エヘカトル (Ehécatl)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/03(火)
*

エヘカトル(西: Ehécatl)は、ハイドラテクノロジーオブメキシコが開発した(赤外線暗視システムは除く)初のメキシコ無人航空機である。

エヘカトルの名称はアステカ神話の風の神の名前が由来である。危険な空域においても安全を得られるようにとの縁かけでこの名前がつけられた。

沿革

エヘカトルの試作機は2007年6月19日に開催されたルブルジェのパリ航空ショーで初披露された。同年8月にはワシントンD.C.において275以上の出展があった国際無人機協会(AUVSI)のシンポジウムに実寸大模型が展示された。このシンポジウムにおいてハイドラテクノロジーはエヘカトルの開発でアルオーブ貢献賞(Al Aube Outstanding Contributor Award)を受賞し、初の米国企業以外の受賞者となった。

2008年、ハイドラテクノロジーはS4エヘカトルだけではなくE1ガビランの開発でもメキシコ国際航空会議(スペイン語の略称でCIAM)においてレオナルド・ダ・ヴィンチ賞を授与された。

2008年8月3日、ハリスコ州とCoecytjalはハイドラに全国電子工学・情報通信産業会議所(National Chamber of Electronics, Telecommunications and Informatics Industry,CANIETI)の第29回全国大会においてメキシコの情報・マイクロテクノロジー・通信技術への貢献を表彰された。

概要

エヘカトル無人航空機システムは2002年に開発が開始された。軍に警備および監視能力を提供し、市民を非常時に守る能力を市場に投入するつもりであった。小型かつ無人であるため、発見されずに危険空域に侵入できる。

アメリカ製のFLIR以外のすべての構成要素とアビオニクスはメキシコ企業であるハイドラテクノロジー社が開発・製造した。S4エヘカトルは昼夜かかわらず八時間以上の自動飛行が可能に設計された電子システムを有している。この機体の制御は地上にある三人乗りの車両に搭載された中央コントロール施設から行われる。

このUAVの監視能力がアメリカ=メキシコ国境での問題の調査に使用しようと提案された。この機体の開発計画は他にメキシコ政府、金融部門やCONACYT、グアダラハラ自治大学、西部工科および高等教育大学(ITESO)のような科学・学術機関などが参加した。

諸元

無人航空機
2007年12月に市場に下ろされたエヘカトルのバージョンはS4で初飛行は2006年
このシステムはメキシコ軍を含む軍用・民用の両用で開発された
最高速度90キロノット、最高運用高度は15,000フィート
高度2,438m以上の高地でも離陸することができる。
あらゆる天候・地形での運用が可能。
全データはジェネラル・ダイナミクス先進情報システムで統合される。
S4型は翼端長3.7m、最大離陸重量は54.43kg、ペイロード9.07kg

さらに詳しく → エヘカトル
外部リンク → Hydra Technologies(ハイドラテクノロジーオブメキシコ)




【ミリタリー選書8】軍用機ウエポン・ハンドブック (航空機搭載型ミサイル・爆弾450種解説)【ミリタリー選書8】軍用機ウエポン・ハンドブック (航空機搭載型ミサイル・爆弾450種解説)
(2005/11/07)
青木 謙知

商品詳細を見る
関連記事

タグ : エヘカトル Ehécatl メキシコ 無人航空機

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2407-aecebba1
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。