コンソリデーテッド PB4Y-2 プライバティア (Consolidated PB4Y-2 Privateer)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/11/23(水)
*



PB4Y-2アメリカ海軍第二次世界大戦時に使用した哨戒・爆撃機である。愛称はプライバティア(Privateer:私掠船の意)。

開発

第二次世界大戦に参戦したアメリカ合衆国は、長距離哨戒機の増強に迫られていた。米海軍はボーイング社のXPBB飛行艇を長距離哨戒戦力として用いる予定であったが、同社のB-29の増産が優先されてXPBBは量産されなかった。米陸軍と米海軍の協議により、海軍向けに長距離哨戒機としてB-24を割り当てることとなり、1942年よりPB4Y-1シーリベレーターの名称で部隊配備を開始した。

PB4Y-1は優秀であったが、海軍はより洋上長距離哨戒に適した機体を求めた。コンソリデーテッド社では社内モデル100の名で、PB4Y-1の改良型としてPB4Y-2を開発することとなった。PB4Y-2は1943年5月より開発が開始され、試作機XPB4Y-2は9月に初飛行した。

尾部は大きく改設計され、B-24の特徴であった双垂直尾翼ではなく、背の高い単垂直尾翼となっている。PB4Y-1での運用経験から、高高度飛行関連の装備は省かれ、機体下部のスペリー13A球形銃塔を廃止、機体後方背部に12.7mmの連装機銃を持つ銃座を追加、機体後方側面銃座は機銃の連装化と、単尾翼化とも併せて射界の向上がなされるなどの設計変更を受けている。また、長距離飛行時の操縦士の負担を軽減すべく、搭乗員に航空機関士が追加された。

運用

1944年5月から実戦部隊に配備され、主に南西太平洋方面で活動した。日本本土への偵察にも投入され、1945年8月4日には東京上空にも飛来。PB4Y12 プライヴェティーアの名で、B-24の改良型であることや、シルエットがB-32に似ていることが報じられた。第二次世界大戦終結後も対潜哨戒任務で使用された。

各型

ASM-N-2 BATを主翼下に搭載したPB4Y-2B
XPB4Y-2:試作機
PB4Y-2B:ASM-N-2 BAT誘導爆弾搭載機
PB4Y-2G:沿岸警備隊向け
PB4Y-2K:無人標的機型
PB4Y-2M:気象偵察機型
PB4Y-2P:写真偵察機型
PB4Y-2V:レーダー増備型

主要目

全長: 33.53 m
全幅: 22.73 m
全高: 8.88 m
主翼面積: 97.36 m²
全装備重量: 28,123 kg
乗員: 11 名
発動機: P&W R-1830-94 空冷星型 14気筒 1,350 hp ×4
最高速度: 400 km/h
航続距離: 4,232 km
実用上昇限度: 5,580 m
武装    ブローニングM2重機関銃 × 12丁(連装6基)
      爆弾 3,630kg

さらに詳しく → PB4Y-2 プライバティア




名機の翼コレクション VOL.2 戦術輸送機 対潜哨戒機 海上 自衛隊 食玩 エフトイズ(全10種フルセット)名機の翼コレクション VOL.2 戦術輸送機 対潜哨戒機 海上 自衛隊 食玩 エフトイズ(全10種フルセット)
()
エフトイズコンフェクト

商品詳細を見る
関連記事

タグ : PB4Y-2 コンソリデーテッド・エアクラフト 哨戒機 爆撃機 アメリカ海軍 第二次世界大戦

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2266-f84cef08
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。