AT4 携行型対戦車弾

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/24(木)
* 







AT-4は、使い捨て式の個人携行対戦車弾である。スウェーデンのサーブ社が生産している。AT-4のセールスは好調で、最も有名な使い捨ての対戦車兵器の一つであり、アメリカ軍とNATOがM72 LAWの後継装備品として採用している。歩兵部隊に対装甲車戦闘能力を与える目的で開発されたが、現用戦車を撃破することはできないだろうと考えられている。弾薬は、あらかじめ発射器に装填された状態で製造され、この発射器は射撃後に廃棄される。現在はサーブ社が旧ボフォース社を買収して生まれた『サーブ・ボフォース・ダイナミクス社』が製造・販売している。

開発

AT-4は、1960年代にスウェーデン軍が装備していた60mm Pskott m/68の発展型である。m/68と同じく、FFV社が設計を担当している。AT-4がスウェーデンに採用される以前より、アメリカ軍の新しい個人携行対戦車弾の競争入札に参加していた。候補はAT-4とドイツ製のArmbrustで、アメリカ軍はAT-4に興味を示すと改良要求を出し、これに基づき照準器と負い紐が改修された。その結果、AT-4はアメリカ軍に採用され、M136の型式番号を与えられた。

1990年代初頭、口径120mmのタンデム弾頭が、現用戦車の正面装甲を貫通できるかどうかの試験が行われた。しかし新型弾頭の開発は、ソ連の解体による防衛予算の縮小によって、中止されることとなった。

構造

AT-4の構造原理は、無反動砲である。前方に射出される弾丸による反動は、発射器後方に放出されるガスの質量で相殺される。射撃時の反動がほとんどないことから、他の構造の個人携行火器では射撃できない大口径の弾薬でも射撃でき、砲自体の軽量化も可能である。この構造の欠点は、射撃時に後方に噴出される爆風による危険区域であり、射手の近くにいる味方やときとして射手自身も火傷などを負う危険がある。

この後方爆風の問題は、改良型のAT-4CSで改善された。この改良型は、射撃時に爆風のかわりに塩水を飛散させ風圧を減少させる。この改良によって掩蓋内射撃性を持ち、射手は敵火に身をさらすことなく装甲車や戦車を攻撃できるようになった。

射撃の手順は、射手はまず後方の危険区域に味方の人員や機材がないかを確認する。伏せ撃ちの場合ならば、射手は自分の足を危険区域外に置かなければならない。その後、撃針を起こし引金を引く。照準は輸送用のカバーの下にある照準器を通して行われる。または、夜間照準具のオプションもある。AT-4は少ない訓練で使用できる汎用性のある火器である。また訓練用に口径9mmと20mmの曳光弾による訓練キットも用意されている。

弾薬

AT-4には何種類か弾薬があるが、単発の使い捨て兵器であり、弾薬は製造時に装填されたもの以外は使用できない。

HEAT

成形炸薬弾で、420mmの装甲を貫通できる。

AST(HEDP)

市街地戦向けであり、掩体や構築物に対して使用される。この信管は瞬発と延期どちらかに設定できる。 ビルの壁面に突入口を空けたり、簡易バンカーを潰すための弾頭である。

HP

HEATを反応装甲や空間装甲に対応するように改良した弾頭で、極めて高い貫通力を持ち、500mmから600mmの装甲を貫通できる。

AT-4 CS

AT-4 CS(Confined Space)はAT-4の派生型で、市街地戦闘用に設計された。通常型のAT-4は、その後方に排出される爆風のために閉所からの射撃は非常に危険であった。発射器後方15m以内に壁などがあれば、爆風はそれに反射して射手自身に火傷をもたらす危険がある。CS型では、爆風ではなく塩水を飛散させるため、閉所からの射撃は基本型のAT-4よりもはるかに安全である。

性能

口径 84mm
使用弾薬 翼安定成形炸薬弾
装弾数 1発
全長 101.6cm
重量 6.7kg
銃口初速 285m/秒
有効射程 300m

さらに詳しく → AT4 (携行対戦車弾)  無反動砲



ミリタリー雑学大百科 Part1 (Graphic Action Series 世界の傑作機別冊)ミリタリー雑学大百科 Part1 (Graphic Action Series 世界の傑作機別冊)
(2007/06)
坂本 明

商品詳細を見る
関連記事

タグ : AT-4 携行対戦車弾 個人携行対戦車弾 AT4

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/450-c8559b36
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。