ステルス長距離爆撃機

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/22(火)
* 

ステルス(stealth)とは、軍用機、軍艦、戦闘車両等の兵器をレーダー等のセンサー類から探知され難くする軍事技術の総称である。単にそれらの技術を取り入れて開発された兵器を指してステルスと呼ぶ事もある。「ステルス性」という言葉は「ある兵器がセンサー類からどの程度探知され難いか」という事を相対的に表す。ステルスの本来の意味は「こっそりとする」「隠れる」である。ステルスとは電波の反射、赤外線の放射、地球の磁力線の変形、音響的被探知、視覚および画像的被発見などを抑え、敵から探知されにくくする技術である。レーダーが発達した近代においては、非常に重要な技術であり、最新の兵器(特に車両や船舶、航空機)は多かれ少なかれ、ステルスを意識して設計されている。

人工的なセンサーの探知を逃れても人間に発見されては意味がないので、人間の感覚による発見を避けるための低騒音技術や低視認技術(カムフラージュ、代表例は迷彩)などは、歴史的には現代的なステルスよりはるかに先行し、広義のステルスの一部となっている。例としては、忍者が足音を忍ばせたり、騎兵が馬の嘶きを消すこと、槍兵が穂先の反射光を消すこともステルス技術である。妨害電波(ジャミング)やチャフ、フレアなどの電子的欺瞞はステルスではなくソフトキルと呼ぶ。ただし基本的には相対的に発見されづらいという事であり、絶対に発見されないというものではない。例えばレーダーに対するステルス技術を使用した兵器は、非ステルス兵器と比べて敵レーダーに探知される距離が相対的に短いが、レーダーに十分近づけば発見される。

さらに詳しく → ステルス (軍事)  戦略爆撃機



爆撃機メカニズム図鑑爆撃機メカニズム図鑑
(1999/06)
鴨下 示佳

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 爆撃機 ステルス

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/382-87730463
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。