B-1 ランサー (Rockwell B-1 Lancer)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/14(火)
*



B-1はB-52の後継機として1965年にスタートしたAMSA(次期有人戦略機)計画によりロックウェル社によって開発され、アメリカ空軍で採用されている可変翼(VG翼)の戦略爆撃機。愛称は「ランサーLancer):槍騎兵の意」、一部の運用者達からは「B-ONE」→「ボーン」とも呼ばれている。超音速で敵領空内に低空侵入する長距離戦略核爆撃機として開発されたが、現在は緊急近接航空支援という以前とはまったく別の任務を担っている。

概要

大型爆撃機としては珍しい可変翼を採用し、15度から67.5度の後退角で幅広い速度領域をカバーしている。最高速度は、空気取り入れ口が可変式となっているA型でマッハ2.0、固定式となったB型ではマッハ1.25となっている。また、ステルス性を持ち、レーダーによる発見率は低いといわれている。

ロックウェル社の航空宇宙部門はボーイング社に吸収されており、現在はボーイング社が供給している。ソビエト連邦のTu-160(Blackjack)はB-1を参考にして開発したと言われている。これは両者の外見的特徴が酷似しているのが要因であるが、両者は技術的には大きな差異があり、また形状もTu-160の方が一回り以上大きい。同じような現象は同時期の米ソ両国の宇宙往還機スペースシャトルとブランにおいても見られる。

沿革

B-1は、戦略爆撃機であるXB-70の開発が挫折したあと、超低空飛行によって敵地奥深くまで侵攻し、核攻撃を行う必要があるとの戦略思想に基づき1970年より開発が開始された。さらにソ連の先制核攻撃によって滑走路が一部破壊されても残った滑走路で離陸できるようにSTOL(短距離離着陸)性能も要求され、これらを満たすために可変後退翼が採用された。B-1Aの初飛行は1974年12月23日に行われている。1977年6月、カーター政権下の軍縮によって開発・導入が中止され、完成した試作機4機を用いて試験飛行だけが続けられた。

1981年8月、レーガン政権による「強いアメリカ」政策によって計画が復活。この時には既に大陸間弾道ミサイル(ICBM)などの大量配備により、大型長距離爆撃機による核爆弾攻撃という戦術は実情にそぐわなくなっており、B-1も要求仕様が大きく変更され、特徴であった搭乗員室ごとの分離脱出システムの廃止・エンジン用空気取り入れ口を可変型から固定型の変更による最高速度の低下(マッハ2→マッハ1.25、コスト減・ステルス性向上のため)を行いつつもB-1Bとして生産が開始された。B-1Bは1984年10月18日に初飛行し、1985年より部隊配備が開始された。総生産機数は100機。

B-1Bの特徴と性能

B-1Bは、超低空侵攻による核/通常攻撃、通常の戦略爆撃、巡航ミサイルプラットホーム、などの任務をこなす為に地形追随レーダーや、赤外線監視装置、ドップラー・レーダーなどを搭載している。また、搭載電子機器も充実しており、ECMシステムなどを備えている。しかしながらエンジントラブルや搭載コンピューターとECMのミスマッチング(B-1BのECMは自身を妨害するなどと揶揄された)により、実戦投入は遅れた。初の実戦投入は1998年の砂漠の狐作戦である。なお、B-1Bは第二次戦略兵器削減条約(START II)の対象となったため、現在配備されている機体はすべて核兵器の搭載を行っていない。B-1Bの搭乗員は、機長、副操縦士、兵装システム操作員、防御システム操作員の4名で、彼らが座る座席はすべてACES II射出座席である。

B-1Bのエンジンはゼネラル・エレクトリックF101-GE-102アフターバーナー付きターボファン・エンジンを4基搭載している。典型的な戦闘用のエンジンより幾分大きい F101は、B-1A用に開発されたエンジンであり、海面高度で約75.6kNの推力を離陸時にはアフターバーナーに点火することで133.4kNの最大推力を発生させる。エンジンは2基1組にして主翼付け根付近に搭載されており、主降着装置は2組のエンジンに挟まれたスペースに収納されている。「七面鳥の羽」と呼ばれるアクチュエーター・カバーがエンジンに装着されているが、取り外して軽量化することも可能である。

B-1Bの可変後退翼は、B-1Aと同じく付け根付近は、胴体と滑らかに融合している。また主翼の前縁には、防御装備と一緒に埋め込み式アンテナが装着されている。主翼内部の固定部分が発生させている揚力はかなりのもので、迎え角が大きいときには特に顕著となる。エルロンは装備していないが、主翼外翼部には全翼幅にわたる前縁スラットと、後縁の約3/4を占める隙間式フラップを備えており、コックピットから同じレバーを使って操作できるようになっている。後退時、主翼後端はヒンジの付いた上部パネルによって巧みに覆い隠され、2重膨張シールによって保護される。

B-1Bの電子戦自衛装備の中核となるのが、防御システム操作員によって操作される防御電子機器システム(DAS)である。DASは敵防御システムが発している電子信号を探知・識別し、指向性の高い大出力の電子信号を発して敵の信号を妨害する。電子妨害に加え、DASはチャフやフレアといった受動的対抗手段もコントロールしている。フレアは胴体上面の左右にある8つの収納庫に格納されている。

仕様

諸元

* 諸元
    o 乗員: 4名
    o 全長: 44.81m
    o 全幅: 41.67m (可変翼最大展開時)/23.84m(最後退時)
    o 全高: 10.36m
    o 翼面積: 181.16m²
    o 全備重量:216.365t
    o 空虚重量:86t
    o エンジン:GE F101-GE-102 ターボファン 4基(推力13,962kg)

* 性能
    o 最大離陸重量:217t
    o 爆弾搭載量:34,02t(機内)/26.76t(機外)
    o 最高速度:マッハ1.25
    o 航続距離:11,978 km

武装

* 搭載量
    o 爆弾など最大34.019t

* 爆弾
    o Mk-82AIR膨張遅延性 無誘導爆弾 × 84
    o Mk-82円錐 無誘導爆弾 × 84
    o Mk-62 無誘導爆弾 × 84
    o Mk-65 無誘導爆弾 × 8
    o CBU-87/89/97 クラスター爆弾ユニット (CBU) × 30
    o CBU-103/104/105 風力安定クラスター爆弾 × 30
    o GBU-31 JDAM GPS誘導爆弾 (Mk-84汎用型とBLU-109の組み合わせ) × 24
    o GBU-38 JDAM GPS誘導爆弾 (Mk-82汎用型) × 17
    o Mk-84 汎用爆弾 × 24
    o GBU-39 小型誘導爆弾 (6弾頭パックなら96 ×、4弾頭パックなら144 ×)
    o B61 自由落下核爆弾 × 16

* ミサイル
    o AGM-158 JASSM × 24
    o AGM-154 JSOW × 12

さらに詳しく → B-1  戦略爆撃機



ボーイングB-1ランサー (世界の傑作機 NO. 121)ボーイングB-1ランサー (世界の傑作機 NO. 121)
(2007/03)
不明

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 爆撃機 B-1 B1 B1B ランサー Lancer 戦略爆撃機

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/328-676903aa
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。