ニューポール24 (Nieuport 24)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/17(金)
*



ニューポール24(Nieuport 24)は第一次世界大戦期のフランス、ニューポールの戦闘機である。設計主務者はギュスターヴ・ドラージュ。

設計と開発

ニューポール 24は成功作であったニューポール 17の発展型で、機体の特徴は主翼が一葉半(セスキプラン)である事とそれを支えるV字型の支柱、曲線的な垂直尾翼である。空気力学的に改善された形態の胴体と丸い翼端を持ち、尾部は小さな固定式のひれと曲線形の方向舵を採用していた。

尾橇は内部にばねを持ち、それ以前のニューポール機に比べて露出が少なかった。ル・ローン製の130馬力ロータリーエンジンを装備した軽快な戦闘機であった。

実際に使ってみると新しい尾部には問題があることが判明した。そのため生産型の大部分は、胴体と翼は24のままとし、尾翼と尾橇は17のタイプに戻して方形の方向舵としたニューポール 24bisとなった。新型の尾部はニューポール 27において実用化された。

ニューポール 24bis.はイギリス海軍航空隊のためにイングランドでも生産された。

ニューポール 17の標準武装(フランス軍のヴィッカース同調機銃1挺、イギリス軍のフォスター銃架によって上翼に置かれたルイス機銃1挺)は重量増大を防ぐためそのまま継続され、良好な性能が維持された。ただし高等練習機として使用された24の多くでは武装は取り外された。

運用歴

ニューポール 24と24bis.は1917年夏に生産ラインから現れてきた。しかし軽快な機体ではあったが被弾には弱かった為、スパッド製の戦闘機と交代し、新造機の多くは戦闘機訓練学校や、ロシア、イギリスなどの友好国に多数振り分けられ、また練習機としても運用された。

イギリスはS.E.5a戦闘機が不足していたため、1918年までニューポール機を活用した。フランスでも一部の部隊は1917年終盤までニューポールを使用した。また本機はナンジェッセ等のエースの乗機でもあった。

ニューポール高等練習機はアメリカによって購入され、1917年11月以降、フランスに置かれた飛行学校で使用されたが、その一部は24または24bisであったと考えられる。

日本では1917年(大正6年)に輸入され、ニ式24型戦闘機と呼ばれ、フォール教育団での教材となり、更に陸軍補給部、砲兵工廠、中島飛行機で量産された。1921年(大正15年)には甲式三型戦闘機に改められている。

諸元

乗員: 1
全長: 5.88 m
全高: 2.44 m
翼幅: 8.18 m
翼面積:
空虚重量: 354 kg
運用時重量: 544 kg
動力: ル・ローン 回転式空冷星型9気筒、90 kW (120 hp) × 1

性能

最大速度: 187 km/h
実用上昇限度: 5,550 m
上昇率: 5,000 mまで22分

武装

(フランス軍) ヴィッカース7.7 mm同調機銃 × 1
(イギリス軍) ルイス機銃 × 1(フォスター銃架による上翼装備)

さらに詳しく → ニューポール 24




仏独共同通史 第一次世界大戦(上)仏独共同通史 第一次世界大戦(上)
(2012/03/17)
ジャン=ジャック・ベッケール、ゲルト・クルマイヒ 他

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ニューポール24 第一次世界大戦

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2430-b3aa0296
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。