大日本帝国 降伏文書調印式 (Japanese Instrument of Surrender)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/22(土)
*



降伏文書(こうふくぶんしょ)とは、1945年(昭和20年)9月2日、日本と連合国との間で交わされた休戦協定(停戦協定)の名称。

概要

東京湾上のアメリカ戦艦ミズーリ前方甲板上において調印された。日本側は、天皇および日本国政府の命により、かつ、その名において重光葵外務大臣が、また大本営の命により、かつ、その名において梅津美治郎参謀総長が署名した。連合国側は連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーのほか、アメリカ合衆国代表、中華民国代表、イギリス代表、ソビエト連邦代表、オーストラリア代表、カナダ代表、フランス代表、オランダ代表、ニュージーランド代表が署名した。内容は以下のとおり。

・日本軍全軍へ無条件降伏布告。全指揮官はこの布告に従う

・日本軍と国民へ敵対行為中止を命じ、船舶・航空機、軍用非軍用を問わず財産の毀損を防ぎ連合国軍最高司令官及びその指示に基づき日本政府が下す要求・命令に従わせる

・公務員と陸海軍の職員は日本降伏のために連合国軍最高司令官が実施・発する命令・布告・その他指示に従う 非戦闘任務には引き続き服する

・ポツダム宣言の履行と、そのために必要な命令を発しまた措置を取る。

・天皇及び日本国政府の国家統治の権限は本降伏条項を実施する為適当と認める処置を執る連合国軍最高司令官の制限の下に置かれる

・日本政府と大本営は捕虜として抑留している連合軍将兵を即時解放し必要な給養を受けさせる

・休戦に伴う軍事措置


さらに詳しく → 降伏文書  日本の降伏  梅津美治郎




原爆を投下するまで日本を降伏させるな (草思社文庫)原爆を投下するまで日本を降伏させるな (草思社文庫)
(2011/06/02)
鳥居民

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 太平洋戦争 降伏文書調印式 大日本帝国 大東亜戦争 梅津美治郎 戦艦ミズーリ ダグラス・マッカーサー

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2234-a5b97c17
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。