シャルンホルスト級巡洋戦艦 (Schlachtschiff der Scharnhorst-Klasse)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/23(月)
*



シャルンホルスト級巡洋戦艦( - きゅう じゅんようせんかん)とは1935年のヴェルサイユ条約の軍事条項破棄後に建造されたドイツ海軍の軍艦の艦級。

名称

ドイツ海軍は巡洋戦艦(Schlachtkreuzer)という類別を自国艦には使用しなかったため、正式には本級はシャルンホルスト級「戦艦」(Schlachtschiff der Scharnhorst-Klasse)であり、厳密には「巡洋戦艦」の表記は誤りである。

主要海軍国の戦艦と比較した場合、より俊足な代わりに甲板装甲や水雷防御が劣り、主砲口径も小さい事から、当時の主敵であったイギリス海軍は本級をグナイゼナウ級巡洋戦艦(Gneisenau class Battlecruiser)と分類していたが、その同盟国のアメリカ海軍では、本級をドイツ海軍の類別どおり戦艦(BB)として分類していた。

概要

D級装甲艦

計画当初は基準排水量2万トン未満で、前級と同じく主砲は28.3cm砲6門のまま速力と防御力に重点を置いた艦として設計され仮称「D級装甲艦」と命名された。1930年に本級は「基準排水量19,900トンで主砲28cm砲6門、15cm単装砲8基、速力30ノット以上。装甲は8インチ(203mm)砲に対し9,000mの砲戦距離で耐える」という案が採用され、建造が開始された。

船体はドイッチュラント級以来の独特の工夫が設けられ、艦底部から艦首と艦尾が斜めに立ち上がった分の重量を軽減できるカットオフ方式を採用し、舵は主舵と副舵を装備した(イタリア海軍ではヴィットリオ・ヴェネト級において副舵を採用している)。船体の断面図は逆台形型で、艦低部と水線下部は三重底になっており、多少の浸水ならばここで受け止められる構造となっていた。

だが、ドイッチュラント級装甲艦に対抗するという名目で、フランスが中型戦艦ダンケルク級を発表し、1931年から建造に着手した事により、「既存の設計では対抗できず」として当艦も対抗して大型化することになった。しかし、設計当時は未だヴェルサイユ条約の制限が壁となり、計画案は水面下で研究が行われた。排水量は19,500トン~38,000トンから、主砲は28cm~38cmまでの口径が検討され、砲塔搭載方式も連装、3連装、4連装まで研究された。

その中には「28cm4連装砲2基、19,900トン、34ノット」「35cm3連装砲2基+同連装砲1基、20,400トン、33ノット」「38cm連装砲2基、15,000トン、30ノット」等の設計案が検討された。しかし、どんなに設計は行っていても机上の空論であり実際に建造しないことには国防の役にも立たない事は明白で、その為にはヴェルサイユ条約の破棄が必要であった。

シャルンホルスト級

1935年のヴェルサイユ条約の破棄を受け、建造が一時中断されていた本級は基準排水量26,600トン、速力30ノットの中型戦艦として計画が再開始された。艦型の大型化に伴い主砲塔数を原設計の2基から3基に増加し攻撃力を向上させている。

また、当初搭載予定の新型ディーゼル機関は、信頼性と高速発揮に不安があるために搭載を見送り、前大戦時からの技術的蓄積がある重油専焼高圧缶とタービン機関の組み合わせに変更された。船体の基本構造は設計期間短縮の為に第一次世界大戦時に設計された巡洋戦艦マッケンゼン級の設計を一部流用、しかし、ドイッチュラント級で採用された「舷側・艦底部の3重構造」や巧妙な機関配置は継承されず対艦防御・水雷防御を結果的に低下させた。

艦形

竣工時のシャルンホルストは前級と同じく艦首形状がほぼ垂直に近いもので凌波性に問題があり、公試時に高速航行を行ったときには艦首で砕けた波の飛沫が前部主砲塔はおろか艦橋に飛び散り漏水による障害が出たため、公試後に再びドック入りして艦首を強く傾斜させたアトランティック・バウへ改修され完工した。この時、建造途中であったグナイゼナウは改設計を実施したため完工はグナイゼナウの方が早かった。

この改修により艦の全長は元設計よりも若干延長された。だが、凌波性は改善されたとはいえず、今度は錨鎖穴に波が吹き込んで甲板から噴水のように海水が飛び出し主砲塔や艦橋に吹きかかる問題が発生したため、錨鎖穴は塞がれて艦首にフェア・リーダーが付けられた。しかし、この度々の小改装でも完全に凌波性の問題は解決せず、1番主砲塔まで波が飛んで主砲塔装備の測距儀が使用不能となるなどトラブルは慢性的なものとなった。

武装

主砲

当初、本級の主砲は前級に引き続き「SK C/28 1928年型 28cm(52口径)砲」を三連装砲塔に収めて3基9門搭載するはずであったが、設計途中にダンケルク級の舷側防御は12インチ(305mm)との情報が入ったため、既存の28cm砲では攻撃力不足と判断され急遽38cm連装砲3基搭載に設計が変更された。しかし、38cm砲の開発には時間が掛かる事が予測され、本級の竣工時には砲身の調達が間に合わず、戦力的価値が皆無となる恐れがあった。

幸い、後になってダンケルク級の舷側装甲が実は10インチ以下との情報を入手できた事もあり、主砲には再び28cm砲搭載に戻した。だが、この間に大砲製造技術が発達した事により、前級の主砲の改良型で長砲身となった「1934年型 28cm(54.5口径)砲」が開発され、これを搭載する設計に改められた。本級の竣工後に38cm砲の開発が出来たら折を見て主砲塔ごと換装する予定であったが結局の所は果たされなかった。

その「1934年型 28cm(54.5口径)砲」の性能は前級の300kgから重量弾化された重量315kgの徹甲弾を最大仰角40度で40,000 mまで届かせる能力を持っていた。主砲身の俯仰・砲塔の旋回・砲弾の揚弾・装填は主に電力で行われ、補助に人力を必要とした。

俯仰能力は仰角は40度で統一されたが俯角は艦首側の1番・2番主砲塔が8度、艦尾側の3番主砲塔のみ9度で異なっていた。旋回角度は首尾線方向を0度として左右150度の旋回角度を持つ。発射速度は前級の毎分2.5発から3.5発と発射間隔が短くなっていた。

砲威力では射程20,000mで舷側装甲225mmを、射程15,100mで舷側装甲335mmを容易く貫通する性能を持っており、イギリス海軍の巡洋戦艦レナウン級に対し射程20,000mで舷側装甲を破ることができ、戦艦クイーン・エリザベス級やリヴェンジ級に対しても射程15,000m以下まで接近すれば舷側装甲を破る能力を持っていた。

副砲、その他の備砲および雷装

副砲配置は「D級装甲艦」時はドイッチュラント級装甲艦と同じ「SK C/28 1928年型 15cm(55口径)速射砲」を採用した。 その性能は45.3kgの砲弾を初速875m/秒で仰角35度で22,000mまで届かせるものであった。

これを単装砲架で8門の設計であったが、「シャルンホルスト級」への設計段階で副砲門数を5割増しの12門とし、内8門を新設計の連装砲塔に収めて4基と単装砲架で4基の変則配置と変更された。副砲配置は連装砲塔は艦橋の左右に連装砲塔を1基ずつとカタパルトの左右に1基ずつの計4基、単装砲は船体中央部の舷側甲板上に背中合わせに片舷2基ずつの計4基とした。

この配置方式により、前後方向に最大4門、左右方向に最大6門が指向できた。しかし、この連装砲塔と単装砲架が混在する特異な配置のため、発射速度や荒天下での操作性に差異が生じたようで成功した配置とはいえず、後の「ビスマルク級」では全て連装砲塔形式で6基に統一された。

他に対空用として「1933年型10.5cm(65口径)高角砲」を装備した。これは15.8kgの砲弾を仰角45度で17,700 m、最大仰角80度で12,500mの高度まで到達させた。旋回と俯仰の動力は電動と人力で行われ、左右方向に360度旋回でき、俯仰は仰角80度、俯角10度であった。発射速度は毎分15~18発だった。

これを連装砲形式に収め、船体中央部煙突の両脇の高所に3基ずつ、3番主砲塔の背後に1基の計7基装備した。また、近接対空火器として「3.7cm(83口径)機関砲」を連装砲架で8基、2cm(65口径)高射機関砲を連装砲架で5基搭載した。なお、グナイゼナウのみ1940年頃に53.3cm3連装水上魚雷発射管を装備した。位置は水上機揚収クレーンの下部、両舷に1基ずつ計2基である。

機関

本級の機関配置は基本的には第一次大戦時の巡洋戦艦と同様に機関室前方にボイラー室、後部にタービン室を収める全缶全機配置方式である。だが、その中身は前大戦時より大きく進歩している。ドイツの船舶用機関技術は第一次大戦前までは連合国の後塵を拝していたが、第一次大戦後の苦しい開発状況の中から高温高圧缶と高性能タービン機関を急速に開発していた。

作動蒸気の高温・高圧化は燃料消費率の減少と機関重量の軽減につながるが、反面として機関の信頼性低下につながる。しかし、ドイツは前者の利点を重視して開発を進めた。 その甲斐あって新開発されたのが本級から採用されたワグナー式重油専焼高圧缶である。その蒸気条件は50気圧・450度もの蒸気を使用できる高性能ボイラーである。

搭載方法は「田」の字型に4基一組として、前部と中央部に一組ずつ計8基、閉鎖区画を隔てて後部に一組4基の順で計12基を配置した。また、ボイラー室の周りを囲むように発電機室と補助機関室が配置され、被弾時には主ボイラーを守る設計であった。そのボイラー室の後部にギヤード・タービン3基を納めたが、機関室は3列に分けることは出来ず、前後に大きく2分割されて設置されている。

前側は左舷側タービンと右舷側タービンを中央隔壁で隔てて計2基を配置、隔壁を隔てて後側に中央軸用タービンを1基配置した。3本のタービン軸は船体最後部で3つのスクリューが横一列に並ぶようにされており、この形式は後継であるビスマルク級にも受け継がれている。なお、タービン形式はシャルンホルストがブラウン・ボベリー式、グナイゼナウはゲルマニア式で異なっていた。

防御

本級の防御要求性能は「33cm砲弾に対し、距離15,000m~20,000mで耐えうるもの」を目標として、防御装甲は水線面より上の狭い範囲のみ350mmの装甲板を貼り、水線面下部は170mmにテーパーしていたが、主装甲の範囲は上下幅が短く、舷側防御の大部分を覆うのは僅か45mmでしかない装甲板で、巡洋艦はおろか大型駆逐艦の主砲に対しても充分な防御力とはいえなかった。

また、対水雷防御はマッケンゼン級の時代には石炭庫が水密区画において浸水を防御する充填材の役目を果たしていたが、重油を使用する近代戦艦ではその手は使えず、間隔の開いた二層の水密区画の背後に45mm装甲を艦底面まで伸ばして妥協していた。

防御面においては主舷側装甲350mmは船体の前後の長大な範囲を覆い、ダンケルクの33cm砲に対して23,000mまで接近させなければ耐えるもので要求性能を満たしており、格上のフッドやレナウン級の搭載する38.1cm砲に対しても17,700mまで接近されなければ耐えられる優秀なものであった。

しかし、前述の通り主装甲帯の上下幅は短く砲戦距離の短い前大戦時の戦闘ならば有効な防御性能を示したであろうが、砲戦距離が延伸した第二次大戦型の戦闘では敵の砲弾はドイツ海軍の想定する主装甲帯よりも高所に被弾する傾向にあった。この場合、弱体な45mm舷側装甲帯に砲弾が降り注ぐ事により大損害を実戦で負っている。ここから判るように本級の防御は第一次世界大戦型の防御様式からさほど進化しておらず、水平防御は原案よりは若干強化はされているものの、「大口径砲による大落下角砲弾、もしくは高空からの水平爆撃」には充分ではなく、水中弾や大型魚雷への防御は考えられていなかった。

ちなみに、結果的に計画より重量が増大したがために喫水が低くなり、主装甲部分が水面下に伸びる事になったが、水面上の主装甲部分はわずか1.2メートルになってしまった。

ちなみに、「名称」の欄の記述の通りその防御力の弱さから、本級はしばしば巡洋戦艦に分類されている。しかし通常の巡洋戦艦における防御力の弱さは、装甲厚が自艦の主砲弾に耐えるには薄いことによる。本級の場合は主装甲の厚さ自体は自艦の主砲弾に耐えるにはむしろ余裕があるほどであるが、本級の主装甲帯の装甲範囲の上下幅が短いために舷側の大部分の防御が手薄になってしまうため防御力が低くなり、他には例が見られない。他国においては、フランスのダンケルク級戦艦や日本の大和型戦艦のように、装甲区画の短縮によって重量低減を図っている。

評価

本級の存在理由である「ダンケルク級への対抗」を考察してみると、結果的には不十分だったとしか評価できない。その理由は紆余曲折の末に28cm砲を採用した事により、対艦攻撃能力が3万トンもの排水量を持つ同世代の同クラス艦に比べて著しく低下しているからである。第一次世界大戦では「ドイツの11インチ砲・12インチ砲は英国の15インチ砲に匹敵する」と、カイザー自ら宣伝していたが、これは砲弾を軽くし装薬を多くして初速を稼げば近距離(5,000~8,000m)での貫通力で15インチ砲に匹敵する威力が得られ、砲戦距離の短い時代では主砲口径が小さくとも実戦では通用したのである。

しかし、この種の大砲は砲戦距離が伸びるに従って砲弾の失速が激しく、敵艦の垂直装甲を貫通できずに弾かれる傾向にある上に、砲弾自体の重量が軽く設定しているため落下速度を稼げないので水平打撃力は日本製14インチ砲弾にも劣る。そのため、砲戦距離が20,000m台に伸びた第二次世界大戦時の砲戦では11インチ砲は主力艦級との砲戦には能力不足なのである結局ダンケルクより5cmも小さい口径の主砲を採用せざるを得なかったところに本級の問題点があった。

なお、実戦においてはダンケルク級との交戦機会はなく、通商破壊艦としての用途が中心であった。建造時に想定した用途に使用される事が結果的に無かったというのは本級に限った話ではないが、であるからこそ、戦闘艦艇の設計は汎用性を考慮に入れる必要がある。本級の場合はダンケルク級への対抗を第一に設計して、しかもそれが果たせず、性能的に歪な艦になってしまったのが最大の問題点であった。

ただ、本級の性能面の歪さはあるものの、第一次世界大戦後に大型戦艦の建造が国際法上で禁止されたドイツにとって、初めての大型艦として、後のビスマルク級の習作という評価もあり、本級やドイッチュラント級建造で培われた技術は、ビスマルク級戦艦にも断片的に活かされる事になった。

性能諸元

排水量 基準 31,500トン
    常備 35,550トン
    満載 38,900トン
全長 235.4 m(772 ft)
水線長 226 m (741.5 ft)
全幅 30 m (98.4 ft)
吃水 9.69 m (31 ft 9 in)
機関 ワグナー式重油専焼高圧水管缶12基
    ブラウン・ボベリー式ギヤードタービン
    (グナイゼナウはゲルマニア式)
    3基3軸推進
機関出力 160,000hp
(安定時出力:125,000hp) 
最大速力 33.0ノット
航続距離 19ノット/8,400海里
    17ノット/10,000海里
燃料
乗員 士官56名、兵員1,613名
兵装 28.3cm(54.5口径)3連装砲3基9門
    15cm(55口径)連装砲4基8門+同単装砲4基計12門
    10.5cm(65口径)連装高角砲7基14門
    37mm(83口径)連装高射機関砲8基16門
    20mm(65口径)連装高射機銃5基10門
    (グナイゼナウのみ:533mm水上魚雷発射管4連装2基8門)
装甲 舷側:350mm(VP部、水線部より上部)
    170mm(水線部より下部)
    45mm(第1~第2甲板舷側)
    甲板:95mm(主甲板)
    95mm(第2甲板)
    50mm(第1甲板)
    105mm(水線下傾斜部)
    主砲塔:360mm(前盾)
    200mm(側盾)
    180mm(後盾)
    180mm(天蓋)
    副砲塔:250mm(前盾)
    50mm(側盾)
    50mm(後盾)
    50mm(天蓋)
    バーベット部:280mm
    司令塔:300mm(側盾)
    200mm(天蓋)
    350mm(覗き窓枠)
    220mm(扉)
艦載機 アラド Ar 196a水上機 3機
    カタパルト2基

さらに詳しく → シャルンホルスト級巡洋戦艦




呪われた海―ドイツ海軍戦闘記録呪われた海―ドイツ海軍戦闘記録
(2001/04)
カーユス ベッカー

商品詳細を見る
関連記事

タグ : シャルンホルスト級巡洋戦艦 ドイツ海軍 第二次世界大戦 グナイゼナウ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2158-85c4fde8
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。