戦争と兵器「特殊部隊」

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/20(日)
* 



特殊部隊(とくしゅぶたい、スペシャルフォース、英: Special Forces, SF)または特殊作戦部隊(とくしゅさくせんぶたい、英: Special Operations Forces, SOF)は、武装組織において、特別に編制、訓練された部隊、部署をいう。特殊部隊は通常戦力とは別個に編成され、特殊な訓練を受け、特別な装備を持つ部隊である。既存の陸海空軍や警察部隊では対処できない特殊作戦に投入され、一般に、比較的小人数による部隊行動で後方攪乱、破壊工作、戦略的攻撃、対テロ、情報収集、心理戦、人質救出などの任務を遂行する。また、警察や税関などの機関に特殊活動(非軍事部門の主要任務外の活動)を行う部隊を置き、これを特殊部隊に含める場合もある。

その性格上、個々の能力を重視し、防諜のために高い秘匿性を維持しているが、ハイジャックや人質救出などの任務については公にされる場合もある。特殊部隊を編成する組織が増え、能力や任務も多様化しているため、どのような組織を特殊部隊と定義するかは場合によって異なるが、「特殊部隊」と呼称した資料が存在するものは「特殊部隊の一覧」に掲載している。

特殊部隊の編制は、所属組織やその任務によって様々だが、原則的には少数精鋭で、優れた人材を選抜したものが多い。その性質上、部隊の規模が小さくなるため独立の軍種や兵科として編成されることは殆どなく、主に一個の部隊として編成される。日本の自衛隊のように独立の軍種又は兵科等としていない場合は、その範囲が必ずしも明確ではない。他の大多数の標準的な部隊とは異なる任務を与えられることを想定し、特殊な装備や編制を持ち、特に高い能力を持つ隊員(レンジャー資格を有する隊員など)を集めた部隊を一般に特殊部隊としている。

米国の統合軍の一つとして編成されている「アメリカ特殊作戦軍」 (United States Special Operations COMmand, USSOCOM) は総数は45000名前後と見られており、米軍の全兵力である約141万名のごく一部となっている。旧ソ連のスペツナズや旧東側国家の特殊部隊の場合はパルチザン部隊が起源であるので、旧西側に比して隊員の数が多く、選抜の基準が異なっていると考えられている。韓国国防白書2008年度版によると 北朝鮮軍は過去2年間で6万人の増員をし、約18万人の特殊部隊を保有しているとされている。

一般的に陸軍では歩兵連隊、砲兵連隊など、兵科ごとに部隊が編成されており、作戦において敵味方が前線において戦闘するのが陸上戦力運用の基本であり、後方における通信、補給、医療などの支援部隊と一体として運用される。また海軍では艦艇が、空軍では航空機が戦闘単位であって、これらを効率的に運用することに終始する。特殊部隊はこうした既存の戦力運用の形態に囚われない、後方攪乱や対テロ作戦、心理戦などの実行を主な目的としている。特殊部隊は、その部隊がどの組織(治安組織又は軍隊)の下部組織かによって、その性質が大きく異なり、人質や犯人、敵の扱いにも影響する。治安組織(警察)の特殊部隊の場合、人質は無事救出、犯人は逮捕するのが原則であり、射殺は最後の手段として存在し、発砲による抵抗抑止はその正当性や適法性が問われる事もある。これに対し軍の特殊部隊は任務の遂行が最重要事項であり、ある程度の人質の死傷や、殺害を含めた敵の無力化も止むを得ないとしている。

さらに詳しく → 特殊部隊  特殊部隊の一覧 



ヴィジュアル版 世界の特殊部隊―戦術・歴史・戦略・武器ヴィジュアル版 世界の特殊部隊―戦術・歴史・戦略・武器
(2004/02)
マイク ライアンアレグザンダー スティルウェル

商品詳細を見る

タグ : 特殊部隊

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/332-5916b475
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。