ドボワチン D.520 (Dewoitine D.520)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/07(土)
*

D.520は、フランスのドボワチン(ドボワチヌ)社によって開発され、第二次世界大戦で使用された戦闘機である。操縦性が優れておりMS.406の後継機として期待されたが、部隊配備が遅れ戦局を変える程の活躍は出来なかった。ドイツとの休戦後も生産が続けられ、ドイツ軍やイタリア軍で訓練用に使用された。

概要

1934年から開発が進められていたD.513、D.514を発展させた形で開発されたD.520は、MS.405の後継機として1938年10月に初飛行した。試験飛行の成績はあまりよくなかったが、エンジンの換装、ラジエーターの配置の変更、方向舵の改修等を行った結果、空軍の要求をクリアした為、1939年に量産型の発注を受けた。

D.520は、敵となったナチス・ドイツのBf 109よりは低速であったが操縦性で優れ、頑丈で扱いやすい機体でもあった為、実戦部隊では好評であった。しかし、生産工場でエンジンの整備や武装の調達が遅れたために生産が進まず、部隊配備が遅延した。そのため、部隊で使用され始めたのは1940年5月半ばからとなり、MS.406からの転換も十分に進まないまま休戦になってしまった。それでも、休戦までに437機が生産されている。

休戦後は、ヴィシー政府軍の戦闘機として使用された。また、ドイツ軍により生産が再開され180機程が生産された。一部の機体は、ドイツ軍やイタリア軍において訓練機として用いられた他、ブルガリアにも送られて防空戦闘に使用された。連合国によってフランスが解放された後は、連合国軍側にも多くの機体が参加した。戦後もフランス空軍において1953年9月まで本機は使用されていた。

スペック

全長:8.76 m
全幅:10.18 m
全高:2.56 m
全備重量:2,780 kg
エンジン:イスパノ・スイザ12Y-45 液冷V型12気筒 910 hp ×1
最大速度:529 km/h
上限高度:11,000 m
航続距離:998 km
武装
MAC 1934 7.5 mm機銃 ×4
イスパノ・スイザ HS.404 20 mm機関砲 ×1 (モーターカノン)
乗員:1 名

さらに詳しく → D.520




第二次大戦のフランス軍戦闘機エース (オスプレイ軍用機シリーズ)第二次大戦のフランス軍戦闘機エース (オスプレイ軍用機シリーズ)
(2002/06)
バリー ケトリー

商品詳細を見る
関連記事

タグ : D.520 ドボワチン 第二次世界大戦

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2409-5853c8fd
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。