T-6 テキサン (North American T-6 Texan)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2012/01/24(火)
*



T-6 テキサン (Texan;テキサス人の意)は1930年代から1960年代にかけて使用されたノースアメリカン社製の高等練習機。レシプロ単発。製造国アメリカの陸軍・海軍はもとより、イギリスやイギリス連邦諸国で使用され、第二次世界大戦後は日本を含むさらに多くの国で使われた。アメリカ陸軍ではAT-6、アメリカ海軍ではSNJ、英連邦諸国では「ハーヴァード」と称された。

概要

テキサンの初飛行は1935年4月1日。当初は基本戦闘練習機(Basic Combat)BC-1として採用されたが、この機種はまもなく高等練習機(Advanced Trainer)に統合され、本機もAT-6となった。AT-6は大量のパイロットの育成を必要としていた英連邦諸国からも多数の発注を受け早期から大規模な量産が行われた。操縦訓練だけでなく、対地攻撃、連絡、偵察、救難などに幅広く用いられ、1942年7月にはメキシコ沿岸でドイツ潜水艦の撃沈も記録している。

朝鮮戦争では、後席に陸軍の偵察員を乗せて前線の敵後方に回り込み、低空から戦闘爆撃の誘導を行う「モスキート・ミッション」にも従事した。この任務には当初T-6Fが使用されたが、途中からT-6Gを改装したLT-6Gに交替した。

フランスに供与されたT-6Gは、翼下にガンポッドやロケット弾を搭載しアルジェリア戦争で対地攻撃に用いられた。第二次世界大戦の終結後は、敵国であったドイツや日本にも提供され、最終的な使用国は40以上、生産機数は各型合わせて15,495機に及ぶ。

各型一覧

BC-1A / AT-6 / SNJ-1 / ハーヴァード2
AT-6A / SNJ-2:エンジン換装、翼内タンクの非インテグラル化
AT-6B / SNJ-3:陸海軍共通仕様のエンジンに換装
AT-6C / SNJ-4 / ハーヴァード2A:胴体後部を合板製に変更
AT-6D / SNJ-5 / ハーヴァード3:電気系統を改善し、全金属製に戻した。
XAT-6E:V型12気筒空冷エンジンに換装。1機のみ。
AT-6F / SNJ-6:装備改良型
T-6G / SNJ-7:後席の上昇、降着装置、プロペラの改善等
LT-6G:戦闘爆撃機誘導用の改装

仕様(AT-6A)

発動機:P&W R-1340-49(600hp)×1
乗員:2名
全幅:12.80m
全長:8.84m
全高:3.58m
翼面積:23.6 m²
自重:1,770kg
総重量:2,340kg
最大速度:338km/h
上昇限度:7,380m
航続距離:1,012km
武装:7.7mm機銃×2

自衛隊のT-6

1955年1月から自衛隊への供与が開始され、T-6Gを中心に航空自衛隊に167機、海軍型SNJが海上自衛隊に48機引き渡された。自衛隊では中間練習機として使用されたが、前輪式で航空自衛隊の初等練習機T-34 (航空機) ・海上自衛隊のKM-2と、高等練習機のT-33や実用機の間に尾輪式の本機の課程が挟まるのは非合理的であり、設計自体もさすがに時代遅れとなっていたため1960年代には後継機のT-1と交替して姿を消した。 退役後所沢航空発祥記念館にて0099号機が屋内展示されている。

さらに詳しく → T-6 (航空機・初代)




93式中間練習機93式中間練習機
(1998/11)
不明

商品詳細を見る
関連記事

タグ : T-6 テキサン 練習機

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2314-987456df
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ