ダネル NTW-20 (Denel NTW-20)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/19(日)
*



ダネル NTW-20(英: Denel NTW-20)とは、南アフリカ共和国のアエロテクCSIR社が開発したボルトアクションアンチマテリアルライフル(対物ライフル)である。

概要

見晴らしがよく広大な南アフリカの草原では、戦闘での対峙距離が長くなる傾向があり、長射程の火器が求められていた。これを受け、アエロテクCSIR社は同銃を開発、南アフリカの自由化後はダネル社により海外に輸出された。そのため、開発元がアエロテクCSIR社であるにも関わらず、ダネル社の名前で呼ばれることが多い。開発当初はARMと呼ばれていたが、14.5mmx114弾用のコンバージョンキット開発と共に改称された。口径によってNTW-20NTW-20/14.5に分類される。

特徴

特徴は個人武装用ライフルとしては最大級の弾薬を使用するという点である。20mmx82弾薬は、第2次世界大戦においてドイツのモーゼル社が開発した対空機関砲用の弾薬であり、大戦後もフランスのマニューリン社が生産を継続している。同じく使用弾薬である14.5mmx114弾も旧ワルシャワ条約機構で対空・対軽装甲車用重機関銃として開発されたKPV 重機関銃用の弾薬として採用されていたものである。また、DShK38重機関銃用の弾薬である12.7mmx107(M33)弾を使用可能とするコンバージョンキットも存在する。

構造はボルトアクション方式を採用しており、右側面のボルト・ハンドルを手動で回転させ、ロックおよび解除を行うことができる。箱型弾倉を採用し、弾倉内には3発の弾薬を収めることができる。弾倉は機関部の左側面に水平に装着する。また、ストックは大きな反動を軽減させるため内部に大型のショック・アブソーバーを組み込んである。

仕様

種別 対物ライフル
口径 20mm
銃身長 1000mm
使用弾薬 20mm x 82(NTW-20)
      20mm x 110(NTW-20)
      14.5mm x 114(NTW-20/14.5)
装弾数 3発+1
全長 1795mm(NTW-20)
    2015mm(NTW-20/14.5)
重量 26000g
有効射程 1500m(NTW-20/14.5)
       2300m(NTW-20/14.5)

さらに詳しく → ダネル NTW-20




南アフリカの歴史 (ケンブリッジ版世界各国史)南アフリカの歴史 (ケンブリッジ版世界各国史)
(2009/12)
ロバート ロス

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ダネル NTW-20 アンチマテリアルライフル 南アフリカ共和国 ボルトアクション

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2327-c7d53742
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。