対戦車ミサイル "ミラン" (Anti-Tank Light Infantry Missile "MILAN"、Missile d´infanterie léger antichar)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2011/11/11(金)
*



ミランは第2世代の対戦車ミサイルで、この名称はフランス語「Missile d´infanterie léger antichar(歩兵用軽対戦車ミサイル)」に由来する。1962年に開発が始められ、1971年に完成、1972年からの採用である。誘導は半自動有線指令方式で、発射機を目標に照準することで誘導される。MIRA赤外線照準装置により、夜間での射撃も可能である。歩兵が運用するほか、車載型もある。フランスとドイツの協同開発だが、ライセンス生産はイギリスのブリティッシュエアロスペースのほかスペインとインドでも行われている。

派生

ミラン:成形炸薬弾頭(1972年)
ミラン 2:成形炸薬弾頭(1984年)
ミラン 2T:タンデム成形炸薬弾頭(1993年)
ミラン 3:タンデム成形炸薬弾頭
ミラン ER:射程距離を延伸

性能諸元

ミサイル直径 125mm
ミサイル全長 1200mm
ミサイル重量 7.1kg
射程 400~2000m
誘導方式 半自動有線指令
飛翔速度 200m/秒

さらに詳しく → ミラン (ミサイル)  半自動指令照準線一致誘導方式




フランス革命―歴史における劇薬 (岩波ジュニア新書)フランス革命―歴史における劇薬 (岩波ジュニア新書)
(1997/12/22)
遅塚 忠躬

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ミラン対戦車ミサイル 半自動指令照準線一致誘導方式

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2254-5f3759a7
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ