AH-IV

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2012/06/03(日)
*

AH-IV第二次世界大戦で使用された豆戦車である チェコスロバキアで開発されルーマニア、スウェーデン、イランなど数カ国に輸出され使用された。 特にルーマニア軍の車両は、バルバロッサ作戦からウィーン攻撃まで東部戦線で運用され、 最後に生き残った20台の車両は戦後にエチオピアに売られ80年代まで利用された。

概要

ČKD社はタンケッテvz.33の失敗を繰り返さないため、新型のAH-IVには強力な火力と周囲の視察能力と全周囲旋回可能な砲塔を持った。 車体は12mmと6mmの装甲版をリベットで組み立てられた。ドライバーは右側に座り、防弾ガラスと装甲シャッターで保護されている観察ポートを使い周囲を見る。2丁の機関銃のために3700発の弾薬を搭載している。無線機は装備されていなかった。

プラハ社の排気量3468リットルの水冷6気筒エンジンは2500rpmで55馬力(41 kW)の出力を発揮する。エンジンは戦闘室の後部にあり、ドライバ-や砲手の間をドライブシャフトを介して伝達され前方にある変速機とつながっていた。

エンジンの冷却空気は、砲手とドライバーのハッチから取り込まれるようになっており、これは銃の発砲によって車内にたまるガスを排気するのに便利であった。天候が非常に寒い場合には乗員に悪影響を与えた。

トランスミッションはプラガ·ウィルソン製のセミオートマチックで前進5段と後進1段である。サスペンションと片側4つの大きな転輪は38(t)戦車に使用されているものの小型版であった。接地圧は0.5 kg/cm2で1.5メートルの溝を越えることができ、0.5~0.6メートルの高さの障害物を乗り越え0.8メートルの段差を登ることができる。

諸元 (R-1)

重量 3.9トン
全長 3.2m
全幅 1.73m
全高 1.67m
要員数 2
装甲 6–12ミリメートル (0.24–0.47in)
主兵装 1 x 7.92ミリメートル (0.312 in) ブルーノVz.37重機関銃
副兵装 1 x 7.92ミリメートル (0.312 in) ブルーノZB26軽機関銃
エンジン 6気筒水冷 プラガRHP
    55馬力 (41 kW)
変速機 5速 プラガ-ウイルソン
懸架・駆動 リーフスプリング
行動距離 170キロメートル (110 mi)
速度 45キロメートル毎時 (28 mph)

さらに詳しく → AH-IV




【ミリタリー選書24】世界の傑作戦車 (戦場を支配する陸戦の王者)【ミリタリー選書24】世界の傑作戦車 (戦場を支配する陸戦の王者)
(2007/11/01)
山野 治夫

商品詳細を見る
関連記事

タグ : AH-IV 豆戦車 第二次世界大戦 チェコスロバキア

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2387-a8ba9aed
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ