ファテフ110 (Fateh-110、فاتح-۱۱۰‎)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2012/09/29(土)
*

ファテフ110 (波: فاتح-۱۱۰‎、英: Fateh-110、「征服者」) は、固体推進剤を使った一段式の地対地ミサイルであり、少なくとも 200km の射程を持つ短距離弾道ミサイル。これは固形燃料の推進剤を含め、イラン国内で生産されている。

イラン航空産業機構では、固形および液体推進剤を使った多くのタイプを生産可能である。イランは2002年9月にファテフ110の最終飛行テストを成功させた。

その何週間後かの9月半ば、航空宇宙産業機構はファテフ110の量産工場を開いた。ミサイルの射程は当初は 200 km だったが、2004年9月には 250 km に伸び、必要ならばさらに伸ばすことも可能だと発表された。

歴史

イラン・イラク戦争の後、イランは精密な短射程のミサイルの必要性を認めた。なぜなら、Zelzalや Naze'atロケットは誘導システムが無く、非常に命中率が悪かったからだ。かくして、中国製の CSS-8 短射程ミサイル 200 本が1989年に調達された。

しかし、これは期待したほど射程が長くなく、また図体が大きい割に比較的実弾頭重量が軽く、イランの要求を満たすものではなかった。そこで、誘導システム付きの短射程ミサイルを設計・生産するよう Shahid Bagheri Industries に注文が出された。

開発は1995年に始まり、Zelzal 2が設計のベースに選ばれた。伝えられるところでは、シリアも開発に参加し、M-600 という自国バージョンを作った。北朝鮮もミサイルをいくつか入手している。最初のテストは2002年に行なわれて成功し、ミサイルは生産段階に入った。

2004年、射程を 250 km に伸ばしたバージョンが公開された。これは輸出用に作られたものかもしれない。
シリアは、2004年に公開されたバージョンをベースにして、2008年時点でまだ自国の M-600 の生産を続けようとしているようである。2010年にイスラエルのマスコミが伝えたところでは、シリアは数百本の M-600 ミサイルをヒズボラに提供してきている。

2010年にイランは「ファテフ110 第3世代」と呼ばれる新バージョンをテストした。イラン国防軍需相のアフマド・バヒディは、その精密性・射程・反応性・貯蔵性が自国の各所で向上すると述べた。そしてイランのテレビは、テストの光景と今後の影響を報じた。しばらくの後、ミサイルはイスラム革命防衛隊に配備された。ミサイルの射程は 300 km とされた。

2011年にイランは、ハリジ・ファルス(英語版)と呼ばれる初の対艦ミサイルを公開した。これは明らかにファテフ110をベースにしており、その最新バージョン同様、射程は 300 km である。

設計

ミサイル本体は Zelzal 2 と非常に似ており、いずれも直径 610 mm、長さ 8.86 m である。

安定板は 3 組ある。4 枚が噴射口近くの下端に付き、そのすぐ上に 4 枚の三角形の安定板が付き、さらに先端の円錐部近くに 4 枚の小さな安定板が付いている。それら 3 組の安定板のうち、先端部のものは可動式だとする情報もある。

諸元

重量 3,450 kg
全長 8.86 m
弾体直径 0.61 m
弾頭 1
エンジン 固体推進剤(一段式)
搭載容量 500 kg(高性能爆薬もしくはクラスター爆弾)
行動距離 300 km
速度 マッハ 3.5
誘導方式 慣性および電子光学的端末

さらに詳しく → ファテフ110




ミサイル不拡散 (文春新書)ミサイル不拡散 (文春新書)
(2007/01)
松本 太

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ファテフ110 地対地ミサイル

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2458-a1f26be9
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ