C-46 コマンドー (Curtiss-Wright C-46 Commando)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2011/11/02(水)
*





C-46(Commando)はカーチス・ライト社が製造したアメリカ合衆国の輸送機である。

概要

史上最大のピストンエンジン双発機である。原型機はDC-3に対抗するためにカーチスが開発した旅客機CW-20である。DC-3に対抗するために、客室の容量を40%ほど大きくした太い胴体にして36座席の旅客数で上まわるという計画であった。

そのために重量は45%ほど増加した。客室を与圧することも考慮して胴体の断面構造はダルマ型にされたが、与圧装置は装着されることはなかった。大きい客室容量はアメリカ陸軍の興味をひき、軍用輸送機C-46として採用された。原型機CW-20は双尾翼の機体であったが、単一の尾翼に改められ、エンジンは強力なR-2800ダブル・ワスプが採用された。

第2次大戦では、3000機以上が生産されて、DC-3の輸送機型C-47とともにアメリカ軍輸送機の主力となった。C-47に比べると、2000馬力級の強力なエンジンを積んでいるため、性能はまさっていたが、一方で機体側、特に電気系統の故障率が高かったとも言われている。

ATC(航空輸送コマンド)が1942年6月に編成され輸送任務の需要が急増すると、大出力エンジンを装備するC-46が前線の山岳地帯や南大西洋横断に投入されるようになった。中でもインドのアッサムからヒマラヤ山脈を越えて中国の昆明に物資を輸送する「ハンプ超え」が特筆される活躍であった。高さ7,000m級の山々を飛び越える輸送ルートは、与圧キャビンや排気タービンを持たない輸送機には苦難の連続だったが、C-47とともにこの作戦を成功させた。

太平洋戦争後の1954年に日本の航空自衛隊にも供与され、1978年まで使用された。途中、損耗補充のため中華民国軍から12機を購入。日本で退役した際に供与分の残存機体は米国へ返納され、払い下げを受けた民間業者の手で千島経由、米本土へ帰還しており、その一部は現役で飛んでいる。

C-46は、所沢航空記念公園、航空自衛隊入間基地、航空自衛隊浜松広報館(エアーパーク)、航空自衛隊美保基地などで野外展示されている。また、航空自衛隊で使用していた機種のエンジン(R-2800)は、航空科学博物館で展示されている。

要目

C-46D)

全巾:32.9 m
全長:23.27 m
全高:6.63 m
エンジン:プラット・アンド・ホイットニー R-2800-51ダブル・ワスプ18気筒星型
出力:2× 2,000 HP
空虚重量:14,696 kg
最大離陸重量:23,129 kg
最大速度:394 km/h
巡航速度:281 km/h
実用上昇限度:8400m
航続距離:1932 km

C-46A)

翼面積:126.3 ㎡
自重:13.6t
航続距離:2200 km
乗員:5名
輸送人員:50名
別名「空のデゴイチ」、1959年12月時点の航空自衛隊の保有数47機

さらに詳しく → C-46(Commando)




飛龍/DC‐3・零式輸送機 (ハンディ判図解・軍用機シリーズ)飛龍/DC‐3・零式輸送機 (ハンディ判図解・軍用機シリーズ)
(2001/01)
雑誌「丸」編集部

商品詳細を見る
関連記事

タグ : C-46 コマンドー 輸送機 カーチス・ライト アメリカ軍

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2245-9e79912b
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ