バンドカノン1 (Bandkanon 1、Bkan1)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2013/07/10(水)
*



バンドカノン1(スウェーデン語: Bandkanon 1、略称Bkan1)はスウェーデンの自走砲。スウェーデン陸軍が1967年から2003年まで使用した。運用当時、バンドカノン1は世界で最も重い自走砲の一つであった。エンジンとしては、バンドカノン1よりも軽量なStrv.103と同一のものを採用しており若干非力であったが、高い機動性を持っていた。

非常に高い発射速度を持ち、45秒で14発を発射可能であった。1発を砲に装填し、砲身後方に備えた2組の7連装弾倉を使用した場合の発射速度は45秒で15発に達し、この値が公式世界記録となった。弾倉は給弾用クレーンにより2分程度で再装填できた。砲弾は1発当たり47kgで有効射程は25kmであった。

利用

計画では70両を生産する予定であったが、防衛予算の削減によって生産数は26両にとどまった。ノールランドの師団砲兵として配備され、ボーデン(英語版)砲兵連隊(A8)に、後にはノールボッテン連隊(I19)でも使用された。1980年代後期までそれぞれ12両ずつで2個大隊が編成され、その後2003年の退役までは8両ずつの3個大隊となった。

歴史

KRV計画が中止されると、その台車を用いて"artillerikanonvagn 151"(akv151)の呼称でランズベルク(英語版)で自走砲が開発された。構想が有望と見られたため、国防需品管理局の監督の下でランズベルクによって再設計され、駆動装置はStrv.103と同じものとなり、主砲はボフォースが製造したものとなった。

バンドカノン1には単にバンドカノン1、後にバンドカノン1Aとされた初期型と、1980年代に近代化が行われた改良型バンドカノン1Cの2つの型式が存在する。両者の主な違いはStrv.103のC型に導入されたものに類似した駆動装置の導入であり、その他には給弾用クレーンの取り外しや照準、位置取り、航法のためのPOS 2射撃管制装置の導入などがあげられる。

諸元

重量 52トン (1A)
53トン (1C)
全長 6.55m
11m(砲身を含む全長)
全幅 3.37m
全高 3.55m
3.85m(対空機銃を含む全高)
要員数 5名
装甲 最大20mm
主兵装 155mm 砲 m/60
副兵装 7.62 mmksp 58機関銃
エンジン ディーゼル:
        ロールスロイスK60 (1A)
        デトロイト 6V-53T (1C)

    ガスタービン:
        ボーイング 502-10MA (共通)
        ロールスロイスK60:240hp(179kW)
        デトロイト 6V-53T:290hp(216kW)
        ボーイング 502-10MA:300hp(224kW)
出力重量比 10.38 馬力/トン (1A)
    11.13 馬力/トン (1C)
懸架・駆動 ハイドロニューマチック
行動距離 230 km
速度 時速28km

さらに詳しく → バンドカノン1




タミヤ・イタレリシリーズ No.12 1/35 アメリカ M109A6 パラディン自走砲 37012タミヤ・イタレリシリーズ No.12 1/35 アメリカ M109A6 パラディン自走砲 37012
(2012/11/24)
タミヤ

商品詳細を見る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2555-e1c43ce4
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ