ドブルホフ WNF 342 (Doblhoff WNF 342)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/04/26(木)
*

ドブルホフ WNF 342(Doblhoff WNF 342)は、チップジェットを使用したローター駆動方式で離着陸を成功させた初のヘリコプターである。

用途:実験ヘリコプター
設計者:フリードリヒ・フォン・ドブルホフ(Frederich von Doblhoff)
製造者:ウィーナー・ノイシュタット航空(Wiener-Neustadter Flugzeugwerke)
初飛行:1943年
生産数:3機

開発

WNF-342は、小型艦船やUボートから運用できる偵察用機材を要求するドイツ海軍向けに設計された。通常のレシプロエンジンが小径の推進式プロペラ(方向舵への後流を発生する)、ローターヘッドと中空のローターブレードを通じてローター先端にある燃焼室へ空気(燃料と混合されて)を供給するエアコンプレッサーの双方を駆動していた。

派生型

V1/V2:最初の型の試作機のV1号機は出力60馬力 (45 kW)、V2号機は出力90馬力 (67 kW)のヴァルター・ミクロン製エンジンを搭載していた。1943年に初飛行し、V4号機と共にツェル・アム・ゼーにて連合国軍により鹵獲。
V3:より大径のローターを持つ2番目の型の試作機。試験飛行中に墜落。

V4:製作された最後の機体は新しいコレクティブピッチ制御とサイクリック制御を備えたTemplate:Clarify複座型であった。25時間の試験飛行を行った後で米軍に鹵獲され、1945年7月19日にラスティ作戦の一環として空母リーパーに船積みされて米国へ送られた。

現存機

V4号機がアメリカ合衆国のスミソニアン博物館に保存されている。

要目

(V4) Illustrated Encyclopedia of Aircraft

乗員:2名
主ローター直径:10.00 m (32 ft 9¾ in)
主ローター回転面積:78.54 m2 (845.42 ft2)
空虚重量:430 kg (948 lb)
全備重量:640 kg (1411 lb)
最大離陸重量:
エンジン:1 × BMW-ブラモ Sh 14A 空冷星型エンジン、104 kW (140 hp)
最高速度:48 km/h (30 mph)

さらに詳しく → ドブルホフ WNF 342(Doblhoff WNF 342)




世界で一番わかりやすいヘリコプター工学世界で一番わかりやすいヘリコプター工学
(2011/11/02)
西守騎世将

商品詳細を見る

タグ : ドブルホフ WNF342 チップジェット ドイツ ヘリコプター

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2368-80ff4c99
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。