アメリカン180 (American-180)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/10(月)
*



アメリカン180(American-180)は、1960年代に開発された短機関銃である。パンマガジンと.22LR弾を使用する。そのコンセプトは第二次世界大戦以前に設計されたCasull Model 290に基づいている。

当時としてはあまりに高価だったため、Casull Model 290はわずか80挺のみが製造されるに留まった。アメリカン180はこれを改良したものであった。

半自動射撃のみの派生型、アメリカンSAR180/275はオレゴン州リドルのE&L製造によって製造されている。

概要

アメリカン180は一般的なブローバック機構によって動作し、パンマガジンとオープンボルトを備えている。発射速度はおよそ1200発/分と比較的早い。

アメリカン180は、民間市場向けの短機関銃製造が禁止される以前に、アメリカの民間銃器市場にて流通していた。ユタ州矯正局(Utah Department of Corrections)では、看守用装備としてアメリカン180を購入している。

アメリカン180を用いたテストにより、.22LR弾という比較的弱い銃弾であっても、ある一点に繰り返し射撃を加えればコンクリートや防弾チョッキを貫通しうることが証明された。ただし実際には、固定されていない標的の一点に対して集中射撃を加える事は極めて難しいとされる。

諸元

重量
    2.6 kg (5.7 lb) empty
    4.5 kg (10 lb) loaded with 177-round magazine
全長 900 mm (35.5 in)
銃身長
    470 mm (18.5 in)
    229 mm (9 in) (short barrel)
弾丸 .22LR弾
    .22ショートマグナム
作動方式 ブローバック, オープンボルト
発射速度
    1200 発/分 (.22 LR)
    1500 発/分 (.22 Short Magnum)
装填方式 165発、177発、220発、275発着脱式パンマガジン
照準 固定アイアンサイト、レーザーサイト

さらに詳しく → アメリカン180




[完全版]図説・世界の銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ)[完全版]図説・世界の銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ)
(2010/08/31)
床井 雅美、小林 宏明 他

商品詳細を見る
関連記事

タグ : アメリカン180 アメリカン-180 サブマシンガン 短機関銃

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2497-1b3b6d28
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。