9.11の真相!「リチャード・コシミズ」編

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/24(木)
* 

リチャード・コシミズ(Richard Koshimizu、本名:輿水正(こしみず ただし)、1955年8 月9日 - )は、日本の講演家、著述家、ブロガー、ウェブサイト運営者、陰謀論者。自身は「ネット・ジャーナリスト」、「反ユダヤ金融資本主義者」と称している。東京都板橋区出身、在住。青山学院大学経済学部卒業。実業家でもあり、商社勤務を経て、2000年に独立。実家は「輿水語学研究所」を営んでいる。

かつての勤務先で三人の同僚の事故死を不審に思い(一人は病死、一人は事故死、最後の一人は死亡が確認されていない)、「保険金殺人」を警視庁に告発すると同時にネットで会社の上役の顔写真や実名の情報を公開し非難した。彼はこれをジャーナリストとしての原点としている。

オウム事件、北朝鮮問題についても背後に「ユダヤ金融資本権力」「隠れユダヤ人」が存在するとの説を展開する。世界の経済に関してもユダヤ金融資本権力により支配されていると主張している。また、創価学会や統一教会および両宗教団体に関係するとされる団体や個人に対しても、背後に北朝鮮やユダヤ金融資本権力が存在するとの自説を展開し非難を行っている。

2001 年9月11日にアメリカ同時多発テロ事件が発生すると、いち早くユダヤ金融資本による自作自演であると断定、インターネット上にて自説を展開する。とりわけ世界貿易センタービルの倒壊については、公には未完成の技術とされる超小型核「純粋水爆」が使われたと主張している。グラウンド・ゼロでの異常な高温、大量のトリチウム検出、警官・消防士・撤去作業者等に異常な高率で癌が発生していること等を根拠としているが、そのような客観的事実の報告はない。

全国各地でのセミナーを行い、その模様をYoutubeなどにアップして数万単位のビューイングを誇っている。 2007年、自身の後援会「独立党」を結成した。会員制による党員・賛助会員の他に、全国規模で数万~数十万人のファンやウォッチャーを形成したとしており、これを心情党員とする自説を展開。

足を使っての取材は行わず、インターネットから主要な情報を吸収している。ウェブ上に蓄積された膨大な情報群から彼自身が信憑性の高いと判断するものを主観的に選択し、その断片を繋ぎ合わせることで全体像を作り上げる手法を採る。事件史の各事項に見られるような過激言説をしばしば行い、そのような内容の著作を自費出版している。問題発言には、特定人物(複数)の民族、国籍や、兵器に関する科学技術に関するものが多い。警察の捜査、裁判の結果、科学技術の研究など客観的事実と考えられる情報と真っ向から矛盾する論議をするが、自説の根拠や検証に関しては重要視しない。新聞や雑誌への投稿がなく活動の場がとインターネットに限られるので、ネットジャーナリストと自称している。

さらに詳しく → アメリカ同時多発テロ事件  リチャード・コシミズ



続・世界の闇を語る父と子の会話集続・世界の闇を語る父と子の会話集
(2007/12/08)
リチャード コシミズ

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 講演会 リチャード・コシミズ アメリカ同時多発テロ事件

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/441-be6ac897
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。