バートル VZ-2 (Vertol VZ-2)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/19(月)
*



VZ-2はアメリカ合衆国で試験された垂直離着陸実験機。アメリカ航空宇宙局やアメリカ海軍と協力しつつ、アメリカ陸軍が発注した機体である。製造担当はバートル社。1機が製造された。

用途:VTOL機の研究
分類:実験機
製造者:バートル
運用者:アメリカ陸軍
初飛行:1957年8月13日
生産数:1機
運用開始:1957年
退役:1965年
運用状況:退役

概要

VZ-2は、ティルトウイング方式の実験機である。基礎実験機として、簡易な構造をしており胴体部などは外板がないフレーム構造のままであった。ターボシャフトエンジン1基を胴体中央上部に搭載し、駆動軸を通じて左右主翼各1基ずつの3枚ローターを回転させる。

大型ローターが取り付けられた主翼は、水平時の0度から上向き90度まで、迎え角を変えることができる。尾翼はT字尾翼であるが、ダクテッドファンが垂直・水平尾翼の双方に埋め込まれ、低速時ないしホバリング時の機体操作に用いられた。

陸軍は、1956年に4月15日に発注している。初飛行として、垂直離陸に1957年8月13日に成功し、垂直離陸から水平飛行への転換飛行は1958年7月23日に成功した。陸海軍は1960年まで試験を行い、その後はNASAが1965年まで試験した。

VZ-2は450回以上の飛行試験を行い、総飛行時間は50時間以上、転換飛行試験は273回を数え、うち43回では完全な転換飛行を行なっている。退役後は、国立航空宇宙博物館に保管されている。

なお、アメリカ空軍はほぼ同時期に同じくティルトウイングのX-18の試験を行っている。

要目

全長:8.05m
全幅:7.59m
全高:4.57m
エンジン:ライカミング YT53-L-1 ターボシャフトエンジン 1基(700hp)
ローター直径:2.90m
最大速度:340km/h
乗員:1名

さらに詳しく → VZ-2




ディスカバリーチャンネル Extreame Machines 垂直離着陸機の誕生 [DVD]ディスカバリーチャンネル Extreame Machines 垂直離着陸機の誕生 [DVD]
(2004/05/28)
ドキュメンタリー

商品詳細を見る
関連記事

タグ : Vertol VZ-2 垂直離着陸機 VTOL バートル

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2345-26118699
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。