二人の「よしこ」 - 川島芳子(愛新覺羅顯㺭)と山口淑子(李香蘭)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/18(金)
*







川島 芳子(かわしま よしこ、1907年5月24日 – 1948年3月25日)とは清朝の皇族粛親王の第十四王女である。本名は愛新覺羅顯㺭(あいしんかくら けんし)、字は東珍、漢名は金璧輝、俳名は和子。他に芳麿、良輔と名乗っていた時期もある。

粛親王の顧問だった川島浪速の養女となり日本で教育を受けた。1927年にパプチャップ将軍の二男で蒙古族のカンジュルジャップと結婚したが3年ほどで離婚した。その後上海へ渡り同地の駐在武官だった田中隆吉と交際して日本軍の工作員として諜報活動に従事し、第一次上海事変を勃発させたといわれているが(田中隆吉の回想による)、実際に諜報工作をやったのかなど、その実態は謎に包まれている。

戦後間もなく中華民国政府によって漢奸として逮捕され、銃殺刑となったが、日中双方での根強い人気を反映して現在でも生存説が流布されている。

生涯

生い立ち

川島芳子こと愛新覺羅顯シは粛親王善耆の第十四王女として光緒33年4月12日(西暦1907年5月24日)、北京の粛親王府に生まれた。生母は粛親王の第四側妃。粛親王家は清朝太宗ホンタイジの第一子粛武親王豪格を祖とし、建国の功績により親王の位を世襲することが認められた親王家だった(一般の皇族の爵位は一代ごとに親王 →郡王 → 貝勒と降格してゆく)。

字の「東珍」は、日本へ養女にだす際に、東洋の珍客として可愛がられるようにとの願いをこめて粛親王がつけたもの。また漢名の金璧輝は兄金壁東からとったもので、当初は壁だったが、後に芳子本人が璧を用いるようになった。(金壁東の「壁」は「東方の防塁」となれという意味を込めて粛親王がつけたもの)。

顯シの養父となる川島浪速は、信州松本藩士の子として生まれ、外国語学校支那語科で中国語を学び、1900年の義和団の乱で陸軍通訳官として従軍。日本軍の占領地域における警察機構の創設を評価され、日本軍の撤退後も清朝から雇用され、中国初の近代的警察官養成学校である北京警務学堂の総監督に就任した。

これが縁となり、川島は警察行政を管轄する工巡局管理大臣(後に民政部尚書)粛親王善耆と親交を結んでいた。当時粛親王は日本をモデルにした立憲君主制による近代化改革を目指しており、清朝を保全してロシアの南下を防ごうとする川島浪速の意見に共感した粛親王は、以後急速に川島浪速との関係を深めていく。

1911年に辛亥革命が勃発すると、清朝宮廷内部では主戦派と講和派に分かれて議論が繰り広げられたが、隆裕皇太后が講和派の主張に傾き1912年2月に皇帝退位を決断。退位に反対する粛親王善耆、恭親王溥偉ら皇族は北京を脱出して復辟運動を行った。

粛親王は日本の参謀本部の保護を受けて旅順に逃れ、その後家族も川島浪速の手引きで旅順に移った。粛親王一家は旅順では関東都督府より旧ロシア軍官舎を提供され、幼い顕シも日本へ行くまでの数年間をそこで過ごした。

川島芳子として

やがて粛親王が復辟運動のために日本政府との交渉人として川島を指定すると、川島の身分を補完し両者の密接な関係を示す目的で、顯シは川島浪速の養女とされ芳子という日本名が付けられた。

1915年に来日した芳子は当初東京赤羽の川島家から豊島師範付属小学校に通い、卒業後は跡見女学校に進学した。やがて川島の転居にともない長野県松本市の浅間温泉に移住し、松本高等女学校(現在の長野県松本蟻ヶ崎高等学校)に聴講生として通学した。松本高等女学校へは毎日自宅から馬に乗って通学したという。

1922年に実父粛親王が死去し、葬儀参列のために長期休学したが、復学は認められず松本高女を中退した。17歳で自殺未遂事件を起こした後、断髪し男装するようになった。 断髪した直後に、女を捨てるという決意文書をしたため、それが新聞に掲載された。

芳子の断髪・男装はマスコミに広く取り上げられ、本人のもとへ取材記者なども訪れるようになり、この時期のマスコミへの露出が、後に“男装の麗人”像が昭和初期の大衆文化の中で形成される大きな要因となった。

芳子の端正な顔立ちや、清朝皇室出身という血筋といった属性は高い関心を呼び、芳子の真似をして断髪する女性が現れたり、ファンになった女子が押しかけてくるなど、マスコミが産んだ新しいタイプのアイドルとして、ちょっとした社会現象を巻き起こした。

満洲国建国の影で

女を捨てた決意文書と断髪・男装から2年が経った1927年に、芳子は関東軍参謀総長だった斎藤恒の仲人で、旅順のヤマトホテルで蒙古族の巴布扎布(パプチャップ)将軍の二男カンジュルジャップと結婚するが、夫の親族となじめず家出し、3年ほどで離婚した。

離婚後に上海に渡った芳子は、1930年に上海駐在武官の田中隆吉少佐と出会い交際するようになる。田中の回想によると、当時田中が上海で行っていた諜報活動に関わるようになったという。また、芳子は後に国民党行政院長だった孫科(孫文の長男)とダンスホールで接触し国民党内部の情報を入手し、この件で孫科は失脚したという。

1931年9月に関東軍の石原莞爾が日本政府の承認を得ないまま張学良軍を独断で攻撃した満洲事変を引き起こし、11月には清朝最後の皇帝だった愛新覚羅溥儀が、関東軍の要請を受けて天津から満洲へ脱出する。芳子はこの時、溥儀の皇后である婉容を天津から連れ出すことを関東軍から依頼され、婉容を天津から旅順へ護送する任務に携わった。
田中の回想によれば、同年末に関東軍参謀の板垣征四郎からの依頼を受けて、第一次上海事変のきっかけとなった上海日本人僧侶襲撃事件を田中が立案しており、関東軍から提供された2万円を使って中国人を雇って日本人僧侶を襲わせたが、この際に実行役を集め、報酬と引き換えに襲撃を実行させたのが芳子だった、とされている。

ただし、田中隆吉は戦後東京裁判で連合国側の証人として出廷しており、自己の責任を他者に転嫁するなど、その発言の信憑性には疑問が多い。芳子との関係や芳子が諜報活動に携わったというのもどこまでが真実かは不明である。しつこくつきまとう田中に芳子がうんざりしていたという証言もある。上海事変のきっかけに芳子が関わったというのも田中隆吉の回想以外の記録には見られない。

1932年3月に、関東軍が溥儀を執政として満洲国を樹立させると、川島芳子は新京に置かれた宮廷での女官長に任命されるが、実際に就任することはなかった。同年に芳子をモデルにした村松梢風の小説である『男装の麗人』が発表され、芳子は「日本軍に協力する清朝王女」としてマスコミの注目を浴びるようになる。

1933年2月になり、関東軍の熱河省進出のため熱河自警団(安国軍または定国軍と呼ばれた)が組織され、川島芳子が総司令に就任した。 このニュースは日本や満州国の新聞で大きくとりあげられ、芳子は「東洋のマタ・ハリ」、「満洲のジャンヌ・ダルク」などと呼ばれた。断髪時のエピソードや小説の影響から既に知名度が高かった事もあり、芳子は一躍マスコミの寵児となった。

当時はラジオ番組に出演し、余った時間に即興で歌を披露すると、それがきっかけでレコードの依頼があり、『十五夜の娘』『蒙古の唄』などのレコードが発売されるなど、非常に人気があった事が知られている。 作詞者としても1933年に『キャラバンの鈴』(作曲:杉山長谷夫、唄:東海林太郎)というレコードを出している。

同年には、小説「男装の麗人」が連載されていた『婦人公論』誌に「僕は祖國を愛す」と題された独占手記も掲載された。私生活においては、伊東ハンニ(「昭和の天一坊」と騒がれた相場師)と交際したと言われている。 また、水谷八重子など当時の芸能人とも親交をむすんだ。

転機

1934年当時から、芳子は国内外の講演会などで関東軍の満洲国での振る舞いや、日本の対中国政策などを批判したため、軍部や警察に監視されるようになっていた。

また、鎮痛薬のフスカミン(Fuscamin)を常習するようになったのもこの時期で、自ら注射器で足に注射している様子が目撃されており、この時期に負った何らかの負傷の鎮痛のため、当時の多くの軍人達と同様に鎮痛剤へ依存するようになった可能性が示唆されている。

1937年7月末に天津が日本軍に占領されると、芳子は同地で料亭「東興楼」を経営し、女将になった。またこの頃は国粋大衆党総裁で外務省・海軍と協力関係にあった笹川良一と交際していたと言われている。また、この頃から芳子は孤独感に満ちた短歌を書くようになったという。

逮捕・処刑

1945年8月の日本敗戦以降、各地に潜伏していた芳子は、10月になって北平で中国国民党軍に逮捕され、漢奸(中国語で「国賊」「売国奴」の意)として訴追され、 1947年10月に死刑判決が下された。

当時の国民党は、芳子の諜報活動の詳細が明らかになる事で、党内の醜聞が暴露され、急下降していた国民党への評価が決定的に傷付けられてしまう事を恐れ、また1947年時点での国共内戦の戦局は北平周囲の華北一帯が既に中共軍の攻撃にさらされるなど国民党側に不利となりつつあり、愛新覺羅家の一員である芳子を中共が利用する事を恐れ、死刑を急いだと伝えられている。

日本では本多まつ江などが助命嘆願運動を展開したが間に合わず、1948年3月25日に北平第一監獄の刑場で芳子は銃殺刑に処された。川島芳子の遺骨は日本人僧侶の古川大航によって引き取られ、後に信州の川島浪速のもとへ届けられた。1949年に川島浪速が死去すると、芳子の遺骨はともに松本市の正鱗寺にある川島家の墓に葬られた。

川島芳子生存説

川島芳子は銃殺執行直後から替え玉説が報じられ、その後も長く生存説がささやかれてきた。近年では、中国の民間団体や日本の報道検証番組などが1970年代まで生存していたという説を唱えているが、科学的証拠を欠いており風説の域を出ていない。

生存説の源流

処刑直後から芳子の生存説が流れたのは、処刑から遺体公開までに以下の不審点があったためとされる。漢奸の処刑は通常なら公開で行われるが、芳子の場合には早朝非公開で行われた。執行後に公開された遺体は銃弾が頭部を貫通、顔面を激しく損傷しており容貌の正確な判別は困難だった。処刑数日前に面談したジャーナリストによると芳子の髪型は短髪だったが、処刑後の写真に写っている遺体の髪は肩ほどまでの長さがあった。

処刑直後に中国の新聞各紙が報じたところによると、監獄に芳子と同年代で、重病で余命いくばくもない女性がおり、女性の母親が監獄関係者から娘を身代わりに差し出すことを持ちかけられ、母親は金の延べ棒10本で娘を身代わりにすることを承諾した。しかし実際には4本しか受け取ることができなかったため遺族がマスコミに告発したという。国民党政府はこの報道をデマだと否定する声明を発表したが、国共内戦に敗れた国民党が台湾に逃れる過程でうやむやになった。

生存説を重視したGHQは、各地に調査員を派遣して関係者に聞き取りをするなどの調査を行ったが結論は出ず、国共内戦で調査は打ち切られた。GHQの調査報告書はアメリカ国立公文書館に保管されている。芳子の実妹愛新覚羅顕(あいしんかくら けんき)は、自伝『清朝の王女に生れて』で、処刑直後の写真を見たが、本人に間違いないと主張。替え玉報道が出たことについては、処刑現場にはアメリカ人記者のみが入ることを許され、中国人記者が閉め出されたため、腹いせに替え玉説を書いたという見方を示している。

“1950年代に死亡”説

2003年放送のクイズ番組「世界痛快伝説!!運命のダダダダーン!」(朝日放送)には中華人民共和国在住の芳子の娘と自称する女性が出演した。女性によると、監獄から脱出した芳子は日本人男性と再婚して娘を出産したが、1950年代に暴漢に襲われて両親が殺害され孤児になったという。

“周恩来の「○」”説

また、陸軍特務機関員だった吉薗周蔵の手記によると、戦後周恩来に面会する日本人に、周恩来に会ったら川島芳子の生死を尋ねてほしいと頼んだ。その日本人が周恩来に尋ねたところ、周恩来は「そんな事は答えられるわけはないでしょう」と言いながら、指先で○を描き、「このとおりですよ」とだけ言ったという。

“方おばあさん”説

2008年11月に、川島芳子は旧満州国警察学校関係者に匿われ、「方おばあさん」と名乗って中国吉林省長春市に住み、1978年に死去したと証言する女性が現れ、調査が開始された。中国メディアも注目している。

2009年3月4日のテレビ信州による報道では、芳子が生存していたと証言する女性が、2009年3月に中国の民間調査団と共に長野県松本市にある松本市歴史の里(川島芳子記念館)を訪れ、芳子の生前の写真を見て「幼少期に教育を受けた「方おばあさん」(川島芳子と教わった人物)と芳子の目と鼻はよく似ているが、断定できるかと言われると言い切れない」と話している。

2009年4月13日放送の『報道発 ドキュメンタリ宣言 昭和史最大のスクープ 男装の麗人・川島芳子は生きていた! 2時間スペシャル』(テレビ朝日放送)によると、死刑の前日に買収された軍人から「拳銃は空砲です、銃声がしたら倒れる振りをして下さい」と芳子に説明があり、死刑は通常どおりの公開処刑ではなく非公開で行われ、アメリカ人記者2人だけが立ち入りを許可されたがカメラを取り上げられ、芳子の処刑直後に遺体は毛布に包まれ、検死室に送られた、との事である。

数時間後に肩まで髪が伸びた女性の遺体が芳子の遺体とされ、公にさらされた。余命いくばくもなく、芳子の身代わりとなった女性の遺族には金の延べ棒10本が渡され、役人や軍隊にも贈賄されたという。 この記録はアメリカ国立公文書館に保存されていたと報道され、金の延べ棒は「おそらく愛新覚羅家が用意した」と芳子の遠縁にあたる愛新覚羅家の人物が答えているとされる。

1948年、旧満州国警察学校関係者に連れられた老婆に変装した芳子は、ゆかりのあった元満鉄幹部の日本語通訳の男性の家を突然訪れ、以後はその男性に匿われ、夏の数ヶ月を長春市の新立城という小さな村で過ごし、冬になると浙江省にある天台宗国清寺で隠れるように生活していたという。

芳子は村の人たちから『方姥』(方おばあさん)と呼ばれており、この女性に幼い頃育てられたという、1967年生まれの女性画家が登場した。この女性は「方おばあちゃんは李香蘭山口淑子)のレコードが擦り切れるほど聞いていた」と証言し、「このレコードをいつか李香蘭に届けてほしい」と遺言されていたとコメントした。

女性は実際に来日して山口淑子に面会し、遺言のレコードを手渡した。その際、山口は方おばあちゃんの肖像画を見て「高くスッとした鼻筋は、お兄ちゃん(川島芳子)に間違いない」と証言した。

証言女性によると、方おばあさんは殆ど家から出ることもなく、家で写経をしたりお経を読んで過ごしていた。訪ねてくる人も殆ど居なかったが、誰かからの援助を受けていたらしく、生活に困っていた様子はなく、決して贅沢な暮らしではないが常に身奇麗にしていたという。

方おばあさんは1978年に死去し、遺言どおり葬式では『蘇州夜曲』を匿った男性と養育された女性が歌って見送られ、三回忌の後、国清寺に葬られた。国清寺では「帰依証」も授けられており、お寺の人たちからは方居士とよばれていた。

鑑定の内容と結果

処刑された時に公表された写真と芳子の生前の写真との比較
テレビ朝日の番組内では、芳子の処刑直後の遺体写真から骨格を再現し、生前の芳子の写真からも骨格を再現し、処刑時の写真と比較した。

芳子はなで肩であるのに対し、遺体の再現骨格はいかつい肩をしており、他にも二の腕の長さの違いや骨盤が遺体写真のものは大きく経産婦だと思われることなどから、「公開された遺体の骨格と生前の川島芳子の骨格が同一人物である確率は1%以下であり、別人である」という結論を出した。

方おばあさんの遺品
方おばあさんの遺品から指紋採取を試みたが、方おばあさんの指紋は検出されず鑑定できなかった。

国清寺の遺骨
国清寺の納骨堂には、方おばあさんのものと思われる「方覚香」と書かれた箱に収められた遺骨があり、この遺骨を用いて芳子の親族のDNA型との比較が試みられたが、遺骨の状態が悪かったため鑑定できなかった。ただし国清寺の「方覚香」の遺骨が方おばあさんのものであるという根拠はなく、単に方姓の別人の遺骨である可能性もあり、その場合最初から意味の無い鑑定だった事になる。

上記のように、現時点では方おばあさんの指紋、DNAのいずれも採取されておらず、川島芳子=方おばあさんという科学的な証拠は何もない。

長春市地方志編纂委員会による調査結果

2009年10月1日、長春市政府の設立した地方志編纂委員会による調査結果が公表され、川島芳子=方おばあさん説を明確に否定した。 同委員会が方おばあさんに卵を届けていた農民陳良を探して調査したところ、陳良は方おばあさんの名前は「方麗蓉」で張の祖母庄桂賢と同一人物であると証言した。

また、陳良は方おばあさんの名前について、「段家の人間なら誰でも知っているはずだ」とし、張が方おばあさんの名前を知らないと言っていることに対して、「自分の実のおばあさんの名前を知らないわけはない」と証言した。これは張らがこれまで主張してきたことと大きく矛盾する。

また、陳良は方おばあさんについて、身長は1.67メートルだったと証言している。川島芳子の身長はそれほど高くなく、そこからも芳子と方おばあさんが別人であったことが示されている。同委員会の調査ではさらに、「方麗蓉」は段連祥の妻庄桂賢が仏教に帰依した際の仮名で、仏教徒の庄桂賢は長春の般若寺の仏教活動に参加し、夏の間は新立城に住んでいたが、川島芳子とは全く関係がないと結論付けた。

これに対して張側は長春市地方志編纂委員会の発表は事実無根の中傷であると反論し、さらに張側は長春市地方志編纂委員会に対する訴訟を起こそうとしたが、同委員会への行政訴訟が却下されたため、2010年2月9日、同委員会の孫彦平氏らが調査団関係者を脅した、などとして同委員会メンバー個人への民事訴訟を起こした。しかし、訴訟の関連状況を立証できず、2011年2月16日、調査団長の李剛はやむなく自ら訴えを取り下げた。

台湾で公表された処刑関係文書

2009年12月、台湾の国史館が所蔵する文書のなかに国民政府による川島芳子の処刑に関する調査資料があることが明らかになった。そのなかで監獄関係者は、刑は確かに執行され、川島芳子に間違いはないと証言している。 なお台湾では2010年5月11日から29日に台北の国父記念館で、法務部と行政院研究発展考核委員会の共同開催による貴重档案展覧会を開催し、その中で川島芳子の処刑に関する文書を一般公開したことを中華民国駐外単位聨合網站(台湾政府の公式サイト)が明らかにした。

処刑関係文書では、「多くの目が見ており、身代わりを立てて騙す余地はなかった」「検察官が検死官を伴い3回検死確認を行った」などと記されており、同サイトは生存説は「事実と乖離した虚構」であり、川島芳子の生死の謎については決着がついたと結論付けている。処刑関係文書は6月18日から7月8日には高雄市歴史博物館でも公開される。

さらに詳しく → 川島芳子




関東軍 (講談社選書メチエ)関東軍 (講談社選書メチエ)
(2000/03/10)
中山 隆志

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 川島芳子 山口淑子 李香蘭 スパイ 愛新覺羅顯㺭 租界 関東軍 男装の麗人 満州国

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2124-401306e6
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。