アメリカ陸軍情報部の歴史

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/18(金)
*

情報機関(じょうほうきかん、Intelligence agency)とは、安全保障の目的で国内外の情報を収集・分析し、政府に報告することで政策立案に資する国家機関。情報収集の一環として合法・非合法の諜報活動を行う機関の総称であるが、国によってその任務や組織はさまざまである。

国内の情報収集、スパイ予防を任務とするものは防諜機関、国外の情報収集を主とするものを諜報機関(ちょうほうきかん)と分ける場合がある。またそれ以外にも、スパイ機関(すぱいきかん)、特殊機関(とくしゅきかん)、あるいは、特務機関(とくむきかん)とも呼ばれることもある。

情報機関の意義

政府の政策立案、軍隊の軍事戦略策定、警察の対テロリズム捜査などにおいて情報の優劣は効率的な戦略立案や活動計画にとって非常に重大な要素であり、特に政治や軍事の局面に大きく影響する。その情報面における優劣をめぐる競争、いわゆる情報戦に対応することが情報機関の大きな意義である。

特に敵対、友好関係に限らず他国の情勢など対外組織の内部事情に関する情報などは基本的に入手が極めて難しく、専門的な手段が必要となる。

他省庁との関係は国によって若干異なるが、おおむね情報機関は中央政府にこういった入手が難しい情報を収集する。そしてその情報を顧客(政府、軍隊など)のニーズを考慮して分析し、報告書として提供するために存在している。この任務に加え、入手した情報を流出させないための防諜を行う。

国によっては情報操作や印象操作を行い、また情報源となる人物を買収し、時には秘密裏に特定の組織に資金援助、軍事支援などを行う。ただしすべての情報機関がこういった活動を行っているわけではない。

情報機関として有名なものは、アメリカのCIA、同じくNSA、イギリスのMI5、同じくSIS、現ロシアSVR、ソ連のKGB、イスラエルのモサッドなどがある。

さらに詳しく → アメリカ陸軍情報部




大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)
(1996/05)
堀 栄三

商品詳細を見る
関連記事

タグ : アメリカ陸軍情報部 第二次世界大戦 情報機関 OSS

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2378-f1260114
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。