如何なる制約を課すかもまた変化した。これが軍隊の名称にも反映している。

* 第一次世界大戦に敗れ、ヴェルサイユ条約を受け入れ、ドイツ皇帝個人へ忠誠を誓う軍隊からヴァイマル共和国憲法に忠誠を誓う軍隊に生まれ変わる。陸軍兵力は10万人に制限され、陸軍と海軍の総称をドイツ国を防衛する軍隊と改める(Reichswehr)。
* 1935年にヴェルサイユ条約の軍備制限条項を破棄し、再軍備を始めたナチス・ドイツの軍隊は、Wehrmachtと変更される。国防省 (Reichswehrministerium) も帝政時代の戦争省(Reichskriegsministerium) に戻された。
* 第二次世界大戦後のドイツ連邦共和国の軍隊の総称は Bundeswehr (連邦軍)と改名される。先の大戦で人道に反する犯罪行為を拒否しえなかった理由と挙げられた上官の命令に絶対服従(忠誠宣誓)の伝統を否定し、戦後のドイツ基本法には抗命権の行使が明文化されている。

さらに詳しく → Wikipedia 第二次世界大戦



詳解 独ソ戦全史―「史上最大の地上戦」の実像 戦略・戦術分析 (学研M文庫)詳解 独ソ戦全史―「史上最大の地上戦」の実像 戦略・戦術分析 (学研M文庫)
(2005/06)
デビッド・M. グランツジョナサン・M. ハウス

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 第二次世界大戦

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/451-c26970f5
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ