THEL 戦術高エネルギーレーザー

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2009/12/19(土)
*

戦術高エネルギーレーザー (THEL: Tactical High-Energy Laser) は、アメリカとイスラエルが共同開発している、対空レーザー兵器。移動可能なバージョンはMTHEL (Mobile Tactical High-Energy Laser) と呼ばれる。THELの本格的な開発は、1996年7月18日のアメリカとイスラエルの協定により開始された。

THELは高エネルギーレーザーを利用した兵器システムで、レーザー生成技術の証明、レーザー制御技術の証明と、現存のセンサーや通信技術から新しい対空防衛能力を持たせようとしていた。THELの目標は、短距離から中距離にかけての接近戦での問題に、他のシステムや技術とは異なる解決法を提供し、それにより戦闘部隊の能力を高めることである。また、THELは1迎撃辺りのコストが低く(約3000$)、低コストの空からの脅威に対して、費用対効果で優れた防御策となるかもしれない。60回の射撃で再装填し、5kmの範囲では100%に近い迎撃率となることを目標としている。

THELは1998年に発射試験を行い、初期作戦能力 (IOC) の獲得は1999年と計画されていた。しかし、移動型のMTHELのため再設計を行い、かなりの遅れが発生した。最初の固定式のデザインにはかなりの重量、サイズ、電力の制限があり、現代の流動的な戦闘には適していなかった。MTHELの目標は大きなセミトレーラー3台分のサイズで移動できることである。ノースロップ・グラマンが主契約社として開発している。使用されるレーザーはフッ化重水素レーザーによる波長3.8μmの中赤外線域化学レーザーであるため大気圏内での減衰が少ない。

2000 年から2001年にかけて、THELは28発のカチューシャのロケット弾と、5発の砲弾を撃墜している。また、MTHELもテストを成功裏に完了した。2004年8月24日に行われたテストでは複数の迫撃砲弾の撃墜にも成功している。このテストでは実際の迫撃砲による攻撃を想定し、単体の迫撃砲による射撃と、一斉射撃の両方が試験された。目標はTHELの実験機により迎撃、破壊された。

さらに詳しく → 戦術高エネルギーレーザー



レーザー技術入門講座―光の基礎知識とレーザー光の原理から応用技術までレーザー技術入門講座―光の基礎知識とレーザー光の原理から応用技術まで
(2007/06)
谷腰 欣司

商品詳細を見る
関連記事

タグ : THEL 戦術高エネルギーレーザー

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/296-f5faabfb
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ