コンソリデーテッド PBY "カタリナ" (Consolidated PBY "Catalina")

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2013/01/05(土)
*



PBYはアメリカ合衆国のコンソリデーテッド・エアクラフト社が開発した飛行艇である。愛称は「カタリナ(Catalina)」。

1935年に初飛行、第二次世界大戦中アメリカ海軍を始めとして、連合国各国で対潜哨戒、沿岸警備、海難救助などに用いられた。コンソリデーテッドの他にボーイング社でも生産され、それらはPB2Bの形式名で呼ばれた。

開発

アメリカ海軍における哨戒用飛行艇として、1933年よりXP3Y-1(社内名称:モデル28)として開発が開始された。1935年3月に初飛行し、同年6月に量産発注がなされ、PBY-1の名称が付けられている。名称変更は哨戒機「P」から哨戒爆撃機「PB」 への分類変更によるものである。

機体

双発のレシプロ機であり、主翼はパラソル配置(胴体から離れた高翼単葉)となっている。主翼端にフロートを持つが、これは格納式で、飛行中は主翼と一体となり、空気抵抗を減じている。水平尾翼は垂直尾翼の中ほどにあり、垂直尾翼は方向舵の比率が高い。

運用

1937年からアメリカ海軍で部隊配備が開始され、哨戒任務のほか救難任務にも使用された。第二次世界大戦においても活躍し、アメリカ海軍のほか、アメリカ陸軍航空隊、アメリカ沿岸警備隊、そして連合国のイギリス、カナダ、オーストラリアなどでも使用され、日本でも草創期の海上自衛隊に少数が短期間だけ配備された。

太平洋戦争(大東亜戦争)開戦直前の1941年12月7日には、マレー作戦に参加する上陸部隊を乗せた輸送船団の上空護衛を行っていた日本陸軍の97式戦闘機が、哨戒中のカタリナを(正式な開戦の前であったが)撃墜した。これは同戦争における最初の連合国軍の損失であった。

第二次世界大戦後には多くが民間に払い下げられ、アメリカやブラジル、カナダなどで旅客機として使用されたものもある他、消防機としても用いられている。

各型

XP3Y-1:試作機。
PBY-1:初期量産型。60機生産。
PBY-2:水平尾翼の改修。50機生産。
PBY-3:エンジンをR-1830-66(900馬力)に換装。66機生産。
PBY-4:エンジンをR-1830-72(1,050馬力)に換装。33機生産。
PBY-5:エンジンをR-1830-90(1,200馬力)に換装。垂直尾翼後縁を直線状に変更。胴体左右の後部銃座の風防をスライド式から大型ブリスター型へ変更し、射撃範囲を拡大。684機生産。英軍名称 Catalina Mk.I。
PBY-5A:機首下面および胴体側面に引き込み式の車輪を装備。水陸両用機となる。802機生産。英軍名称 Catalina Mk.III。
PBY-6A:レーダーを増備。水陸両用機。安定性向上のため垂直尾翼を大型化。175機生産。
PB2B-1:PBY-5のボーイングでの生産型。
PB2B-2:PBY-6Aのボーイングでの生産型。67機生産。
OA-10:陸軍航空隊向けの機体。
OA-10A:PBY-5Aに準拠した機体。
OA-10B:PBY-6Aに準拠した機体。

要目(PBY-5A)

全長:20.1m
全幅:31.7m
全高:6.2m
自重:9.5t
エンジン:P&W R-1830 レシプロエンジン 2基(推力:1,200馬力)
最大速度:時速280km
航続距離:3,790km
乗員:9名
武装:12.7mm機銃2門、7.7mm機銃3門、爆弾等最大1,800kg

さらに詳しく → PBY (航空機)




日本の飛行艇日本の飛行艇
(2007/09)
野原 茂

商品詳細を見る
関連記事

タグ : PBY カタリナ 第二次世界大戦中 アメリカ海軍 コンソリデーテッド・エアクラフト

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2509-79a8214e
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ