ホロコースト (The Holocaust)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/21(月)
*









ホロコーストは、第二次世界大戦中にアドルフ・ヒトラー率いるナチ政権のドイツ、列びにナチ政権の占領地域において、ユダヤ人などに対して組織的かつ意図的に行われた大量殺戮(さつりく)を指す。広義には、組織的な大量虐殺一般をホロコーストと称することもある。

英語では、前者を定冠詞をつけて固有名詞とし(the Holocaust)、後者を普通名詞 (Holocaust) として区別している。動詞としても使用されることがある。

語源

ナチス政権のホロコーストによって殺害されたユダヤ人の数は、一般的に600万人とされる。それ以外にもロマ人、スラブ民族(特に戦争捕虜)、共産主義者、ポーランド人、身体障害者、同性愛者なども迫害され大量に殺害された。犠牲者の数には諸説あるが、900万から1100万人に上ると考えられている。

ホロコーストは「全部 (ὅλος holos)」+「焼く (καυστός kaustos)」に由来するギリシア語「ὁλόκαυστον holokauston」を語源とし、ラテン語「holocaustum」からフランス語「holocauste」を経由して英語に入った語であり、「丸焼きの供物」を意味する。

またここから派生した意味に「火災による惨事」があった。ホロコーストに相当するヘブライ語は「オラー (olah)」だが、特に「ナチスによるユダヤ人大虐殺」を指す場合は“惨事”を意味するショア (השואה) が用いられる。

かつて英語では「ジェノサイド」などが用語として一般的だったが、1978年アメリカNBC系列で放映された長編テレビドラマ『ホロコースト』が衝撃的な内容から社会的現象となり、以後この語が「ユダヤ人大虐殺」を表す言葉として普及した。

日本ではホロコーストを強制収容所におけるガス室を利用した大量殺戮に限定して議論することがあるが、多くの歴史学者は、ナチ政権が発足した1933年から、第二次世界大戦が終結した 1945年の間に、強制収容の結果として疫病の蔓延や飢餓が原因で大量死に至ったものや、不当な裁判による大量の処刑もホロコーストと呼んでいる。

ナチ政権による迫害と殺戮は、段階的に行われた。まず、第二次世界大戦の開始より数年前に、ドイツ国内でユダヤ人を社会から除外する法律が制定された。次に強制収容所が建設され、犠牲者はそこで死ぬまで奴隷労働をさせられている。

ナチス政権は東ヨーロッパで新たな領土を占領するたびに、アインザッツグルッペン(de:Einsatzgruppen)と呼ばれる特殊機動隊を使ってユダヤ人や抵抗勢力を公開銃殺刑にしてさえいる。

『ホロコースト』は広く世界で史実とされており、ドイツ、フランス、ポーランド、ポルトガル、チェコなど、ヨーロッパではホロコースト否定説は刑事罰の対象になる。特に加害者の立場であるドイツでは3ヶ月以上5年以下の懲役刑、被害が最も大きかったポーランドでは罰金または3年以下の懲役刑となるなど厳しい刑事罰があり、社会的にも最大のタブーとされる。

ポーランドなどではユダヤ人の総人口の9割がホロコーストで現に死滅しているため、ナチ政権による大量虐殺を史実として疑うことは常識上、ありえないとされる。

その一方で、イスラエルと対立するアラブ世界等直接ホロコーストに関わっていない国や地域においては、「第二次世界大戦中に米英とシオニストの流したプロパガンダに過ぎない」とこれを認めないこともある。また戦争中の混乱による事実関係の不明確さや疑わしさから、その実在を疑問視する言説は後を絶たない。(ホロコースト否認)。

例えばヒトラーの命令書や計画書、大量虐殺のためのガス室などが実際に発見されているわけではなく、ニュルンベルク裁判ではドイツ側のヘルマン・ゲーリング以下の被告が、虐殺そのものは真実だが、自分たちは大量虐殺に関与していないし、そんな事実も知らなかった。として無罪を主張している。

概略

1938年11月にドイツ全土とオーストリアでおきた水晶の夜 (Kristallnacht) 事件、1939年から1941年に優生学思想に基づいて実行された安楽死政策T4作戦をホロコーストのはじまりと定義する歴史家は多い。その後、第二次世界大戦の戦局の悪化に伴い、ナチス政権は絶滅収容所の導入など、殺害の手段を次第にエスカレートさせていったとされる。

ナチス党はとくにユダヤ人の殲滅(せんめつ)政策 (die Endlösung der Judenfrage 「ユダヤ人問題の根本解決」または die Reinigung, 「民族浄化」) を重要視して、約 500万から700万人のユダヤ人を虐殺したとされるが、「絶滅」が戦前から「計画」されていた目的であるのか、戦争突入後の状況変化による非計画的なものであったのかは、研究者によって意見が分かれる。

その一方で、「劣等民族」または「不穏分子」としてシンティ・ロマ人(約20万人)、ポーランド人(300万人のキリスト教徒と300万人のユダヤ人)、セルビア人(50万から120万人)、ロシア人、スラブ人、知的障害者、精神病者、同性愛者、黒人、エホバの証人、共産主義者、無政府主義者、反ナチ運動家なども殺害したとされる。

一部の研究者の中には、ユダヤ人の虐殺のみをもってホロコーストと呼ぶ者もいるが、実際にナチスによって殺害されたこれらマイノリティーの合計は、900万人とも1100 万人ともいわれる。

当時のドイツは、ヴェルサイユ体制に対する不満と世界恐慌以来の経済破綻によって、ヴァイマル憲法の民主主義に対して失望が広がり、ナチスが政権を獲得していた。ドイツは産業、技術、科学、教育などの各分野において、世界で最も進んだ国の一つでもあった。

ユダヤ人でホロコースト研究の第一人者として知られるラウル・ヒルバーグ教授は「ユダヤ人絶滅の全作業を担った官庁はなかったし、特定の機関が創出されることもなく、特定の予算も割かれなかった」と計画性や統合性のなさを指摘している。)

また、西ヨーロッパ諸国における「ユダヤ人狩り」は現地の治安機関によっても実施され、多数の民間協力者が存在したことも否定し得ない事実で、ヨーロッパ諸国に広く根付く反ユダヤ主義がホロコーストをこれだけ大規模にしたと言える。

ドイツのあらゆる官僚組織が、この大量殺戮計画に協力した。教会や内務省は、国民の戸籍を当局に提出して、ユダヤ系の国民を特定させた。祖父または祖母に三人以上のユダヤ人をもつ者は例外なく強制収容所送りの対象者とされた。

郵便局はユダヤ人の家庭に強制退去命令を送った。財務省はユダヤ人の財産を没収した。企業は、ユダヤ人労働者を解雇して、ユダヤ人の株主の権利を無効とした。

大学は、ユダヤ人の新入生の入学や、在学中の生徒に学位を授与することを拒否した。運輸省は、大量のユダヤ人を強制収容所に送るための列車を手配した。当時、ドイツ国内でこうした政策を公然と批判したり、ユダヤ人をかばったりする宗教団体や大学、労働組合などは皆無だったという。

当初ナチ党の対ユダヤ人政策で具体的に目指されたのは、まずユダヤ人を強制収容所やゲットーなどに集合隔離し、その後ドイツの勢力圏外へ大量の強制移住によって追放する計画(マダガスカル島が候補地とされていたというマダガスカル計画など)であり、劣悪な輸送環境と移送先の過酷な気候によって大多数が死滅するだろうという漠然とした予測をもって立案されていた。

しかしそれは1940年以降、対英仏・対ソ戦局の推移に伴って追放予定地がドイツ支配圏内に入るか移送自体が非現実的となり、ドイツ国外のゲットーへの隔離と1942年7月から開始された強制収容所に於ける奴隷労働を通した絶滅及び毒ガス・一酸化炭素・排気ガス等を用いた労働に適さない者への「間引き」、そして組織的殺戮へと計画は変更されたと言われている。

ナチス政権は、ダッハウをはじめとするドイツ国内の「強制収容所」の他に、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所をはじめとする「絶滅収容所」をポーランド領内に建設し、ユダヤ人をこれらの「強制収容所」及び「絶滅収容所」に収容した。

とりわけ「絶滅収容所」には、ユダヤ人の大量殺人を目的とする「ガス室」が設けられた。「ガス室」では、「ツィクロンB」と呼ばれる毒ガスを使って、約600万人(正確な数は分かっていない)ものユダヤ人殺害されたとされる。ユダヤ人の遺体は焼却炉をフル稼働して焼却処分され、それに伴う死体運搬等の労働はユダヤ人が命ぜられた。遺体は全て焼却し残っていないとされる。

とくに被害が大きかったのが中央および東ヨーロッパであり、1939年当初のユダヤ人人口は七百万人であったが、そのうち五百万人がホロコーストで殺害されたとされる。その内訳は、ポーランドで三百万人、ソビエト連邦で百万人、またオランダ、フランス、ベルギー、ユーゴスラビア、ギリシャなどでも数十万が犠牲になった。

ホロコーストの背景には、「アーリア人の民族的純血の厳守」というナチス政権の社会政策があると言われる。これは、白人至上主義者であるアルテュール・ド・ゴビノーの思想や、優生学、社会ダーウィニズムの影響を受けたものであった。

すなわち「命に値しない命」(Lebensunwertes Leben)を根絶やしにして、民族的純血を保つ適者生存こそが、アーリア人の天才性を高める、自然の摂理にかなった、崇高な使命であるとされた。そのため、ナチスはホロコースト以前にもドイツ国内で身体障害者や精神障害者を20万人も安楽死させるT4作戦を実行している。

ヒトラーはその著書「我が闘争」や演説で

「我々の社会は危機に瀕している。悪戯に弱者や病気の者に助けの手を差し伸べて、適者生存の原理に背いてしまったためだ。」「世界中のユダヤ人は、我々アーリア人の純血を汚そうとする陰謀を張り巡らせている。これを阻止するには、組織的に彼らを狩り出し、社会から除外するしかない。」

と繰り返し述べている。そのようなプロパガンダを盛んに行い、ドイツ国民を洗脳した。それが第二次世界大戦中の極限状態の中で歯止めがきかずエスカレートして、ホロコーストに至ったと考えられている。

絶滅収容所における大量虐殺までの経緯

ナチス政権誕生以前のユダヤ人移送計画

18世紀以降、啓蒙主義の浸透によって解放されたユダヤ人の社会的地位向上と西欧社会への同化が進むにつれて、反ユダヤ主義は宗教的なものから人種的なものへと変質した。

19世紀後半になると、ユダヤ人の同化と地位向上によってひき起こされた「ユダヤ人問題」の根本的解決を訴える論調が盛んになり、社会ダーウィニズムに基づく疑似科学的な人種論によって組織的なユダヤ人迫害への理論的な基礎が置かれた。(既にユダヤ人は血統的・言語的に居住国に同化している場合がほとんどであることから、あくまで“疑似”人種・民族論である)

例えばナチスがニュルンベルク法で制定したユダヤ規定も、ユダヤを人種としてではなく宗教(ユダヤ教徒)として分類している。これらの論議においてはしばしばユダヤ人の辺境への追放が真剣に論じられ、マダガスカルをはじめギアナ、アラスカ、ニューギニアなどに大量移住させることによってヨーロッパからユダヤ人を除く計画が立てられた。

これらの議論・運動は、ドイツ及びナチスに限定したことではなかったことは覚えておく必要がある。つまりイギリスやフランス、スペイン、ポーランド、ロシアその他、ヨーロッパの各国において見られ、特にポーランドなど東欧の反ユダヤ主義は残虐を極めた(関連項目ポグロム参照)。ワイマール政権下のドイツはユダヤ人には比較的開放的で許容度も高かったため、ユダヤ人はドイツに多くなったとされる。

またユダヤ人自身も19世紀後半から隆盛を迎えたシオニズムに基づく独自のパレスチナ移住(植民)運動を展開した。これら運動はナチ党政権成立後の1933年以降統一され、ドイツ系ユダヤ人全国代表部によってさらに進められた。イギリス支配下のパレスチナへの移住は「アラブの反乱」が起きた後の1937年まで制限されておらず、ユダヤ人移住制限措置が取られた後も不法移民は絶えなかった。

ナチ党政権成立から第二次大戦勃発までに十数万人以上のユダヤ人がパレスチナに移住している。ナチ党の理論指導者の一人であるアルフレート・ローゼンベルクは1937年の著書『Die Spur des Juden im Wandel der Zeiten』の中で、「ドイツのユダヤ人の集団が毎年パレスチナに移送されるであろう、そのためにシオニズムは強力に支援されねばならない」 (p.153) と述べている。

ナチス政権の誕生

1933年1月30日にアドルフ・ヒトラー率いるナチス党がドイツの政権をとった。ほぼ同時に、ドイツ国内の52万人のユダヤ人に対する迫害と強制退去がはじまった。ヒトラーは、自叙伝「我が闘争」にユダヤ人に対する憎しみや、政権につけば直ちにユダヤ人を政治や文化社会から追放する心づもりを述べているが、それが実行される形となった。

政権が誕生すると、まずユダヤ人の思想家や科学者が大量に国外へ脱出した。1933年には、国家公務員法、医療法、食料法などが改正され、ユダヤ人は公務員や医療、農業に従事できなくなった。次に1935年にニュルンベルク法が制定され、8分の1までの混血をユダヤ人と規定し、公職は追放、企業経営は禁止、ユダヤ人の市民としての生活権を否定した。

1938年11月9日には水晶の夜事件がおこり、ナチス党員・突撃隊がドイツ全土のユダヤ人住宅、商店地域、シナゴーグなどを襲撃、放火した。

ゲットーへの収容

1939年9月のポーランド侵攻直後から、「ユダヤ人問題」の直接的解決が実行され、まずユダヤ人をゲットー(ユダヤ人街)への囲い込みが始まった。翌1940年11月には400,000 人が住むワルシャワ・ゲットーが壁と有刺鉄線で囲まれて交通が遮断された。

これはワルシャワ市の全人口の30%に相当するが、ゲットーそのものの敷地はたった2.4%であった。各部屋に平均9.2人が住んでいたという。1942年7月からゲットー住民の強制収容所移送が始まり、1943年4月19日より親衛隊少将ユルゲン・シュトロープの指揮下、ワルシャワ・ゲットー蜂起に対する掃討作戦が行われる。

ゲットーへの囲い込みから収容所移送までの間に移住計画や収容所建設など親衛隊当局による絶滅の準備が行われたが、劣悪な衛生状態と食糧事情から既にこの期間に多くの犠牲者が出ている。1941年だけでも、ワルシャワ・ゲットー住人の十人に一人(4万3千人)が腸チフスなどで死亡した。

また、シンティ・ロマ人(ジプシー)の放浪が禁止されて登録とゲットーへの囲い込みが行われたのもこの期間であった。1942年7月19日にハインリッヒ・ヒムラーは強制移送の命令を下すが、その後僅か60日足らずでワルシャワ・ゲットーの住民30万人が強制収容所へ移送された。多くのゲットーは、空になった。

1942年9月には、ポーランドなどのゲットーで反乱がおこるが、ドイツ軍により速やかに鎮圧された。首謀者は処刑または強制収容所送りとなった。ドイツ政府はこれを「東への移住」と呼んだ。

マダガスカル計画の破棄

1940年6月頃、ドイツのフランスに対する勝利の後、国家保安本部第IV局(ゲシュタポ)B4課(ユダヤ人問題担当)課長の親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンは、フランスからのマダガスカルの割譲を見越した国家保安本部長官ラインハルト・ハイドリヒの命令によってユダヤ人のマダガスカル移住計画を作成したが、「あしか」作戦の失敗によって英本土占領の見込みが失われ、移送のための船舶・航路の確保は絶望的となったためこの計画は廃棄された。

これ以降「ユダヤ人問題」解決策は海外への移住から東方占領地域への移送、さらには移送先での強制労働を通じた絶滅へと進展した。この決定に従ってユダヤ人は、生産活動にとって無価値な老人、女子、子供は移送の後に殺害され、労働に耐える者はなるべく過酷な労働環境で軍需産業に従事させ、死亡させるという方針がとられることになった。マダガスカル計画は、少なくとも1941年2月までヒトラーが破棄していなかったとする見解もある。

ヨーロッパ東部における組織的殺戮

このような計画とは別に、独ソ戦の開始の翌日1941年6月23日以降、進撃するドイツ軍に追随してハイドリッヒの国家保安本部の移動特別部隊(アインザッツ・グルッペン)が戦線後方の占領地域に展開し、現地のラトヴィア人、リトアニア人、ベラルーシ人の協力を得て、ユダヤ人住民を組織的に殺戮した。この一連の作戦において最も悲惨な例が1941年9月29日・30日に起きたキエフ近郊のバビ・ヤールでのユダヤ人の大量殺害である。

ユダヤ人は移住させるから集合せよとの布告で無警戒に集められ、入り組んだ地形を利用して先頭で行われる殺害を隠蔽し、長い列になったユダヤ人 37,000 人をアインザッツ・グルッペンがこの2日間で次々に射殺した。それ以降も同地は1943年8月まで使用されている。

銃撃による大量殺害は銃撃する親衛隊員に過重な精神的な負担を負わせることとなった。このことから、その他の方法が考案され、1941年9月3日、アウシュヴィッツ第一収容所でソ連兵捕虜に対して毒ガス・ツィクロンBによるガス殺が初めて行われたとされる。

また、戦線の後方でのこれらのことは、悲惨な出来事を見聞きしたドイツ国防軍上層部、あるいはショル兄妹事件のように一般のドイツ兵の中にも政権に対する疑問を拡大させることになった。

ヴァンゼー会議と「ユダヤ人問題の最終的解決」

1941年末になると、ヒムラーや国家保安本部長官ラインハルト・ハイドリヒは「ユダヤ人問題の解決」に進展がないといらだちを募らせた。彼らは、ドイツ領内から一刻も早くユダヤ人を取り除きたいと考えたが、これにはゲーリングや軍部から反対があった。

ユダヤ人は、軍事工場などで貴重な労働力となっていたからである。ハイドリヒは、移送計画を推進するため、1942年1月20日、ベルリンの高級住宅地アム・グローセン・ヴァンゼーにある邸宅(現在ヴァンゼー会議博物館)で関連省庁の次官級会議を開催した。そこでは「ヨーロッパのユダヤ人問題の最終的解決」について討議された。

アドルフ・アイヒマンの作成したとされる議事録によると、会議でヨーロッパに住むユダヤ人1,100万人という数がハイドリヒによって確認され、その「最終的解決」なるものが決定された。ドイツ領内には230万人のユダヤ人、ハンガリーには85万人, 他の占領地域には110万人、ソビエトには500万人の合計650万人を、アウシュビッツなどの強制収容所に列車で送る計画が承認された。

労働力として役に立つものは、しばらくは生かしておくが、最終的には全員抹殺するというのである。議事録には直接的に殺戮を意味する表現は全く使われていないが、その他のナチ党関連文書においても使用されている「強制移住」、「特別措置」などの語を大量殺戮を意味する隠語と解釈するのが通説である。ただし、この会議に関する公式文書は存在しない。だが、公式な議事録がアドルフ・アイヒマンによって作成されその存在は確認されている。

絶滅収容所

概要

ドイツ国内には既に戦前からダッハウやザクセンハウゼンなどの強制収容所が存在し、それらの収容所は当初は比較的小規模であり、政治的敵性分子や西側の捕虜などが比較的多く収容されていた。後に収容者たちの労働によって拡張され、ユダヤ人だけでなく、ロマ人その他の人々が雑多に収容され、収容者はのべ20万人を超える。

ダッハウはとくに、薬草農園労働と、生体医学実験で有名である。同地には43年に「バラックX」と呼ばれる死体焼却炉付きガス室が建設されたが、完成せず実用には至らなかったと言われる。

しかし、このことはガス処分がなかったことを意味するのみで、墓地その他の調査によれば、実験による感染、郊外での銃殺などにより、労働強制収容所だったはずのダッハウから数万人の組織的大量虐殺(ホロコースト、ただしユダヤ人以外をも多く含む)が始まった事実は揺るがない。

絶滅を目的とした収容所としては1942年からアウシュヴィッツ=ビルケナウ・トレブリンカ・マイダネク・ベウジェツ・ソビブルなどの収容所が次々と完成し、ゲットーや占領地域から多くのソ連人捕虜・ユダヤ人が送り込まれた。

アウシュヴィッツ強制収容所には大規模な軍需工場が付置され、多くの付属収容所を従えた一大生産基地を形成していた。その他の多くの収容所は僻地(へきち)に建設され収容者数も多くなかった。

ラインハルト作戦と呼ばれるポーランド=ユダヤ人絶滅作戦に沿って作られた収容所ではほぼ全員が直接ガス室に送り込まれたとされる。とくにトレブリンカ強制収容所の犠牲者は群を抜いて多く、およそ90万人がそこで殺されたという。

「死の行進」

1944年中ごろには、「最終計画」はおよそ完成していた。ナチスが容易に手に届く範囲のユダヤ人社会は、ほぼ全て殲滅された。ポーランドではユダヤ人の約90%、フランスでは25% が殺害された。5月にヒトラーは、演説で「ドイツ国内と占領領土におけるユダヤ人問題は解決した」と豪語した。

1944 年後半になると、殲滅計画を続けることは難しくなった。ドイツ軍はソビエト連邦やバルカン半島、イタリアから撤退を余儀なくされ、同盟国の日本とイタリアも敗戦色が強くなった。

ロシア軍が東ポーランドの強制収容所に接近すると、囚人はドイツ国内の収容所に移された。アウシュビッツも閉鎖されたが、収容所の記録によると、最後の囚人は13人の女性だったが、みな"unmittelbar getötet"(直接殺害)されたという。

証拠を隠滅するために、ユダヤ人は収容所から収容所へ食料もなく雪の中を無理に移送「死の行進」(death march)されたが、その過程でさらに10万人死んだ。

解放と終戦

収容者に比べて管理する親衛隊の看視兵数は非常に少なく、またしばしば敵機が飛来したことから戦況の悪化が収容者にも知られ、ソビブルとトレブリンカでは蜂起が発生したが、いずれも鎮圧された。

トレブリンカではこのとき少数ながら脱走に成功する収容者が出たため閉鎖され、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に統合された。

その他の収容所も、アウシュヴィッツの収容能力が上がったため同様に統合された。東部占領地域の収容所は証拠を残さぬよう徹底的に破壊された。90万人の死体が埋められたはずのトレブリンカでは、埋葬地の痕跡さえ残っていない。1944年7月23日マイダネク強制収容所がソ連軍によって解放され、1945年1月27日アウシュヴィッツも解放された。

アウシュヴィッツのガス室などの設備は前年の1944年10月に全て爆破されており、ソ連軍が到着した時、看視兵とともに移動できなかった病者や残留を希望した者など約7,000人の収容者を除けば、大量虐殺の証拠はほとんど隠滅されていたと言われる。ベルゲンベルセンでは捕虜6万人が保護され、死体1万3千体が遺棄された状態で発見された。

犠牲者の数

犠牲者について正確な資料が残されていないため、特に後期の犠牲者の数を推測するのは困難である。なお、ユダヤ人の定義は国や時代によって異なることに留意すべきである。

ソ連、ポーランド、ハンガリー、チェコスロヴァキア、ルーマニアといった東ヨーロッパの国々に犠牲者数が多い。このために、米ソ冷戦勃発後の、敗戦国ドイツに対するプロパガンダ宣伝も入っているという説もある。

例を挙げれば、終戦直後のニュルンベルク裁判においてソ連・ポーランド調査委員会はアウシュヴィッツで400万が死亡したと告発したが、現在では、これは誇張されたものであり、死亡者総数は100万から150万の間であるとされている。

カチンの森事件、ヴィーンヌィツャ大虐殺も、実際はドイツのヒトラー政権ではなくソ連のスターリン政権による大量殺戮であったが、ヒトラー政権の犯罪と誤認されていた。ただし、カチンの森事件はニュルンベルク裁判において裁かれておらず同裁判においてカチンの森事件に関してはナチスは無罪とされている。

   * ユダヤ人
   * 出身国別の犠牲者数
      o ドイツ: 165,000
      o オーストリア: 65,000
       o フランスおよびベルギー: 32,000
       o オランダ: 10,000以上
       o ギリシャ: 60,000
       o ユーゴスラヴィア: 60,000
       o チェコスロヴァキア: 140,000以上
      o ハンガリー: 500,000
      o ソ連: 2,200,000
       o ポーランド: 2,700,000
   * このほか
      o ルーマニアの沿ドニエストル地方におけるポグロムや特別行動部隊の掃討作戦による犠牲者: 200,000以上
      o アルバニア、ノルウェー、デンマーク、イタリア、ルクセンブルクなどからも収容所に移送されたユダヤ人がいた。(BENZ, Wolfgang. Der Holocaust. C.H. Beck 1995)
   * シンティ・ロマ人: 250,000
   * 同性愛者: 10,000から25,000
   * 精神障害者・重病人など: 20,000から30,000 (Wikipedia:en)
   * エホバの証人:約2,000

合計すると1100万人前後 (ユダヤ人600万人、非ユダヤ人500万人) となっている。

イスラエル建国を目指すシオニストたちは産業の基幹要員として、東欧在住のユダヤ人(アシュケナジム)の大半を占めるブルーカラー労働者を多く招き入れることを前提に国づくりを始めていた。

しかし、ホロコーストによって受け入れるべきユダヤ人がいなくなってしまったことによりもくろみが外れ、のちに中東系、東洋系ユダヤ人(セファルディム、ミズラヒム)の移民を多く受け入れることとなった。皮肉にもホロコーストは、ヒトラー政権が夢想だにしなかったユダヤ人国家の運命すら大きく動かしたと言えよう。

アウシュヴィッツの死亡者数についての諸説とその推移

ヒトラー政権下のドイツで最大規模であったアウシュヴィッツ収容所を解放したソ連は、しばらくの間、西側連合諸国のアウシュヴィッツの調査を許可しなかった。そのために、死亡者数については色々な説があるが、近年、客観的な研究結果を踏まえて死亡者総数は減少する傾向にある。

例えば、ニュルンベルク裁判では、ソ連の検察が「アウシュヴィッツで400万人が死亡した」と主張し、実際に1990年までアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所跡の記念碑には400万死んだと書かれていた。

だが1995年には完全に否定され、公式の記念館も全て150万に書き換えられた。しかし、その人数も完全な信憑性がある訳ではない。具体的な例を挙げれば、ユダヤ系の有名なホロコースト研究者ラウル・ヒルバーグは、自著「ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅」の中でアウシュヴィッツで死亡した収容者は「125万人」と推測している。

ユネスコの2007年6月28日のリリースで犠牲者は「120万人」としている。また、否定主義者ではない研究者の中で最も少ない人数を挙げているのは、ドイツのFritjof Meyerである。彼は、ガス室で死亡したのは35万人であると主張している。(アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に詳細)。

さらに詳しく → ホロコースト




私はホロコーストを見た(上): 黙殺された世紀の証言1939-43私はホロコーストを見た(上): 黙殺された世紀の証言1939-43
(2012/08/23)
ヤン・カルスキ

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ホロコースト ナチスドイツ 第二次世界大戦 大量虐殺

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2514-d6c4b16e
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。