NI 戦車 (Odessa tank、Танк НИ、オデッサ戦車)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2011/12/12(月)
*

オデッサ戦車ソビエト連邦の装甲車である。NIタンクTerorrタンクとも呼ばれる。

概要

本車は農業用トラクター(STZ-5トラクター)に装甲板と機銃や軽量な対戦車砲などを据えた即席の装甲車両である。
独ソ戦序盤に多くの装甲車両を失い、且つそれらの生産工場の疎開を余儀なくされ、目前に迫るドイツ国防軍に対し、装甲車両の投入が間に合わず、前線にてその場凌ぎで作られた。製造および実戦投入は現ウクライナ・オデッサで行われた。

生産と実戦

既に存在するトラクターに多少手を加えたに過ぎない為、生産は容易であり、68輌が生産された。とはいえ、その分構造的に相当無理をしている感じは否めない。速度は7km/hしか出ず、元々戦闘用ではない車体に装甲や兵器を搭載して無理矢理動かしており、稼動の度に酷い騒音が生じた。

搭載兵器はDT機銃の他、1-K 37mm対戦車砲、19-K 45mm対戦車砲などまちまちであった。しかし実戦に投入されると、本車を未知の戦車のように見たドイツ軍は驚き、一部の部隊を後退させることに成功した。

元より本車は生産後も戦闘よりも敵軍に重戦車のように見せての威嚇、擬装が主目的であった為、限定的には目的を達成したと言える。装甲はトラクターの馬力を辛うじて妨げないレベルのものであったが、小火器程度であれば耐える事が出来た。

さらに詳しく → オデッサ戦車




ソビエト社会主義共和国連邦の冬ソビエト社会主義共和国連邦の冬
(2011/11/28)
池田 伸哉

商品詳細を見る
関連記事

タグ : オデッサ戦車 NIタンク Terorrタンク ソビエト連邦

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2286-266d82e1
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ