FM mle1915軽機関銃(ショーシャ軽機関銃、Chauchat、Fusil-Mitrailleur mle 1915 CSRG)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2009/12/17(木)
*

FM mle1915軽機関(Fusil-Mitrailleur mle 1915 CSRG)は1915年にフランスで開発された軽機関である。

開発経緯

1903年に一歩兵が携帯できる有効な機関が無かったフランス軍内で新型機関の計画が持ち上がり、アメリカ陸軍軍人のアイザック・ニュートン・ルイス大佐やショーシャ中尉、及びフランス軍兵器局の提案で研究が始まった軽機関である。そのためFM mle1915は最初から自動小(当時フランスでは軽機関銃を自動小銃、Fusil-Mitrailleurと呼んでいた。mle1915は、1915年型の意味)としての使用を目的として開発された機関銃でもあった。

FM mle1915軽機関銃の登場

銃自体はハンガリー人銃技師のルドルフ・フロマーにより設計され、1908年に初期型の「C.S.自動小銃」を開発、その後1913年に弾薬に8 mm レベル弾を使用したC.S.自動小銃の改良型を完成させている。これらはその後徹底的にテストされ1915年にショーシャFM mle1915軽機関銃として開発され1916年にフランス軍で採用された。機関部はアメリカ人銃技師ジョン・M・ブローニングが発明したレミントン製ショットガンに取り入れられていた反動利用(ロング・リコイル)方式を使用し弾倉も 20発の半円型弾倉を使用している。グリップも現在のアサルトライフルで使用されているようなピストル式グリップを採用し、銃身の交換も容易であったとされる。全体重量は他の軽機関銃に比べると9kgと軽くその分射撃時の反動も大きかったが熟練の機関銃手によると問題にならなかったとされる。

mle1915は銃の部品から弾薬に至るまで、当時最先端工法であったプレス加工を取り入れ作成され、そのため銃自体の価格も他の機関銃と比べると安く大量に生産することが出来た。量産されたmle1915は第一次世界大戦中は世界各国に輸出され最も多く普及した機関銃の一つとなっている。

しかし大量生産からなる各部品の精度は低く、戦時中に使用されたmle1915は前線兵士の間では非常に不評であったとされる。発射速度は200発 /分と遅く、複雑な機関部と半円型の弾倉には側面側には弾薬が剥き出しに配置されているため泥やホコリが詰まりやすく、それが原因で頻繁に作動不良をおこした。その他にも銃身(バレル)の冷却機能もほとんど機能せず、銃身が冷却されるまで約300発以上(弾倉15個)の連続射撃が出来なかったと言われる。この問題に前線の兵士の間では解決策としてmle1915を射撃する場合3発ずつバースト射撃を行い、緊急時に限りフルオート射撃を行っていた。不具合が多発したmle1915は1917年の12月には生産を中止し、1920年以降には後継であるシャテルローFM mle1924/29軽機関銃に変更されている。

総生産数は約260,000丁とも言われ、生産されたmle1915は価格の安さからフランス軍以外に7ヶ国にわたって輸出され、各国の配備状況は以下の通り。

* アメリカ6,900(.30-06弾を使えるよう改造され実戦使用、『ショーショー』と呼ばれたが、不評だったのでBARに更新された。)
* ベルギー6,900
* ルーマニア7,200
* ロシア5,700
* セルビア 3,800
* ギリシャ3,900
* ポーランド 5,000

アメリカ軍でのFM mle1915軽機関銃

第一次世界大戦に参戦したアメリカ軍では、当初.30-06弾を使用できるようにしたルイス軽機関銃が配備されていた。しかしヨーロッパに到着すると、同盟国であったフランスから.30-06弾を使用できるように改良したmle1915を輸入し取替えてられている。これはルイス軽機関銃の開発者であり兵器課を担当していたルイス・アイザック大佐と上層部との不仲が原因であったとされる。 しかし、前線では欠点の多すぎるmle1915の代わりに元のルイス軽機関銃や鹵獲したドイツ製機関銃などを代わりに使用するようになり、余剰となった mle1915は大量に廃棄されている。

性能

口径 8mm
銃身長 470mm
使用弾薬 8mm×50R
装弾数 20発
作動方式 ロング・リコイル(反動利用)
全長 1.143mm
重量 9.07kg
発射速度 ~250発/分
銃口初速 700m/s

さらに詳しく → FM mle1915軽機関銃



武器・兵器でわかる太平洋戦争―科学技術の粋を集めた日米の兵器開発戦争 (学校で教えない教科書)武器・兵器でわかる太平洋戦争―科学技術の粋を集めた日米の兵器開発戦争 (学校で教えない教科書)
(2003/08)
太平洋戦争研究会

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ライトマシンガン CSRG フランス ショーシャ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/233-4ecd9c46
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ