PK機関銃(PK machine gun)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/19(土)
*



PK機関(ロシア語:ПК ペカー;Пулемёт Калашникова プリミョート・カラーシュニカヴァ:「カラシニコフ機関」)はソビエト連邦製の7.62mm口径の汎用機関銃である。このはソ連軍が1960年代にSG-43重機関及びRP-46軽機関の後継として、AK-47を設計したことで著名なミハイル・カラシニコフが設計した。この機関銃は、銃身にキャリングハンドルを装着して素早い銃身交換を可能なように設計しており、冷却効果を高めるために銃身には銃身と平行に溝が彫られている。

この銃の弾丸はワルシャワ条約機構の制式弾薬でもある7.62mm×54R(リム付)弾であり、25連発の非分離式金属製ベルト(後に100連発式に延長、前任のPM1910やSG-43用の250連発リンクも使用可能)に装着して使用する。100発以上連発したい時はリンク同士を弾薬をピン代わりに使用して接続することも可能である。また、給弾口の下の本体下部には弾丸を取り付けた弾薬リンクを収納した弾薬箱を取り付ける金具が存在する。

西側の一般的なベルト給弾式機関銃は給弾口が左側に位置するのに対し、PK機関銃では給弾口がそれぞれ右側に配置されているが、これはPM1910 などのロシア製ベルト給弾式機関銃はすべてこの方式となっている。改良型のPKMは、製造工程簡略化のために銃身の溝を廃止し、生産効率向上と軽量化のために一部の部品の製造方法を削り出しからプレス加工に換えるなどした。

PK系の機関銃は開発時既にAK-47及びRPDという7.62mm×39弾による分隊編制が進んでおり、いわゆる軽機関銃用途ではなく、狙撃兵(歩兵)中隊の機関銃小隊に配備され、各歩兵小隊を支援する任務を帯びている。RPDやRPKといった分隊支援火器では射程・威力で不十分、また各小隊のSVDでは火力で不十分な目標に対して、これを制圧することが求められている。

仕様

種別 汎用機関銃
口径 7.62mm
銃身長 658mm
使用弾薬 7.62mm×54R
装弾数 ベルト給弾式
作動方式 ガス圧
全長 1173mm
重量 8990g
発射速度 650発/分
銃口初速 825m/秒

さらに詳しく → PK (機関銃)
外部リンク → V.A.DEGTYAREV



図解 携帯兵器バイブル―ゲーム・映画・特殊部隊で活躍する図解 携帯兵器バイブル―ゲーム・映画・特殊部隊で活躍する
(2010/05)
東京民間防衛隊

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 汎用機関銃 PK Pecheneg ミハイル・カラシニコフ コブロフ V.A.DEGTYAREV

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/290-8a1e26ad
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。